【書評:1747冊目】「読む」だけで終わりにしない読書術(本要約チャンネル)

【読書=目的+読む+実践+検証】
Youtube「本要約チャンネル」運営者が、『「読む」だけで終わりにしない読書術』と題して、自分らしい人生の指針となる、”自分なりの答え”を導き出す読書術を指南する一冊。

■書籍の紹介文

本を読む。
あなたの人生で、どれだけの重要度をもちますか?

 

本書は、答えのない時代を生き抜くためには、”自分なりの答え”を導き出す力が重要だと提起し、その力を養うのにもっとも有効な読書メソッドを指南する一冊。

 

もしも、あなたが「本の読み方に悩んでいる」のなら。
この本に書かれている読書術の習得に、ぜひ集中していただきたい。

 

こう思うほど、ムダのない理にかなった読書術であり、わたし個人としても強く推奨します
本をたくさん読んで試行錯誤した人間だからこそ、たどりつくことができる読み方だとおもいます。

 

もちろん、自分のものにするためには、ある程度の量の本を読む必要はあります。
練習しなければ上達しないのは、読書にも当てはまります

 

とは言え、難しいことはありません。
4つのステップを意識するだけです。

 

●本書で紹介される読書法の”4つのステップ”
STEP1:目的を明確にする
STEP2:目的に沿って読書する
STEP3:学んだ方法を実践する
STEP4:実践して得られた効果を検証する

 

この”4つのステップ”を習得できると、読書の効果は一変します。
よく読書術の本に書かれている「読書は人生を変える」という言葉の意味を、みずから実感できるようになります。

 

読書を、「読む」の単層構造から「目的+読む+実践+検証」の多層構造へ
これができると、読書の”虜”になっていきます。

 

むずかしい時代を自分の力で生き抜いていくためには、”自分なりの答え”を出せる力が重要です。
その力がないと、真偽定かでない情報に惑わされて、右に左に流され続けることになってしまいます。

 

書籍も、同じテーマでもさまざまな情報が乱れ飛んでいます。
かたや「白米は絶対食べるべき!」といえば、一方で「白米は絶対食べるべきではない!」といったように。

 

どちらが”自分にとって”正解かは、STEP3とSTEP4の実行なくして判断できません。
実践することで”自分なりの答え”がわかり、揺るがない考えをもてるようになっていきます

 

日本人であるわたし達は、この重要なトレーニングをたった1500円ほどの投資で受けられます。
ぜひ、この本を教材にくり返しくり返しトレーニングしてみてください。

 

まずは、この本のやり方が自分に合っているのかどうか。
”4つのステップ”で、判断してみてください。

 

◆この読書法はオススメ。

「読む」だけで終わりにしない読書術
本要約チャンネル アスコム 2021-11-25
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

本を選ぶ際に、さまざまな情報をもとに、本を読む目的を具体化・明確化し、その目的に合致する本、信頼性の高い本、読みたくなるような本を選ぶことができれば、その本があなたの人生を変える、あなたにとって最高の一冊になる可能性が高まります。

 

不満や願望こそ、『本を読む目的』の種

 

・本を買ったら、熱がさめないうちに、すぐに読む
ただそれだけで、読書の効果は飛躍的に高まります。

 

本に書かれていた内容のうち、新たに知ったこと、驚いたこと、重要だと思ったこと、実践したいと思ったことなどを、箇条書きでメモする程度で大丈夫です。

 

「読書によって自分を、生活を、人生を変えることができる」というマインドセットを持つことができれば、今まであきらめていたことに挑戦しようという気持ちが湧き、読書に対するモチベーションが高まり、自分の大切な目標に向かって、コツコツと一歩ずつ努力することができるようになり、本当に人生が変わっていきます。

 

自分が実践と記録、検証を続けることによって、自己の変化や成長をリアルに感じられ、人生への満足度も高まります。

 

「何を読んだらいいかわからない」という人は、「こうなりたい」と思える人が書いた本や「こんな生き方がしたい」と思える人生が書かれた本を探し、それを繰り返し読んで、理想に向かうモチベーションを高めましょう。

 

本を読み、効果がありそうだと感じたメソッドがあれば、まずは2週間ほど続け、効果を記録してみてください。

 

何らかの目的を達成(課題を解決)するためにメソッドを実践し、その効果を記録することで、
・自分の現状が把握できる
・目標を達成するうえで、どのメソッドがもっとも効果的なのか、自分に合っているのかがわかる
・効果が上がった場合には、それを記録することで効果を実感できる
といったメリットが得られ、「そのメソッドを続けよう」「目標を達成しよう」というモチベーションを維持することができるのです。

 

一冊に書かれていることだけを鵜呑みにするのは危険であり、一つのテーマについて、必ず複数の本を読み、内容が正しいかどうかをきちんと検証する必要があります。

 

僕たちはこれまで、本に書かれていた数々のメソッドを実践してきましたが、その中でもっとも効果を実感できたのが、朝散歩でした。

 

これまで僕たちは、「健康を維持し、よりパフォーマンスを高めることができる、自分たちにとっての究極の食事」を見つけるため、おびただしい数の本を読み、メソッドを実践し、検証を重ねてきました。
その結果、たどりついたのが、
・食事の回数は、基本的には一日1食にする
・「白い炭水化物」は食べない
というルールです。

 

本は、「出版社」という企業の存在や著者の実績が信頼性をある程度担保してくれますし、一冊の中に、課題を解決するためのメソッドやその裏づけとなるデータなどがすべて書かれており、いつでも気が向いたときに読み返すことができます。

 

実際に自分でやってみて、効果を測定し、自分に合っているかどうかを自分自身でチェックする姿勢を、常に持ち続ける。
それこそが、本当の意味で科学的に生きるということだと、僕は思っています。

 

自分にとって本当に価値のある情報だけを、お金を払ってでも手に入れ、大事にし、自分の生活や人生を変えていくために活用する。
僕自身、これからもそうした姿勢を貫いていきたいし、みなさんにもぜひ、そんな読書体験をしていただきたいと思っています。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1747-1】本を購入する際、読む目的を明確にし、様々な情報から目的に合致する本を選ぶ

【1747-2】毎月、本の購入にあてる金額を決める

【1747-3】読書する時間を決めてスケジュール帳に書き込む

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】「読む」だけで終わりにしない読書術
【著者名】本要約チャンネル著者情報
出版社アスコム
【出版日】2021/11/25
オススメ度★★★★★
こんな時に読む力を身につけたいときに
キーワード読書術習慣術成功法則
【頁 数】240ページ
【目 次】
第1章 「読む」だけで終わりにしない7つの読書術
第2章 「読む」だけで終わりにしない読書術実践編「レコーディング読書」
第3章 1万冊を読んでわかった「本当に人生が変わる」5つの最強習慣
第4章 1万冊の中から選んだ、僕たちの人生を変えた最強の3冊

 

この本が、あなたを変える!

「読む」だけで終わりにしない読書術
本要約チャンネル アスコム 2021-11-25
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

本要約チャンネルさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る