【書評:256冊目】貧乏はお金持ち(橘玲)

【国に搾取される側から搾取する側へ!】
作家・橘玲氏が、『貧乏はお金持ち』と題して、国からも企業からも搾取される状況から脱出するべく、「雇われない生き方」で格差社会を逆転する方法を徹底指南する一冊。

■書籍の紹介文

給与明細で自動的に引かれている金額。
多過ぎると感じていませんか?

 

本書は、国や企業から搾取される状況から脱却せよと提起し、その有効な手段として「一人法人化」で経済的独立を果たす方法を指南する一冊。

 

ブラック企業や社会保障費の負担増など国や企業の問題が増える現代社会。
その状況にも関わらず、「非正規を正社員に!」と搾取される側になることを叫ぶのはおかしくないかと提起します。

 

そうではなく、これからの時代にとるべき戦略は別にある。
これからの人生設計の肝として、「一人法人化」という戦略を提示してきます。

 

「一人法人化」とはなにか、どうすればいいのか。
1つ1つ順を追って、学べるようになります。

 

このまま、居酒屋で愚痴り続ける生活は送りたくない!
そう思う人ほど、読むべき一冊だと感じます。

 

働き方の多様化に伴い、人生設計も多様な選択肢が取れる時代になってきました。
だからこそ、流されずにしっかり自分で考えることが大切なのです。

 

◆代表取締役社長・自分!

貧乏はお金持ち
橘玲 講談社 2009-6-4
売上ランキング(公開時):7,356
Amazon Kindle 楽天

■【要約】15個の抜粋ポイント

みんなが好きな仕事にありつけて、会社は一生社員の面倒を見てくれ、退職すれば年金で悠々自適の生活が送れる。
そんな幻想を勝手に抱き、それが裏切られたと泣き喚くのは、いい加減やめるべきだ。

 

そもそも、そんなにサラリーマンになりたいのだろうか。
サラリーマンは、かつて「社畜」と呼ばれていた。
自由を奪われ、主体性を失い、会社に人生を捧げた家畜、つまり奴隷の意味だ。

 

私もその一人で、この蔑称を不快に思っていた。
だが、反論できなかった。
それが、今では「非正規社員を正社員にせよ」の大合唱だ。
正社員とは、サラリーマンであり、つまり社蓄だ。

 

今、必要なのは、自由に生きることの素晴らしさを思い出すことだ。
「安定」の代償に「自由」を売り渡すのはやめたほうがいい。
会社が潰れれば、何もかも失うのだ。

 

会社に雇われない生き方を選択した人たちを、欧米では「フリーエージェント」という。
1980年代以降、先進国で増加した就業形態だ。
米国では、全就業者数の4分の1、約3300万人いる。

 

このフリーエージェントが法人化すると「マイクロ法人」になる。
米国にマイクロ法人は、1300万社あり、11秒に1社の割合で自宅ベースのミニ会社が生まれているのだ。

 

彼らが会社を作るのは、そのほうが圧倒的に有利だからだ。
会社を作ることで、個人とは異なる1つの人格、いわゆる法人格が手に入るのだ。

 

それにより、収入に対する税負担率が大幅に減ったり、まとまった資金を無税で運用できるようになる。
また、多額のお金をただ同然の利息で、無担保で借りることができる。

 

サラリーマンが、すべてのリスクを会社に集中させているのに対し、フリーエージェントは、収入源を複数にしてリスクを分散している。
不確実性の時代には、後者のほうが耐性は高いのだ。

 

新会社法の施行で、株式会社の最低資本金制度は廃止された。
また株主も代表取締役もあなた一人だけでよくなった。
誰でも気軽に株式会社が設立できるようになったのだ。

 

これを利用して、マイクロ法人を作ればいいのだ。
設立時には、定款認証手数料と登録免許税で20万円、ほかに印鑑代などが必要だが、それだけで大企業と同様、法人としてのすべての権利が保障される。

 

●私たちの日常生活に大きな影響を与える5つの会計
(1)「投資のための会計」いわゆる財務会計
(2)「納税のための会計」いわゆる税務会計
(3)「ビジネスのための会計」すなわち管理会計
(4)「夢を実現するための会計」
(5)「自由に生きるための会計」

 

個人企業にとって、会計上の理想状態とは次のようなものだ。
(1)マイクロ法人と個人の両方で税務上の所得がない。
(2)マイクロ法人もしくは個人で財務上の利益が計上できる。

 

法人化は、収入からより多くの利益を取り出すための技術だ。
収入自体を増やすものではない。
収入は、自らの知恵と労働で、市場から獲得しなければならない。
それだけは間違えないでいただきたい。

 

今こそ、サラリーマンも、それを利用するべきだ。
それこそが、社会の不平等を是正し、この国を覆う閉塞状況を変える引き金になるものなのだ。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【256-1】会計の勉強をする

【256-2】税務の勉強をする

【256-3】マイクロ法人について調べる

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】貧乏はお金持ち
【著者名】橘玲
出版社講談社
【出版日】2009/6/4
オススメ度★★★☆☆
こんな時に稼ぐ力を身につけたいときに
キーワード稼ぐ力金融リテラシー働き方
【頁 数】322ページ
【目 次】
1 楽園を追われて
2 もうひとつの人格
3 スター・ウォーズ物語
4 磯野家の節税
5 生き残るためのキャッシュフロー管理

 

この本が、あなたを変える!

貧乏はお金持ち
橘玲 講談社 2009-6-4
売上ランキング(公開時):7,356
Amazon Kindle 楽天

橘玲さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:256冊目】貧乏はお金持ち(橘玲)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る