【書評:1222冊目】人生を変えるモノ選びのルール(堀口英剛)

【モノの選び方で人生は変える!】
monograph編集長・堀口英剛氏が、モノの選び方は生き方や考え方に直結するという持論に基づいて、人生を変えるモノ選びのルールを紹介する一冊。無駄、迷いが消える!

■この本の紹介文

最近購入したモノを思い浮かべてください。
その中で、失敗や後悔の気持ちが浮かぶモノはありませんか?

 

本書は、物欲をスマートにすることで、人生に無駄や迷いがなくなると提起し、「モノ選びのルール」を決めるとどういう変化が起きるのかを、著者の実践を公開しながら紹介していく一冊。

 

失敗や後悔の気持ちが浮かぶには原因があります。
それは、モノ選びの基準が定まっていないからです。

 

何事もそうですが、基準が定まっていると迷いがなくなります
迷いなく判断ができていれば、失敗や後悔という気持ちは浮かんできません。

 

とは言っても、基準をつくるのは簡単ではありません。
欲望であったり外的要因であったり、自分の決めた基準を揺さぶる原因はたくさんあるからです

 

では、どうすればいいのか?
この疑問の答え探しの参考に、本書は役立ちます。

 

『モノ選びのルール』づくりを洗練し続けている著者の生き方は、大いに参考になります
著者の持ちモノを公開しながら、その裏にある判断基準や考え方に触れることができます。

 

判断基準がブレなければ、余計な感情を浮かびません
結果、頭の中はシンプルになり、やりたいことに集中できるのです。

 

よりシンプルに、よりスマートに

 

◆人生をもっとシンプルに。

■本がわかる!15の要約ポイント

今求められているのは無駄なモノを省き、自分が本当に必要なモノと出会う力。
モノを見極める目こそが、現代を生き抜く最重要なスキルとさえ言えます。

 

よく聞くのは、本当はほしいモノがあるけれど、それを買えないから妥協して違うモノを買うというパターン。
予算などもありますし仕方ないかなと思う部分はありつつも、やはりこの考え方はおすすめしません。
なぜかと言うと「妥協しても結局ほしいモノはほしい」から。

 

毎年大掃除のたびに「捨てようかな、どうしようかな」と悩んでいるモノがあるのならその時点で、もうそれは捨てたほうがいいと思います。
本当に必要なモノだったら「捨てよう」なんていう考えは出てこないはずですから。

 

投資をするなら「一日のためのモノ」ではなく「毎日のモノ」にお金を使うべきだと私は思います。

 

モノを手に入れる際、いきなり持つのではなくまずは触って自分に馴染むかどうかを確かめる「体験」の過程が大切です。

 

極力無駄なモノを買わず、本当に自分が納得のいく逸品のみを揃えるために私が徹底しているマイルールが「1ジャンル1アイテム」。

 

単純にそのモノ自体の金額を見るのではなく「これを買ったら何年使えるか」という減価償却の考えに基づいて判断をすることが大事です。

 

人が把握し保有できるモノの数には限度があります。
モノを大切に思うからこそ、ときには厳しく”サヨナラ”することも大事です。

 

私は気持ちを切り替えるトリガーの一つとして、イムネオールというアロマオイルを持ち歩いています。
匂いは感覚の中でも特に直感的で刺激の強いもの。
オイルから漂う香りは半ば強制的に作用し心の水面を整えてくれます。

 

消しゴムサイズの小型360度カメラInsta360 ONEを一本鞄に忍ばせています。

 

本当に必要なモノだけ手元に残すように生活をしているので、今部屋にある荷物はすべて白い段ボール箱(Fellowesのバンカーズボックス)の中に収まっています。

 

手のひらに収まるような、いわゆる「小物」と呼ばれるジャンルのアイテムはSyuRo(シュロ)のブリキ缶の中にきっちりわけて保管しています。

 

お湯を沸かしてくれるのがバルミューダのThe Pot
シンプルなマットブラック一色の電気ケトルで、ものの1〜2分で水を沸騰させてくれます。

 

たとえ写真を撮るのが目的だとしてもその過程に思い出が生まれます。
きっかけはなんでもいいんです。
人の目を気にして何もできないよりはるかに有意義な生き方なはずです。
パンケーキだろうがナイトプールだろうが、なんでもいいでしょう。
どんどん映える写真を撮りに出かけましょう。

 

人間は環境の影響が大きい生き物。
新しいアイデアがほしいと思ったら一番手っ取り早いのは「移動をすること」です。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1222-1】松浦弥太郎さんの『今日もていねいに。』を読む

【1222-2】毎日使うモノにこそ、お金をしっかり使う

【1222-3】旅行と写真撮影にどんどん出かける

 

■ひと言まとめ

好きなモノに囲まれた人生を!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】人生を変えるモノ選びのルール
【著者名】堀口英剛
出版社ポプラ社
【出版日】2018/3/14
オススメ度★★★★☆
こんな時に他人の生き方に触れたいときに
キーワードマインド最高の自分生き方
【頁 数】205ページ
【目 次】
1 「ときめくモノ」に囲まれると毎日が楽しい
2 思考と暮らしを洗練するモノ
3 モノ選びのマイルール
4 こだわり抜いた普段の持ちモノ
5 今ほんとうに必要なモノたち
6 暮らしを支えるモノとコト

 

この本が、あなたを変える!

 

堀口英剛さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1222冊目】人生を変えるモノ選びのルール(堀口英剛)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る