【シェア読書:987冊目】マンガでわかる グーグルのマインドフルネス革命(方喰正彰)

【どうやればいいのか?がわかる!】
ビジネスコンサルタント・方喰正彰氏が、話題の「マインドフルネス」について、どういうものでどのように日常生活に活かせるのかを、マンガ形式でイメージしやすく解説する。

■この本の紹介文

情報過多の日常生活。
あなたは、きちんと「今」に意識を向けられていますか?

 

本書は、ストレス軽減効果や心の安定への効果が科学的に実証されてきている「マインドフルネス」の手法を、誰もが理解し実践できるように解説していく一冊。

 

現代社会に生きるわれわれは、それまでの人類が経験したことのない量の情報を、絶えず浴びながら生きています。
その弊害として、過度なストレスや心の病などが深刻化しており、その影響は年々悪化しています。

 

このような状況下でも、健康的に生きていくためには、自分自身で心の安定を保つ努力が必要です。
その有効な手段して注目されているのが、この本のテーマである「マインドフルネス」です。

 

マインドフルネスとは、
「今の瞬間に、判断をしないで、意図的に注意を払う」という心と脳の状態をつくりだし、心の安定につなげていくものです。

 

この本では、
・マインドフルネスとはどういうものか
・マインドフルネスをどう実践するのか
この点について、イメージがしやすいマンガを用いながら、わかりやすく紹介しています。

 

私たちは、常に「今」という瞬間を連続的に生きています。
だからこそ、心も常に「今」に向けることができれば、心は安定するのです。

 

情報過多の時代では、否応なく、心は右に左に揺さぶられます。
その中で、どうやって「今」を捉え続ければいいのか。

 

マインドフルネスの手法は、きちんと身につけておいて間違いはありません。
心の安定は、人生の安定につながるのです。

 

◆「今、この瞬間」に意識を向けましょう!

■本がわかる!15の要約ポイント

マインドフルネス瞑想は、
「呼吸に注意を向ける」→「注意がそれる。雑念が湧く」→「注意がそれたことに気づく」→「雑念を手放す」という4つのプロセスで実践します。

 

今の呼吸や身体に注意を向け続け、今の自分の状態に気づいていることがマインドフルネスの鍛錬ですので、呼吸に集中できないときも、雑念が湧き続けるときも、「いま自分は、このような状態なのだな」と観察してください。

 

頑張るとは違いますので
頑張るよりも継続・反復を意識してくださいね

 

●SBNRRのワーク
①停止する
②呼吸する
③気づく
④よく考える
⑤反応する

 

一時停止して、深呼吸をし、事実を客観的に認識できると、少しずつ自分が変わっていくことが実感できるでしょう。

 

ジャーナリングは、思考と情動を対象とした「書く瞑想」とも言えます。
自分の思考と情動の一つひとつに注意を向け、考える間を持つことなく、ひたすら紙に書くことは、自分の思考や情動という川の流れを紙の上にアウトプットする練習とも言えます。

 

ジャーナリングは、無意識にあるものを言語化して、意識的に自分自身を自覚すること、つまり自己認識力を高める練習です。

 

良い関係性を築くためには相手への共感は欠かせません
共感は人間に生まれながらに備わっている能力ですよ

 

頭の中で、共感を向けたい相手を思い描きます。
その相手を思い浮かべることができたら、言葉は発する必要はありませんが、自分の頭の中で次の言葉を一文(P.131参照)ずつ、注意を向けながら、ゆっくりと唱えていきましょう。

 

「ジャストライクミー」のワークは、善意の心の習慣を定着させ、EQ(心の知能指数)を向上させるための大切な実践です。
相手に共感し、思いやる態度が本能として育ち、私たちは優しい人間に変わっていくことができるのです。

 

思いやりとは
「相手の苦しみへの心配りとその苦しみが取り除かれるようにと強く願う心の状態」を言います

 

相手を助けたいという思いやりは
私たちに具体的な行動を促す力を与えてくれます

 

思いやりがもたらす効果については、科学的にも検証が進められています。

 

マインドフルネスが日本の人々の健康や幸せに貢献するためには、マインドフルネスの科学的なエビデンスを蓄積していくことが何より重要です。

 

マインドフルネスの効果を実感するには、頭でマインドフルネスを理解するのに加えて、自ら実践することが欠かせません。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【987-1】マインドフルネス瞑想を習慣化する

【987-2】自分の思いを、ひたすら書き出す習慣をつくる

【987-3】「ジャストライクミー」の一文(P.131)を書き出し、朝唱和する

 

■ひと言まとめ

こころのメンテナンスを、定期的に行おう!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命
【著者名】方喰正彰
出版社サンガ
【出版日】2017/5/26
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】心の平穏や導きがほしいときに
【キーワード】最高の自分メンタルセルフケア
【頁 数】187ページ
【目 次】
第1章 怒りをコントロールする
第2章 書くことによって自己発見をする
第3章 共感を高めて関係性を改善する
第4章 思いやりの心で問題を解決する
第5章 マインドフルネスのこれから

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

方喰正彰さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る