【書評:108冊目】子育てがみるみる楽しくなる魔法の「ほめポイント」(齋藤正志)

【完璧主義が笑顔を曇らす!】
上級教育カウンセラー・齋藤正志氏が、『子育てがみるみる楽しくなる魔法の「ほめポイント」』と題して、叱るだけでもダメ・褒めるだけでもダメと指摘し、あるべき褒め方を伝授する一冊。

■書籍の紹介文

こどもの接し方。
悩んでいませんか?

 

本書は、25年の教師経験と、その後のカウンセラー経験から導き出した、こどもも大人も”笑顔”に「ほめポイント」を活用した褒め方を伝授する一冊。

 

ほめポイントとは
「問題」の中から、例外(できていること)を拾い出し、その事実をお子さんに「これって凄いね」と伝える方法。
良いところを探すのではなく「事実としてできているところ」を認識させる。

 

これはダメ、または、これはイイ。
何事においても、0か100ということはあり得ません。

 

ダメの中にも、イイところは必ずあります。
たとえ、100点中の10点であったとしても、10点分はイイところなのです。

 

この10点分に、きちんと気づいてあげる。
そこをきちんと褒めて、10点分はできていることを認識させる。

 

ここを継続することで、次は20点を目指そう、30点を目指そうとなります。
結果、次第に問題は改善され、新しい可能性が広がるのです。

 

書かれていることは、既知のことだと思われるかもしれません。
ですが、悩みを抱えているということは、うまく対処できていない証拠です。

 

これを認めた上で、改めて学ぶ姿勢で読んでみてください。
今までとは違った気づきを得られるかもしれません。

 

◆褒めると褒めたは違う。

子育てがみるみる楽しくなる魔法の「ほめポイント」
齋藤正志 セルバ出版 2013-3-19
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

25年の教師経験からもカウンセラー経験からもいえるのは、「叱っても効果はない」ということです。
また、単に「ほめて育てろ」でもダメなのです。

 

ほめられないようなことばかりする子がいたとします。
その問題が100個あったとして、その100個を棚上げして、何か別の「1」をほめる。
これでは効果はないのです。

 

「問題の中から例外を見つけてほめる」
あなたに、ほめポイントマスターになっていただくための、1番のキーポイント。

 

ほめポイント法は、「問題」といわれているそれ自体の中から、例外(できていること)を拾い出し、その事実をお子さんに「これって凄いね」と伝える方法。
いいところを探すのではなく「事実としてできているところ」を子供にも認識させてあげる。

 

【ダメという雲の中にある「例外」⇒拾い出す⇒伝える⇒自身をもつ】
このサイクルを確立する

 

子どもなりの努力は、大人から見たら、わずかな変化なので、初めのうちは大人に気づかれることはないでしょう。
その努力はそれこそ2分とか3分かもしれないのです。
その小さな小さな努力を認めることは本当にすごい結果を産み出します。

 

大きい出来事の最初の変化というのはほんの些細なことが多い

 

お子さんとの信頼関係を築くのに最適なのが、お子さんと一緒に遊ぶことです。
遊んであげる的なスタンスではなく、あなた自身もお子さんと同年代になったつもりで、思い切りはじけて遊ぶことをお奨めします。

 

叱るときは、短時間で、びしっと叱ります。

 

日頃からほめポイントを伝える

 

自分以上であろうとしない、ありのままの姿をみせること

 

完璧を求める視点から「殆ど変わらない」と思うような状態からの声がけが最終変化を左右する

 

関わりを深めてください。
「うっせぇ」「死ね」と言われる親御さんもいます。
でも、それでも同じ方法が有効なのです。

 

問題が改善されない場合、「効果の少ない解決策を繰り返しているだけ」の場合がある。
その場合は、図に書いて可視化する”間違いパターン循環図”が有効

 

ほめポイントで、自信と誇りを回復する子どもが増えることで、いじめの問題の解消、ひいてはより良い社会になる

 

■【実践】3個の行動ポイント

【108-1】褒めるときは、事実を褒める

【108-2】完璧を求めない

【108-3】問題が改善されない場合は、改善策を分析する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】子育てがみるみる楽しくなる魔法の「ほめポイント」
【著者名】齋藤正志
出版社セルバ出版
【出版日】2013/3/19
オススメ度★☆☆☆☆
こんな時に伝える力を身につけたいときに
キーワード子育て指導力話し方
【頁 数】167ページ
【目 次】
序章 よくある「ほめて育てる論」の落とし穴
1章 はずさない、伸ばす、正しいほめポイント
2章 どんな子どもにもあるほめポイント
3章 忙しい朝はこれ!ほめポイント(ケース別)
4章 勉強や友達関係で悩んでいるときのほめポイント(ケース別)
5章 しつけなくっちゃと思ったときの叱らないで済むほめポイント(ケース別)

 

この本が、あなたを変える!

子育てがみるみる楽しくなる魔法の「ほめポイント」
齋藤正志 セルバ出版 2013-3-19
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す 楽天で探す

齋藤正志さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る