【シェア読書:641冊目】ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉(相川圭子)

b641

【5000年の時空を超えた叡智】世界でただ2人のシッダーマスター・ヨグマタ相川圭子氏が、本物の愛を求め、本物の智恵を求め、本当の生き方を求める全ての人に贈る、ヒマラヤ聖者からの声をあなたの届ける!

===================
書籍情報
===================
【書籍名】ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉
【著者名】相川圭子
【出版社】河出書房新社
【出版日】2015/10/16
【推薦度】★★★☆☆
【対象者】生き方に迷ったときに
【頁 数】176ページ
【目 次】
1章 自分という小宇宙への幸福な旅
2章 あなたの奥深くにある愛と出会う
3章 心を整えるためのヒント
4章 無限の愛とともに「いま」にいる
5章 だれの中にも太陽が輝いている
6章 「悩む」ことのない生き方
7章 宇宙につながり癒される
8章 瞑想について、もっと知りたい

 

===================
こんな時に読みたい!
===================

 

・心がささくれているなと感じたとき

 

・自分というのを見失いそうになっているとき

 

===================
1分間紹介文
===================

 

あなたの心は、今温かいですか?
ちょっとでも回答に悩んだ人にオススメな一冊。

 

著者は、 相川圭子さん。
女性として史上初のシッダーマスター(サマディヨギ/ヒマラヤ大聖者の意)であり、現在、会うことのできる世界でたった二人のシッダーマスターのひとり。5000年の伝統を持つヒマラヤ秘教の正統な継承者。

 

本書は、ヒマラヤ秘教の叡智に触れることで、曇り荒れた心をゆっくり浄化し、すべてを溶かした末に、心の中に青空が広がっていく、”心のデトックス本”とも言える一冊

 

景色のいいところや大きな公園の芝生の真ん中で、ゆっくりと時間を気にせずに読みたいな、というのが第一印象。まさに著者が修行をしているヒマラヤの大自然の中で瞑想したように。

 

自然と一体になる、自分の中にも自然が広がっている、そんな風に思えるまでに心を落ちつけて、余計なものを排して浄化していく。言葉で書くのは簡単ですが、日常生活を送りながらそれを為すのは至難のことです。

 

しかし、本書に書かれていることを少しでも意識して生活する、1日の中で静かに瞑想をする時間を設けるなど、できることを習慣化することで、あなたの心は今より温かく輝くことでしょう。

 

日常を離れて、ゆっくりとお読みください。

 

B641

 

===================
押さえておきたい15のポイント(引用)
===================

 

幸福になりたい、何かが欲しいと強く願っている人は、まず自分の心をちょっとのぞいてみてください。「みんなが持っているから」「何となく」「もっと欲しいから」という理由なのでしょうか。でも、よく考えたら、あんまり欲しくないかもしれません。ただ習慣のようになっているだけなのかもしれません。

 

私たちの中に、魂という名の「太陽」があり、その光で力をいただいています。肉体は「大地」、血流や神経などは「川の流れ」で、光から力を得て、活発に生きるのに必要なものを創り出しているのです。人間の体は小さな宇宙そのものであることに思いを馳せてみましょう。

 

まずは、自分が執着している物事へのこだわりは本当に必要なのか、必要でないのか。そのことに気づくことは大きな成長です。

 

心の中の荷物やゴミを少しずつ捨てていくことを意識しましょう。

 

自分は「心」だけで生きているのではないこと。その奥に「魂」=「真の自分」があること。それを知ることが、幸福につながるのです。そのことを信じて生きていきます。「本に書いてあったから理解した」というのではなく、悟っていくのです。

 

あなたが変われば、あなたの環境を変えることができます。出会いの相手は神が送ってくださった学びの対象です。感謝しましょう。あなたの好き嫌いを超えた深い愛を放ちましょう。

 

感謝で行動します。お礼を言う、料理を作る、家族の健康を願う、あなたの愛が強められていくでしょう。

 

「欠点」というのは、体の病気と同じように、必要だから備わってしまったものなのでしょう。何かに気づかせてくれるためなのです。ときに何かの警告かもしれません。

 

自分にも相手にも、期待しすぎる気持ちはジャッジになり、お互いを追い詰めてしまいます。自他共に消耗させるだけで、いいことはありません。
そういうときは、まず落ち着いて深呼吸をし、「まあいいか」と思います。

 

あなたを変えるには、まず行為から入ります。心と肉体があってこそ、人はよい行為ができます。死んでもあの世に何も持っていかれません。執着は苦しみをつくり、この世界を天国にすることはできません。もっと自ら差し出して執着を取り、功徳を積みます。布施をします。奉仕をします。すると執着や欲がはずれ、魂が磨かれます。

 

すべての行為は、自分で選択しています。いまからしっかり責任をもって行為をしていきましょう。そのことにより、カルマが変わり、自分の運命が変わっていきます。

 

神経のバランスをとる必要があります。歩くなどして足をつかうと、全身の血行がよくなり、頭がリラックスするでしょう。足やおなかを温めたり、温かいお湯を飲んだりしてもよいでしょう。また自然の風景を思い出すのもいいでしょう。

 

何も面白いことなんかないと思っても、何も考えずに、ともかくお腹から声を出して「あっはっはは……」と笑うのです。それだけで、気にしていたことやわだかまりを発散することができ、気持ちが変わります。

 

自分の行為や思いを浄めることが大切であり、気づくことが大切です。
殺生しない。嘘をつかない。盗んではならない。みだらなセックスをしない。これらが具体的な戒めです。
すべてを慈しみなさい。分け与えなさい。足ることを知りなさい。もっと愛を与えなさい。正直でいなさい。誠実であれ。神を信じなさい。師を信じなさい。清潔にしなさい。真理の知恵を学びなさい。純粋でありなさい。これらが具体的なすべきことです。

 

あなたは、進化するために、最高に幸せになるために、生まれてきています。真理を知ることは、人生の最高の目的です。

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【641-1】自分が執着しているものを書き出す

 

【641-2】【641-1】で書き出したものは本当に必要なのか?と問いかける

 

【641-3】「幸せになっていいんだよ」と自分に毎日語りかける

 

===================
今回のまとめ
===================

あなたは太陽であり、究極の存在!

 

===================
編集後記
===================

本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

自分の中にあるエネルギーを引っ張り出す質問を自分に問う。
なんかちょっと掴めそうな感覚を急に味わいました。
なんだろう、この感覚(*´∀`*)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

ヒマラヤ聖者の太陽になる言葉

b641

相川圭子さん、心落ち着く一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間03分
通勤時間にて。

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
携帯アドレスで登録される方は、
「@sharedoku.com」のドメインを指定受信にして下さい。

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る