【109冊目】どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座(小宮一慶)

b109

”時間とは、心構えで、増減する”『量ではなくて、質が肝心』日本有数の忙しさを誇る経営コンサルタントが送る至高の時間管理術、ここに上梓!!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】どんな時代もサバイバルする人の「時間力」養成講座
【著者名】小宮一慶
【出版社】ディスカヴァー・トゥエンティワン
【出版日】2009/11/19
【推薦度】★★★★☆
【目 次】
第1章 時間力を高める考え方
第2章 インプット力を高めるための技
第3章 アウトプット力を高めるための技
第4章 時間力を阻害する七つの誘惑と実は大切なひとつのこと
第5章 時間力を高める10のちょっとしたコツ

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「時間管理術」に関する一冊。

著者は、小宮一慶さん。
「●●力」養成講座シリーズを中心に質の高い著書を数多く出版されている経営コンサルタントの方です。

本書は、時間管理術の本ですが、どれだけの忙しさの中から生まれたことが書かれているかというと、
- コンサルタントとして顧問先十数社
- 年平均200箇所以上の講演・研修
- 月2回ほどのテレビ出演
- 月10数本の連載
- 年数冊の著作執筆
この忙しさを「心を亡くさず」コントロールするための術を凝縮しているのです。

どうでしょうか?
へたな生活で「忙しい」などと口が裂けても言えないほどの多忙ぶりですよね?

うまく時間が取れないと思っている方は、ぜひ本書のテクニックを実践して時間管理の達人になりましょう(^^)/

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
仕事はすべて、どれだけ働いているかではなく、どれだけアウトプットを出したか、それも質の高いアウトプットを出したか、なのです。

 
では、どうすれば、アウトプットの質と量を高められるのか?それが、本書のテーマとなるわけですが、最初に、答えを申し上げておくと、それは、「やる気のある時間」をどれだけ持てるのか、にかかっています。

 

●「時間力」の3つの基本
1、自分の時間を把握していること
2、自分で行うことを把握していること
3、メリハリのある時間の使い方をすること

 

●「時間力」を高める考え方
(1)自分のもっとも調子のいい時間帯を把握する
(2)その時間に、もっとも創造的な仕事を行うようにする
(3)その時間帯を最大活用するための段取りを習慣づける
(4)むずかしいインプットも調子のいい時間帯に行う

 
※(3)の段取りの秘訣として、
1.毎日、会社に行く道すがら会社に行ってやることの段取りを考える
2.前日の夜かその日の朝、手帳を見て、スケジュールを確認しながら、その日のやるべきこと(To Do)をチェックしておく

 

考えてみたら、わたしたちには、「やる気のある時間」と「やる気のない時間」しかないわけです。となると、「やる気のある時間」を増やす方法とはつまり、やる気のない時間を減らすことだとも言えます。
このことを別の言い方で言うと、わたしたちには、プラスの気持ちとマイナスの気持ちしかない、ということです。

 
怒らないようにしよう、不安にならないようにしようと、そういう気持ち自体をなくしてしまうのはむずかしい。でも、その怒りの時間だとか不安の時間をどんどん短くしていくことはできる-お坊さんにならなくても、訓練次第で、わたしたちにも可能だと思います。

 
では、どのように訓練すればいいのか?
(中略)
それは、「輪ゴムを使った訓練」です。

 
左手の手首に輪ゴムをはめる。そして、「頭にきた!」とか、「こんなことになったら、どうしよう」などネガティブなことを思った瞬間、その輪ゴムを引っ張って、パチンとやるのです。
すると、はっとして、怒りや不安の感情が途切れる、というわけです。

 
「やる気の高い時間」を持つために大事なことのひとつは、後ろ向きの気持ち、ネガティブな気持ちでいる時間をできるだけ減らすことでした。これは必要条件です。
大事なことの二番目は、そして、これは十分条件だと思いますが、目的・目標を持つことです。それによって、やる気の高い時間は、確実に増えます。

 
目的というのは存在意義で、目標はその通過点、というのがわたしの定義です。

 
どうしたら、自分の存在意義を見つけることができるのか?
仕事を通じて出会ってきた多くの経営者やわたし自身の経験から、ようやく自信を持ってお勧めできる方法が見つかったと感じています。
それは、
まずは、短期目標を立ててしまうことです。長期的目標ではなく、短期的目標です(だいたい「目的」が曖昧な状態で、長期的な目標が立てられるわけがないですね)。

