【379冊目】インバスケット的「根回し」仕事術(鳥原隆志)

b379
【根回しの概念が変わりました!】インバスケットの第一人者・鳥原隆志さんが、思うほど成果の上がらないビジネスパーソンに、根回しの正しい使い方を教える一冊。本書内の20案件をこなして根回しの達人になろう!

 

 

==================
■書籍情報
==================
【書籍名】インバスケット的「根回し」仕事術
【著者名】鳥原隆志
【出版社】祥伝社
【出版日】2014/8/1
【推薦度】★★★★☆
【目 次】
Chapter.1 根回しは仕事のできる人の「行動特性」
Chapter.2 当たり前だけどできない根回しの基本5則
Chapter.3 根回しコンサルタントの華麗な日常
Chapter.4 究極の根回し術

 

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は
インバスケット的「根回し」仕事術

 

著者は、鳥原隆志さん。
(株)インバスケット研究所代表取締役。日本のインバスケット・コンサルタントの第一人者。

 

あなたへの質問です。
「あなたは、根回しと聞いて、どんな感情を持ちますか?」

 

本書は、根回しの正しい概念と使い方が学べる一冊。
インバスケットでは、問題解決や判断の際にプロセスを重視します。「根回し」も、成果を上げるために必要なプロセスです。問題発見、分析、判断は適切なのに、「根回し」ができていないために、多くの人が成果に結びついていません。
ネガティブなイメージに捕われがちな根回しの概念が変わり、実際に活用できるようになる内容です。

 

正しく利用すれば、仕事だけでなく、人生をも変える力を秘めている感じられる「根回し」の効果。
これをぜひあなたにも学んで頂きたい!!

 

それでは、本編をはじめます。

 


 

==================
■本の抜粋ポイント
==================
インバスケットにおける「調整」というプロセスは、計画を支障なく進めるための行動を指し、実は日本のビジネス現場でいう「根回し」のことです。
新しいアイデアや意思決定をすると、必ず、反対する人がいます。これをインバスケットでは、「利害関係者」と言います。
利害関係者が誰かを捉えて、あらかじめ協力を取り付けたり、説得したりする行動が「調整」というプロセスなのです。

 

正論だからといって、必ず通じるわけではないのがビジネスの世界です。
だからこそ、自分の考え方を相手に理解してもらうことが必要であり、その行動が根回しなのです。

 

成果を上げる人がとる行動を私たちの専門用語で「コンピテンシー」と言いますが、ここには根回しという行動が入っています。
逆にいうと、ばたばたしているだけで成果に結びつかない人はやっていないプロセス、それが根回しなのです。

 

根回しの究極の目的は、「味方をいかに増やすか」ということです。
敵をどのように倒すかではありません。敵を味方にするのが、根回しの正しい使い方です。

 

信頼はゆっくり溜まっていくのですが、崩れるのはあっという間です。
せっかくこつこつ貯めた信頼を失わないように、信頼を裏切る行動は絶対してはいけません。
約束を破る、ルールを破る、陰口を言うーこういった行動をしようとしている自分を早く見つけ、阻止することが信頼関係を保ち、太くするポイントです。

 

●根回しにおける3つの誠実
「嘘がないこと」
「まじめ、真剣である」
「相手の立場に立つことができる」

 

抵抗勢力を潰すことではなく、抵抗勢力に味方になってもらう。
相手を陥れるのではなく、協力者になってもらう。
敵を作るのではなく、自分の味方につける。
これが根回しの大前提なのです。

 

「調整」が前提や慣習、ルールなどの縛りで型を作り変える手法であるのに対して、「根回し」は相手の型を尊重しながらその型を作り変えることなのです。

 

「一報」とは、「報告」とは少し異なります。正確なものでなくても、詳細なものでなくてもいいから、今起きている事実を速報で伝える行動です。

 

会議において、キーパーソンは全体の2割ほどです。その2割のキーパーソンを押さえれば、8割は根回し終了と思ってもよいのです。
そしてそのキーパーソンを押さえることで、本当の根回しができるのです。

 

自分がしっかり休む根回しをしていないから、自分の休みや時間が奪われる

 

●苦手な相手の根回しをスムーズに進める3つのポイント
1.相手が話を聞く人に根回しを依頼する
2.個別ではなく全員に一斉に根回しをする
3.味方を増やし相手を孤立させ受け入れさせる

 

自分の当たり前を相手に押し付けても、よい成果を得ることはできません。

 

利害で動くタイプ。人間関係で動くタイプ。モラルや規律で動くタイプ。そして感情で動くタイプ。
人にはそれぞれ動くボタンがあります。そのボタンがどの辺にあるのかを知っておくことが大前提です。

 

根回しは、他人に迷惑をかけない優しさの行動です。
(中略)
人生の方向転換の根回しを今すぐに開始して、根回しで人生を変える。
これが私の思う、究極の根回しです。

 

==================
■実践する効果があると感じたポイント
==================

●信頼を裏切るような行動・言動はしない

●「根回し」を実践し自分のノウハウを蓄える

●自分の景色と相手の景色は違うことを常に意識する

 

==================
■本のひと言まとめ
==================

根回しは、自分の幹を太く成長させるための、必須栄養素!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

今日は午前中は久しぶりにベットでゴロゴロ。。
午後からキビキビ活動致しました(笑)
蒸し暑かったので、久しぶりに脱水を感じました(^^;

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
インバスケット的「根回し」仕事術
b379

鳥原隆志さん、非常に勉強になる一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

==================
■インフォメーション
==================
■書評記事のメルマガ配信を開始しています(*^^*)
購読登録をこちらからお願いします!
http://actionforlive.com/mailmag

 

■8/30(土)・南青山・17時〜
「深沢真太郎さん新刊出版記念パーティー」開催!
http://ptix.co/1tEwwbc

 

■9/10(水)・西新宿・19時〜
石川和男さんセミナー
「社会を生き抜くための 仕事術+勉強法+会計の話」
http://www.facebook.com/events/1459084771008999

 

★1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m>★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る