【シェア読書:1077冊目】「絶望」に声を与えよう。(ジョン・キム)

【こころが苦しい時に読みたい】
作家ジョン・キム氏が、自分の感情との向き合い方を説きながら、自己への絶対的信頼の築き方を指南する一冊。向き合うことで気づく、置き去りにされていた「絶望」に声を与えよう。

■この本の紹介文

あなたの中に「絶望」はありますか?
こう聞かれて、あなたはどう答えますか。

 

本書は、絶望とは”放置された感情”であると説き、その向き合い方を考えることで、自分への絶対的な信頼を取り戻していく一冊。

 

「絶望はありますか?」
こう聞かれて、「ハイ」と答える人はなかなかいません。

 

しかし、答えられないことが、何よりの証拠なのです。
じぶんの中に”放置された感情”があると。

 

もちろん、絶望を自覚して絶望な気持ちになろうという本ではありません。
放置されて彷徨っている感情に、1つ1つ居場所を与えることで、じぶんの中を希望で満たしていこうという本です。

 

人間ですから、良い感情も、悪い感情も、どんどんと湧き上がります。
それを放置せず、感情にポジティブな声がけ(意味づけ)をしていくことで、前向きなエネルギーが充満していきます。

 

それが充満すればするほど、人生は明るく活発になります。
そして、この循環がまわるほどに、人生の幸福度も増していくのです。

 

この循環をまわす第一歩が、”放置された感情=絶望”に声を与えることです。
読み進めながら、彷徨っている感情を1つ1つ癒していきましょう!

 

◆感情に居場所を。

■本がわかる!15の要約ポイント

感情が現れたら、まずその感情を認めることである。
その感情に居場所を与える。

 

あなたが感じるあらゆる場所は、その存在自体に意味がある。
だからこそ、感情はありのまま感じとることが大切である。
すべての感情は、あなたの命を守り抜くためのシグナルであるということを忘れないことだ。

 

精神と身体はつながっているので、精神が弱っているときは、身体の力を借りることで、回復を図るとよいのである。

 

・自分の感情を理解する
・自分の感情をしつける
・相手の感情を理解する
・相手の感情のしつけを助ける
この4つを心がけることが大切だ。
自分はこの4つのうちのいくつできているか、を自問してみるとよい。

 

ネガティブな感情を外に吐き出す際には、言葉の力を借りるとよい。
感情を言葉にする方法には、大きく二つが考えられる。
一つは、声に出すこと。
もう一つは、文章にすることだ。

 

感情を解放させるためには、3つの手順を踏む必要がある。
第一に、感情の存在を認めること。
第二に、感情に居場所を与えること。
第三に、感情に愛情を注ぐこと。

 

●根本的な成熟のための心の流儀
第一に、自分をありのままに受け入れる
第二に、他者をありのままに受け入れる
第三に、他者との比較や競争をやめる
第四に、自分のミスを責めすぎない
第五に、流れに無理して逆らわない
第六に、相手にエールを送る
第七に、体調を整える
第八に、熱い風呂に浸かる
第九に、何もしない時間をつくる
第十に、愛を生み出す訓練をする

 

現在の自分は、「解釈という武器」を使いこなすことで、「記憶を自由自在に変換」することができるのだ。

 

すべての感情には、それが発生する理由がある。

 

「あなたが愛をもらいたければ、あなたが愛を与える人になればいい」

 

視点はフレームであり、テレビカメラのように、現実の中でどこを切りとるか、ということを決める。
その切りとり方で、あなたに見える現実は変わっていく。
大切なのは、自分の視点を常に「自分の中心」に戻すことである。

 

死を意識する人間の生は、充実するものだ。
終わりを意識しない生は、引き金のない銃のようなもの。

 

起きることに対しては自分が完全にコントロールすることはできないけれど、起きたことに対して自分の中でどう解釈し、意味づけをするか、そして、その解釈と意味づけをその後の自分の決断と言動にどう活かしていくか、ということについては、自分で完全にコントロールすることができるということを忘れないことだ。

 

いまのあなたは、あなたを大切にしてきてくれた人たちの「愛」によってつくられた結晶。
大切な人たちのためにも、自分を大事にすることである。

 

そこに愛はあるのか。
人生で問われているのは、その一点だけなのかもしれない。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1077-1】心がモヤモヤしている時は、運動する

【1077-2】ネガティブな感情を、紙に書き出し声に出す

【1077-3】感情には、ポジティブな意味づけをする

 

■ひと言まとめ

どう思うかは、自分で支配できる。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】「絶望」に声を与えよう。
【著者名】ジョン・キム
出版社きずな出版
【出版日】2017/10/23
オススメ度★★★★★
こんな時に心の平穏や導きがほしいときに
キーワード次元上昇ことばのチカラ人生
【頁 数】176ページ
【目 次】
第1章 感情の扉を開く
第2章 陰の部分に光を与える
第3章 比較の罠から抜け出す
第4章 自分を信頼すると決める
第5章 人生の指揮権を取りもどす

 

この本で、あなたは変わる!

 

ジョン・キムさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■関連情報

著者「ジョン・キム」さんの公式サイトはこちら![外部]

著者「ジョン・キム」さんの他の紹介書籍はこちら![内部]

出版社「きずな出版」のサイトはこちら![外部]

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1077冊目】「絶望」に声を与えよう。(ジョン・キム)
Author Rating
51star1star1star1star1star

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る