 
目標であるからには、メジャラブル、つまり、計測できるものでなければなりません。
家族を温泉に連れていくとか、本を何冊読むとか、やったかやらないかが分かる、というのが、目標の条件。ここが、目的との違いです、目的というのはメジャラブルではない。それで、特に若い方には、むずかしいのだと思います。

 
でも、短期的な目標を立てるにしても、ひとつの方向性は必要ですね。おそらくは、そのベクトルの先にあるのが目的です。

 
もちろん、全部が実行できるとは限りません。ひょっとしたら、ほとんど実行しないまま次の月を迎えてしまうかもしれない。それでもいいから、
一カ月たったら、また、月間目標を立てる。
それを繰り返します。
だまされたと思って繰り返してください。月初にその月の目標を立てる。それを続けていると、一年以内に、長期の目標が見つかるようになると思います。

 

時間力を高める「技」には、
インプット力
アウトプット力
の二つがあります。

 
●インプットにおける「技」
1.先人のノウハウを学ぶこと。
2.細かいことを覚えるよりもコンセプトとフレームワークを理解すること
3.最初に十時間ぐらい勉強することで、その後のインプットが圧倒的に速くなる
4.おもに新聞から、最新情報をコンスタントにインプットし、アップデートしていく。

 
●人からの情報収集のポイント
1.人を選ぶこと
2.自分が良質なアウトプットを差し上げられれば差し上げられるほど、いいアウトプット、いい刺激を与えてくれる人たちがまわりに増える

 
アウトプットの「技」をお話しします。
最初に重要なこととして挙げておくのは、ものを書くにしても、プレゼン資料をつくるにしても、お客さまにご説明するにしても、できるだけ短い時間でやれることが大事だということです、どんなにいいものでも、ふつうの人の十倍かかります、ではやはりパフォーマンスが落ちてしまいます。

 
アウトプットは、大別すると、書くアウトプットと話すアウトプットの二つです。

 
文書は、起承転結ではなくて、バリューとインパクト!読んでくれる人にとって、価値があるかどうかです。

 
●話す内容を考えるときのポイント
1.最初にいかに聴衆の関心をひき(インパクト)、
聞き手に「聞く態勢」を持ってもらうか?
2.話の内容に価値(バリュー)を感じ、満足してもらえるか?
3.話を聞いて感動(インパクト)し、また聞きたいと思ってもらえるか?

 
「自分の得意なことだけ話す」、これは、講演やプレゼンの基本です。

 
わたしは、話でいちばん大事なのは、「意識を伝えること」だと思っています。「意味」ではなくて「意識」。このことがどうも軽視されているのを感じます。

 
書くことによって話す力は上がるし、
話すことによって書く力はまたあがります。

 

■時間力を高める10のちょっとしたコツ
(コツ1)
・やるべきことを時間軸とともに正確に把握する
・空き時間を知る
・朝一番、週一番、月一番にTO DOを書き込む
(コツ2)
・自分の事務処理能力を知る
(コツ3)
・自分の調子のよい時間帯をもっとも創造的な仕事にあてる
・いつも体調を高めておく
(コツ4)
・常にやるべきことをたくさん持っておく
(コツ5)
・何でもかんでもやろうとしない
(コツ6)
・決まった時間に、毎日同じことをやれる時間を持つ
(コツ7)
・事前に準備をする
(コツ8)
・いつも少しだけ余裕をもつ
(コツ9)
・予備時間を持つ
(コツ10)
・正しい手帳を使う

 
わたしは、自分が幸せな人生を送らせてもらっていると感謝していますが、多くの方も、ちょっとした考え方や正しい時間管理を行うことで、わたしと同じか、それ以上の幸せを感じることができると信じています。

 

==================
■実践ポイント
==================
●月初に月間目標を立てる(目標は計測可能なものとする)

●翌月初に前月の目標に対する結果のひとり報告会を実施しPDCAを回す

●輪ゴム訓練をやってみる

 

==================
■まとめ
==================
あなたは、自分の時間、ストレスなく管理出来ていますか?
自分の時間をきちんと管理している姿を想像すると、どんなあなたが見えますか?
目を閉じて想像してみてください。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

最近、寝る前に名言集をパラパラと数ページ読んでから寝ています。
これが原因か分からないですが、最近夢を見る回数がぐーんっと増えました(笑)
いい夢もあれば、悪夢もあるのですが(^^ゞバラエティに富んだ睡眠になっています♪

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る