【シェア読書:1148冊目】脳が認める最強の集中力(林成之)

【集中力とは、どんな力かご存知ですか?】
脳神経外科医・林成之氏が、集中力が脳のどこから生み出されるのかを明らかにしながら、脳の力が最大限に発揮された”最強の集中力”を身につける方法を解説する一冊。

■この本の紹介文

あなたに質問です。
「集中力とは、何なのでしょうか?」

 

本書は、最新の脳科学にもとづき、脳力を最大限に引き出す知識と習慣を身につけることで、自分を劇的に変える『最強の集中力』を手に入れられる一冊。

 

集中力とは、
「こうやる!」と決めたことを、「やってやる!」と強い気持ちで、全力投球で取り組む力。

 

著者は、このように「集中力」を定義しています。
この「集中力」を身につけるために必要な知識と習慣を、学ぶことができます。

 

脳がスッキリしていないと集中はできない。
この説明は、理解できます。

 

では、必要なときにどうやって脳をスッキリさせられるのか?
一見すると無理と思うこのことが、コントロールできますというのが最大の発見です。

 

集中力を、自分でコントールできる。
是非とも身につけたいことが、この本の中に。

 

◆欲しいときに、あの集中力を!

■本がわかる!15の要約ポイント

集中力とは、言うなれば「気持ちの力」です。
人間は「イヤだ」「おもしろくない」「つらい」と思っていることには集中力が発揮できないようになっています。

 

自ら「こうやる」と考え、そこに向かって「やってやる!」と強い気持ちをもち、全力投球で一心に取り組む。
集中力とは、このような力です。

 

集中力をつけるには、自己報酬神経群を動かす「自分からやってやる」という気持ちをいかにもつかが鍵といえます。
なぜこの気持ちが鍵になるのかといえば、自己報酬神経群に「自分を認めてほしい」という「自我の本能」が存在するからです。

 

集中力の源は、いかに情報に前向きなレッテルを貼っていくかにあるということです。

 

集中力を落とすもととなっている否定語を、日常から意識して減らすだけでも素質が磨かれていきます。

 

集中力はもちろんのこと、脳の力を存分に発揮させるには、気持ちを込めて取り組むこと、そして相手の目を見て気持ちを込めて会話することがいちばんです。

 

集中力を磨いていくうえでは、その日やることを決め、決めたら途中で「ここまででまあいいか」にせず、最後までやり切るクセをつけていくことが大事なのです。

 

作業が長時間になるほど、脳のパフォーマンスを落とさないため、時折り目線を移して休憩をはさんでやるとよいと思います。

 

「すべてを出し切りやり遂げる」という気持ちをもつことです。
それが爆発的な集中力を生み出す原動力になってくれるのです。

 

そろそろ終わりが見え始めている状況は、裏を返せば、まだ何割かは作業が残っているということです。
そこに集中して「ここからが最後の仕上げだ」と考え、達成していないところを達成する、残っている作業を仕上げることに力を注ぐのです。
そのように気持ちを切り替えれば集中力も続きます。

 

「今はまだダメ・無理でも、最後に光るのはこの自分だ」と強い思いをもって取り組むことで、備わっている集中力が生かされ、達成能力も上がっていきます。

 

スピードアップをするには集中してやらなければなりませんから、集中力を発揮する力もついてくるのです。

 

大事な勝負の場面で想定外の好結果を生み出すには、勝負自体を「闘い」ではなく、「自分を高めるチャンス」「自分の力量を試すチャンス」ととらえましょう。

 

誰かのためになればうれしさを感じ、それがまた自己報酬神経群を刺激して集中力の発揮につながり、よい結果をもたらしてくれるでしょう。
人間力も磨かれていきますから、ますますよい結果を生んでくれるはずです。

 

素直に目の前のことに全力投球すること、自分独自のルーティンをつくること、この二つを忘れなければ誰もが最後は無心レベルの集中力を発揮できるようになります。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1148-1】自分からやってやると気持ちで何事も取り組む

【1148-2】否定語を使わない

【1148-3】決めたことは、最後までやり切る

 

■ひと言まとめ

集中力とは、本気度のバロメーター。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】脳が認める最強の集中力
【著者名】林成之
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2018/3/14
オススメ度★★★★☆
こんな時に自分を変えたいと思ったときに
キーワードヤル気習慣術脳科学
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 集中力が続かない! それは「脳」の仕業だった
第2章 日頃から集中力の素質を育む「脳」の絶対習慣
第3章 瞬時に集中モードに切り替える「脳」の絶対習慣
第4章 無意識のうちに最高の結果を出す「脳」の絶対習慣
第5章 予想外の好結果を生み自分を変える「脳」の絶対習慣

 

この本が、あなたを変える!

 

林成之さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1148冊目】脳が認める最強の集中力(林成之)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る