【書評:866冊目】未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する(城ノ石ゆかり)

【構造を理解すると感情は片づく!】
セラピスト・城ノ石ゆかり氏が、『未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する』と題して、抱える問題の8割は解決する、「未処理の感情」と向き合う方法を指南する一冊。

■書籍の紹介文

自分の中にある感情。
何割くらい、向き合えているとおもいますか?

 

本書は、知らず知らずのうちに人の行動を制限する「未処理の感情」に焦点をあてて、その構造と向き合う方法を「4nessコーピング」と名付けて指南する一冊。

 

この瞬間も、無数の感情が自分の中を流れています。
これ自体は理解できるとおもいます。

 

では、「その感情はなぜ浮かんだのか?」と聞かれたらどうでしょうか。
すぐには答えられない感情の存在に気づくとおもいます。

 

この”気づく”ことが、なにより重要だと著者は説きます。
気づくことさえできれば、その感情に対処することができるからです。

 

”気づく”ためには、感情を理解しなければなりません
「どんな構造をしているのか」「どう向き合えばいいのか」を、です。

 

感情に気づき、理解して向き合うことで、感情を”処理”できます。
「未処理の感情」に行動を制限されないためにも、その術を学びましょうと説きます。

 

変化が目まぐるしく、感情を刺激されることの多い現代社会。
「未処理の感情」を溜め込み過ぎて悪影響を受ける前に、対処する術を磨きましょう!

 

◆処理をしないと心は壊れる。

未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する
城ノ石ゆかり 実業之日本社 2016-11-18
売上ランキング(公開時):69,646
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

現代人は、人生を発展させるエネルギーの約7割を、爆発しそうな感情を抑えるブレーキに使います。
肝心の人生を前進させることには、3割しか使っていません。
だから、現実が思い通りに進まないのです。

 

●「4nessコーピング」を構成する4つのステップ
・気づく(Awareness)
・許す(Forgiveness)
・受け取る(Mindfulness)
・自分の中心に戻る(Oneness)

 

多くの人が、感情は、出来事に対して自然に湧いてくるものだと思っています。
だが、出来事と感情の関係性は、思っている以上に薄いのです。

 

アルバート・エリス博士の「ABC理論」によると「感情(Consequence)」は「出来事(Activating event)」でなく、出来事に対する「認知・捉え方(Belief)」、すなわちA→B→Cの順で湧き起こっています。

 

ABC理論で感情をひも解き、「思い込み」に気づけば、行動は楽に変えられます。
苦しい感情が消え、行動に自信を持てるようになるから、現実が楽に変わっていきます。

 

思い込みに気づいたら、次は「未処理の感情を見つけ、許す」こと

 

「身体的反応」「繰り返し起こる、望まない現実」などに気付いたら、感情を振り返る。
そしてABC理論に当てはめ「なぜ、そう感じたのか」「〜しなければという思い込みはないか」と自問するのです。

 

未処理の感情は、過去のショッキングな出来事や挫折などがきっかけになって心に抑圧されたものです。
思い当たる出来事を探し「許し」を与えることです。

 

未処理の感情に許しを与え、本来の自分に戻っていく過程では、その悔しささえ、幸せの糧になります。

 

今の自分に取り扱える「気付き」を丁寧に取り扱っていけば、いずれ次なる気付きが訪れます。
そして、自ずと「本来の自分」に近付いていけます。

 

「今のままでOK、今さら変えるのはイヤだ」と思うなら、無理に行動を変える必要はない。
勇気を出して未処理の感情に気付くだけでも「本来の自分」を垣間見ることができます。

 

4nessのギフトを受け取る秘訣は「直面化する勇気」にある

 

直面化とは、現実に起きている「いいことと悪いこと」、自分の中の「白と黒」をありのままに見て、そのどちらも認めること

 

気付きを一度でも得て、ありのままの自分に直面化できたなら、次に同じ感情を味わったとき「またあのBが出てきたな」と気付くことができます。
そして「選択」できるようになるのです。

 

本来の自分で立つ人は、常にすべてが満たされている感覚があります。
出来事に振り回されず、深い自己信頼に基づく100%の自分で創造力を発揮し、日々安らいだ感覚を得られる幸福感を持っています。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【866-1】感情を、ABC理論で紐解く

【866-2】感情の気づきを記録する

【866-3】【866-2】の際、「なぜ、そう感じたのか」「思い込みはないか?」を必ず自問する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する
【著者名】城ノ石ゆかり著者情報
出版社実業之日本社
【出版日】2016/11/18
オススメ度★★★☆☆
こんな時に心の平穏や導きがほしいときに
キーワードメンタル自己対話問題解決
【頁 数】248ページ
【目 次】
第1章 未処理の感情に気付き、人生の主導権を取り戻す
第2章 感情の構造に気付くーAwareness
第3章 未処理の感情を見つけ、許すーForgiveness
第4章 直面化して受け取る勇気ーMindfullness
第5章 本来のあなたに戻るーOneness
付章 「未処理の感情」を探るケーススタディ集

 

この本が、あなたを変える!

未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する
城ノ石ゆかり 実業之日本社 2016-11-18
売上ランキング(公開時):69,646
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

城ノ石ゆかりさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る