【書評:625冊目】10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ(船瀬俊介)

【貯筋のススメ!】
評論家・船瀬俊介氏が、『10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ』と題して、人生最大の財産は”貯筋”だと提起し、誰でもどこでも実践できる0円マッスル増強法を指南する一冊。

■書籍の紹介文

筋トレ。
やっていますか?

 

本書は、「筋トレは健康で長生きするためにも必要不可欠」だと説き、誰でもどこでもできる筋トレ法を指南する一冊。

 

筋トレを盲目的に信奉するような本ではありません。
どちらかというと、筋トレをしないと今後の人生がどうなるかを想像させるようなつくりとなっています。

 

想像することで、恐怖心が芽生えてきます。
その感情をうまく使って、筋トレへの導入感情を喚起してくれます。

 

恐怖心が芽生える、悪い想像の未来。
筋トレによって払拭することができるという動機づけが本当にうまい一冊です。

 

ただ、動機づけがうまくいっても、実際に行動に移せなければ筋肉は増えません。
つまり、トレーニング方法の中身が重要なのです。

 

その点でも、本書はよく考えらえています。
「力こぶから始める0円マッスル増強法」と題して、挫折する心配すらない手軽さで驚かされます。

 

「貯金」ならぬ「貯筋」こそが、人生最大の財産
すぐに体を動かし始めたくなるほど、エネルギッシュな一冊でオススメです!

 

◆貯筋生活をはじめよう!

10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ
船瀬俊介 主婦の友社 2015-10-30
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

黙っていても一目置かれる男。
それは、張った胸筋と締まった腹筋から醸し出される、エネルギッシュな存在感です。
引き締まった体は、引き締まった顔つきを生み出します。

 

「筋肉こそは、老後の蓄え!」
「貯金より、まず”貯筋”!」
この教訓を忘れてはいけない。

 

「脂肪率」=「死亡率」です。
脂肪が増えるほど、死亡しやすいのです。
つまり、肥満するほど死ぬリスクが高まる。
肥満者の死亡リスクは、健康人の約3倍といわれます。
肥満度が高まれば高まるほど、死亡率も高まることを覚えておきましょう。

 

「少食」「筋トレ」は健康人生に不可欠な両輪

 

●運動の5大メリット
(1)炎症をおさえる(免疫力が高まる)
(2)インスリン感受性を高める(代謝促進、肥満防止)
(3)血糖コントロールを改善(糖尿病を治療)
(4)記憶中枢を大きくする(海馬の発達、学習向上)
(5)BDNF(脳由来神経栄養因子)を増やす(頭がよくなる!)

 

どうして、筋肉をつけると老化が防げるのでしょうか?
アンチエイジング(抗齢)学会でも、長い間の謎でした。
その答えを出したのが、”筋肉ホルモン(マイオカイン)”の存在です。
それは、筋肉を動かすときに分泌される生理活性物質です。

 

筋トレ→筋肉ホルモン(イリシン)分泌→BDNF分泌→脳機能向上→認知症など予防

 

人間の筋肉は、20歳前後をピークに毎年1パーセントずつ落ちていく

 

筋トレ、運動を継続させるには、このように目的をはっきり持つことが大切

 

「筋肉は、その最大負荷量の80パーセント以上の負荷を5秒以上かけると、急速に発達する」

 

●器具不要のアイソメトリクス
①勝者のポーズ
②合掌のポーズ
③重ねのポーズ
④鈎のポーズ
⑤交差のポーズ

 

●いつでも、どこでもできる筋力アップ法
>上腕筋増強
>胸筋アップ
>肩の筋肉増大
>階段一段飛ばし
>つま先上がり

 

超少食こそが生命の真理(悟り)に至る唯一の道

 

「人は一生の間に食べる量は決まっている」
大食いの人は、早く”食いおさめ”(=人生の終焉)が来ます。
少食長寿は、真理だったのです。

 

少食×菜食×筋トレこそは、長寿への最強トリオなのです。
健康・長寿の効果があるこの3つの組み合わせこそ最強といえるでしょう。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【625-1】少食を心がける

【625-2】菜食を意識する

【625-3】筋トレを日課にする

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ
【著者名】船瀬俊介
出版社主婦の友社
【出版日】2015/10/30
オススメ度★★★★☆
こんな時に健康的な人生を送りたいときに
キーワードダイエット術食生活生活習慣術
【頁 数】192ページ
【目 次】
第1章 生き残りたかったら筋トレしよう!
第2章 筋トレすると脳が変わる、人生が変わる
第3章 筋肉は奇跡の「若返りホルモン」分泌器官
第4章 いつでも、どこでも、だれでもできる、男は黙って筋トレだ!
第5章 筋トレ+ファスティングで怖いものなし

 

この本が、あなたを変える!

10年後、会社に何があっても生き残る男は細マッチョ
船瀬俊介 主婦の友社 2015-10-30
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

船瀬俊介さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る