【シェア読書:004冊目】人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方(柳内啓司)

b004
【あなたの名刺、何枚ありますか?】2枚目の名刺を持つ働き方(パラレルキャリア)の実践者・柳内啓司氏が、会社員を続けながら自分のやりたいことを実現する方法をまとめた一冊。2枚持つことで人生が変わる!



===================
書籍情報
===================
【書籍名】人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方
【著者名】柳内啓司
【出版社】クロスメディア・パブリッシング
【出版日】2013-01-17
【推薦度】★★★★☆
【対象者】働き方を考えたいときに
【頁 数】206ページ
【目 次】
第1章 2枚目の名刺で活動するメリット
第2章 2枚目の名刺を成功させるヒント集
第3章 これから世界で起こること、そんな時代に合った働き方
巻末インタビュー

 

===================
本書を読む理由
===================

・タイトルに非常に惹かれたから

・仕事×書評、個人的にタイムリーな話題のため

・実践者はどのようなことを考えているのか学べるから

 

===================
1分間紹介文
===================

 

本日ご紹介するのは、「パラレルキャリア」に関する一冊。

 

著者は、柳内啓司さん。
TBS社員として活躍される一方、勉強会やイベント活動を仕掛けて活動されているパラレルキャリア実践者。

 

本書のキーワードは、「パラレルキャリア」。
パラレルとは、「平行すること」「並列」などの意味で使われる言葉です。
すなわちパラレルキャリアとは、平行して働くことであり、本書ではその実践方法、効果などがまとめられている。

 

先日紹介した安藤美冬さんやプロブロガーの立花岳志さんなど、昨今ノマドワーカーとして話題の人達は、会社を辞めて独立した後に一般的に認知されています。そのため、どうしても読者は「凄いな〜!」「憧れるな〜!」と夢を大きく膨らませつつも、「でも●●さんだからできたんだよ」「私には無理」「憧れるけど、会社を辞めるなんて怖くてできない」と不安や恐怖が勝り、行動できないまま可能性がどんどん萎んでいく人がほとんど。

 

本業は本業として全力投球しながらも、社外活動として2枚目の名刺を持つという生き方
社外活動を本業活動を活かす。本業⇒社外⇒本業⇒社外⇒・・・、互いの相乗効果でより良いパラレルキャリアを築き上げよう!

 

この2つをキーコンセプトに、自らもパラレルキャリアの実践者であり発展途上の身である著者が、その実体験を交えながら、可能性を探っています。

 

会社人として働くことは大好きだけど、でも、もう少し違った自分にも出会ってみたい。そんな風に思っている方に、是非読んで頂きたい一冊。

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

私を含め、2枚目の名刺を持って活動している人たちが、口を揃えて言うことは「2枚目の名刺は、本業との相乗効果を生み、さらに人生を楽しいものにしてくれる」ということだ。

 

2枚目の名刺を持つメリットはたくさんある。たとえば、私は将来やりたいことがある人には「会社を辞めず、とりあえず今からやってみればいい」と提案している。

 

2枚目の名刺として活動すれば「すぐに利益を出さなければ」というプレッシャーがない。だから、焦らず、自分の本当にやりたいことを世の中にぶつけて、その結果を検証することができる。

 

反応がよくない場合は、やり方を改善したり、一度撤退して、全く違うアプローチで挑戦したりと、試行錯誤ができる。2枚目の名刺なら、生活に余裕を持って続けられるのだ。

 

また、2枚目の名刺で、収入アップの道を作ることができる。
ービジネスアイデアがあるのに、自分の会社で実現できない場合は、自分で会社を立ち上げるのもよい
ー自分の興味のある分野の研究活動や、クリエイティブな活動など、収益を目的としない活動に打ち込んだ場合でも、収入を得ることができる
ーワイン好きが高じて、オススメのワイン銘柄やワインバーを紹介するブログを開設し、それが評判となれば、出版や講演の依頼が舞い込み、印税や講演料をもらえることがあり得る

 

サラリーマンが自ら稼ぐ力をつけることは、素晴らしいことだ。まず、自己評価の上昇につながる。「稼ぐ力」は、現代におけるサヴァイヴ能力だ。

 

2枚目の名刺の活動で、より人生を充実させるために、ぜひやってもらいたいことがある。それは、あなたの「背骨」を見つけることだ。

 

「背骨」とは、「これをやっているときが一番自分らしい」と感じられる、自分の人生のテーマと言えるものだ。周囲から「あなたらしいね」と言ってもらえるものだ。

 

背骨を見つけることは、自分のことでありながら、簡単なことではないかもしれない。オススメしたいのが、本業と2枚目の名刺の活動の共通項を探してみることだ。

 

本業でも、2枚目の名刺の活動でも、大切な時間を割いて情熱を注ぐには、必ず強い動機が必要だ。それを言葉にして「あなたの人生のテーマ=背骨」を作ると、人生に一貫性が生まれ迫力が身につく。

 

2枚目の名刺を持つ際に特に気をつけて欲しいことがある。それは、足し算でなく、掛け算のイメージで活動を組み合わせるということだ。

 

社内で自分の価値観や、やりたい仕事を広報し「○○といえばアイツ」というブランドを構築していくのだ。このセルフブランディングのアプローチとして、2枚目の名刺が威力を発揮するのだ。

 

「2枚目の名刺」は世界を変える力を秘めている。なぜなら「個人の熱狂的な思い」と「スピード」があるからだ。個人の「やりたい!」という思いから始まることだから、強烈な動機が存在するのだ。

 

「熱狂的な思い」と「スピード」があれば、個人でも一気に仲間・ファン・資金などを調達することができる時代だ。ソーシャルメディアなどを活用すれば、その可能性は、より強くなる。

 

「熱狂的な思い」と「スピード」を持った個人の活動が、インターネットというテコを使って、ゲリラ的に世界を変える。そんな日は、意外と遠くないはずだ。ぜひ、あなたにも挑戦してもらいたい。

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

●自分の「背骨」について考える時間をつくる

 

●2枚目の名刺を作成する

 

===================
今回のまとめ
===================

自由とはすべてを投げ出さないと手に入れられないモノではない。
今いる場所で必死になって自由になる方法を考えることで手に入るのだ。

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

仕事というのは日々の決まり事になってしまい、
「仕事だから」のひと言で片づけてしまい、考えなくなりますよね?
本日紹介した本をきっかけに、あなたの働き方について少し考えてみてください。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方

b004

柳内啓司さん、とても勉強になる一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間29分。
通勤時間でじっくりと。

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る