【シェア読書:691冊目】戦略がすべて(瀧本哲史)

b691

【21世紀版”勝者の書”】京大客員准教授・瀧本哲史氏が、どの世界にも各々の「ルール」があり、成功の「方程式」が存在すると提起する。これからの時代にあなたがとるべき戦略を養う24のケーススタディー!

===================
書籍情報
===================
【書籍名】戦略がすべて
【著者名】瀧本哲史
【出版社】新潮社
【出版日】2015/12/16
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】考える力を身につけたいときに
【キーワード】問題解決思考
【頁 数】256ページ
【目 次】
I ヒットコンテンツには「仕掛け」がある
II 労働市場でバカは「評価」されない
III「革新」なきプロジェクトは報われない
IV.情報に潜む「企み」を見抜け
V 人間の「価値」は教育で決まる
VI 政治は社会を動かす「ゲーム」だ
VII 「戦略」を持てない日本人のために

 

===================
1分間紹介文
===================

 

あなたは、どれくらい自分の人生の戦略を立てていますか?
漠然としか考えていないかも。そんな人にオススメな一冊。

 

著者は、瀧本哲史さん。
京都大学産官学連携本部イノベーション・マネジメント・サイエンス研究部門客員准教授。
エンジェル投資家。東京大学法学部卒業。マッキンゼー&カンパニーでコンサルティング業に従事し、独立。

 

本書は、ビジネス市場、労働市場、国家、ネットなど、どの世界にも各々の「ルール」と成功の「方程式」が存在すると提起。そこに無策に突っ込んでいくのではなく、きちんと「戦略」を手に入れて、その世界を支配する側に立て!と説く、戦略思考を養成する24のケーススタディー集

 

現代社会をさまざまな切り口から考察する著者を追っていくに連れて、自分の視点がいかに凝り固まっているか、いやでも気づかされる。

 

あなたの立場によっては、嫌な気分にさせられる箇所もあるだろう。でも、その感情を自分の中に持つことこそ大切にするべきである。嫌な気分になる自分を知ることで、また、新しい自分の可能性を見出すキッカケになるかもしれないからだ。

 

頭に負荷がかかり疲れるが、その疲れさえも心地よくしてくれる。そんな一冊。

 

B691

 

===================
押さえておきたい15のポイント
===================

 

オフラインのリアル空間ビジネスにこそ、プラットフォームビジネスとして大変興味深いビジネスモデルであると考えている。

 

自分でなんらかの価値を提供して、周りに人を集める。彼らが協力と競争を通じて、お互いに学習、成長し、その成果が自分のところに少なからず戻ってくるようにすれば、そのとき、個人がプラットフォームになったことになるわけである。
そういう意味では、国家も個人も、プラットフォームという視点から、再考してみる必要があるのではないだろうか。自分はどのようなブランド、サービスを提供すべきなのか。どのような価値があるのだろうか。どうやったら人から必要とされるのだろうか。

 

従業員一人当たりに投入されている資源量を「資本装備率」と呼び、資本から生まれる付加価値額の比率を「資本生産性」と呼ぶが、多くの産業で、大企業と中小企業で資本生産性はそれほど変わらず、差がつくのは資本装備率なのだ。
(略)
結局のところ、スキルの高低というよりも、もともと社員に与えられている資源量で給与差がついているというほうが説明をしやすい。

 

「市場からの評価」というリスクは会社にとらせ、自分は社内という狭い世界で評価されることを目指し、イニシアティブをとって会社の変化を主導する。そのほうが、一般の労働市場に打って出ていくよりも、個人にとってのリスクははるかに小さいはずだ。

 

自分が属する業界のことを知りつくし、かつ、新しい仕組みについてのアイディアを持てば、起業は成功する確率が高い

 

「楽勝でできることを、徹底的にやる」

 

主張が極端であれば極端であるほど、ごく一部の人間を深く「ハマらせる」構造になっているネットの世界では、危険な思想を助長させやすい

 

「逆をとる」、すなわち自分の仮説と逆の考え方や事実を探し、それがどの程度信頼できるかという、反証的な視点で確認していく。

 

自分の身近にすでに起きている小さな未来(可能性)をたくさん持っている・知っていることが極めて重要だと考えている。
(略)
近頃の若者に苦言を呈する人たちは、自分の頭の古さや、あるいはダメな若者しか集まってこない自分のネットワークに危機感を持つべきだ。

 

社会の問題を解決する、イノベーションを起こすという観点からは、各分野がそれぞれの独自性を追求しつつも、相互をつなぐネットワークが存在することが重要である。

 

自分の属している組織の特徴を理解して、それを客観視することは重要だ。

 

淘汰される企業は、社会に必要とされているものを、必要とされているコストで提供できていない企業であるから、社会的資源を無駄にしているのであり、これを保護するのは社会的に有害である。

 

本来必要な地方創生は、全ての自治体をむりやり生き残らせようとして全体を沈ませるのではなく、自治体同士の競争を促し、住民の移動という「足による投票」によって、強い自治体への統合を目指したほうが良い

 

戦略を考えるというのは、今までの競争を全く違う視点で評価し、各人の強み・弱みを分析して、他の人とは全く違う努力の仕方やチップの張り方をすることなのだ。

 

外国語のスキルにせよ、スポーツの技術にせよ、メソッドや理論を学んだだけでは身につかない。それを実際に用いて自分ができるかどうか試し、自己修正をくり返していくことで初めて能力が向上し、それを我が物にできる。そのためにも、多くの問題を解いたり、「実戦」の場に出たりして、その成否を検証するプロセスを何度も経験することが重要である。

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【691-1】「楽勝でできることを、徹底的にやる」

 

【691-2】「逆をとる」を訓練する

 

【691-3】自分の仕事の業界を分析する

 

===================
今回のまとめ
===================

自分で試し検証しない限り、未来は開けない!

 

===================
今回紹介した本
===================

戦略がすべて

b691

瀧本哲史さん、刺激的な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

興味をお持ちいただけましたら、ぜひあなた自身で本を体感してくださいね(^^)
少しでも参考になれたら、嬉しいです。ありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力をお願いします。
携帯アドレスだと届かないことがございます。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る