【書評:257冊目】無駄に怒られない社会のツボ(おちまさと)

【そこまで怒る?とおもったときに読みたい】
プロデューサー・おちまさと氏が、『無駄に怒られない社会のツボ』と題して、「怒り」の感情に、過剰なエネルギーを使わないための「怒られないツボ」を解説する一冊。

■書籍の紹介文

怒りの感情に襲われたとき。
ものすごく消耗した経験がありませんか?

 

本書は、”怒られない”をキーワードにして、無駄なエネルギーを使わないための「怒られないツボ」を解説する一冊。

 

「怒りの7割は理不尽」であり「怒りの3割は真実」である。
このことがとても印象に残ります。

 

つまり、7割の部分は、本来不要な過剰なエネルギーといえます。
これが、激しく消耗してしまう原因なのです。

 

いかに、3割の部分にフォーカスできるか。
無駄に怒られないためには、”3割の真実”をきちんと消化することが大切なのです。

 

7割の理不尽に惑わされて、3割の真実が疎かになってしまうと。
相手の怒りは一向に収まらず、自分の怒りは相手に響かないのです。

 

本書では、社会生活の中で役立つ「怒られないツボ」が学べます。
怒りのエネルギーに激しく消耗しないためにも、ぜひ学んでおきましょう!

 

◆怒られないコツがある!

無駄に怒られない社会のツボ
おちまさと 大和書房 2013-4-20
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

職場には、気づき、思いやり、繊細なニュアンスなど、無駄に怒られないためのツボがあるのだ。

 

「代休はとっていい“だけど”仕事が忙しくない時に、早めに申請する」
「会議での発言するのはいい“だけど”本題にはずれた自分語りはダメ」
「挨拶はいい“だけど”大きな声じゃないとダメ」

 

このように、ものごとには“だけど”がついた暗黙のルールがある。
このツボを知らないと危険だ。
疲れたり、心が折れたり、最悪の場合「能力があるのに評価されない」ということになる。

 

おさえておいてほしいのは「怒られていることの7割は理不尽だ」ということだ。
怒りの7割は感情でできているので、理不尽だったり、意味がなかったりする場合が多いのだ。

 

同じくらい大切なことは「怒られていることの3割は真実だ」ということだ。
つまり、あなたにも必ず非があるから怒られるのだ。
したがって、その理由を探し当てることが大事だ。

 

ビジネスのコミュニケーションには、役割が必要だ。
怒られている間、あなたは「怒られ役」だ。
その役は「相手から、何を求められているのか」を考えてみる必要がある。

 

人が怒っている時は、相手に理由を求めているわけではない。
今の状況に気分を害し、感情的になっている場合は、まず謝罪をし、気持ちをクールダウンしてもらうことだ。

 

ビジネスの世界では「タイム・イズ・マネー」と言われるが、同じくらい大切な言葉がある。
それは「かわいい・イズ・マネー」だ。
「かわいい」と思われるとお金になるのだ。

 

だから、かわいさを身につけることだ。
素の自分をマナーでラッピングして、かわいいというリボンをつけるのだ。
不器用でわからないことも、素直に謝るのも、元気に挨拶するのもかわいさだ。

 

切れ者を演じたほうがお金になるし、認められると思いがちだが、間違いだ。
人は、相手が自分より下だと思うから心を許すのだ。
さらに「バカ」を演じられたら、最強だ。

 

職場には、基本マナーがある。
大人にふさわしいビジネスマナーだ。
それを、きちんと身につけることが大切だ。

 

たかがマナー、されどマナーだ。
当たり前のビジネスマナーでも、きっちりできれば「かわいい・イズ・マネー」に匹敵する。
「きちんとマナー・イズ・マネー」になるのだ。

 

マナーの中には、何も考えず、機械的に覚え、実践すべきものがある。
「挨拶をする」
「遅刻をしない」
「忘れ物をしない」
「風邪を引かない」
「すぐに返事をする」
の5つだ。

 

「何で俺に聞かなかった!」とあとから怒られるくらいなら、先に聞いて好印象をゲットすることだ。
若いうちは、より聞きやすいという特典を持っている。
だから、活用しない手はないのだ。

 

自分を「正しいモード」に設定することと「社会のツボ」を覚えて使いこなすことの二つだ。
この二つさえおさえておけば、無駄に怒られるストレスからは解放されるはずだ。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【257-1】「怒られていることの7割は理不尽」と捉える

【257-2】「怒られていることの3割は真実」と捉え、理由を探し当てる

【257-3】ビジネスマナーに関する本を一冊読む

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】無駄に怒られない社会のツボ
【著者名】おちまさと
出版社大和書房
【出版日】2013/4/20
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に明日の人間関係を良くしたいときに
キーワードコミュニケーション人間関係問題解決
【頁 数】200ページ
【目 次】
1 無駄に怒られるストレスから解放されよう
2 仕事のコミュニケーションを学ぼう
3 弱みを武器に変えてしまおう
4 怒られないマナーを知っておこう
5 バックアップをとっておく
6 バージョンアップを考える

 

この本が、あなたを変える!

無駄に怒られない社会のツボ
おちまさと 大和書房 2013-4-20
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す

おちまさとさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:257冊目】無駄に怒られない社会のツボ(おちまさと)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る