【書評:1607冊目】言語化力(三浦崇宏)

【言葉とは生命力なのだ!】
クリエイティブディレクター・三浦崇宏氏が、『言語化力』と題して、自分の言葉をカタチにできれば人生は変わり始めると提起し、自分の言葉を「最強の武器」にする方法を解説する一冊。

■書籍の紹介文

考えを言葉にすること。
あなたは得意ですか?不得意ですか?

 

本書は、言葉は、自分の価値を明確にし、願いを叶え、成長させる唯一の武器だと提起し、自分の言葉を「最強の武器」にする方法を解説する一冊。

 

言葉とは、ときに良薬、ときに劇薬、になるものです。
使い方次第で、背中を押してくれることもあれば、暗闇へと押し込んでしまうこともあります。

 

だからこそ、「言葉にする力」をきちんと持つべきなのです。
言葉を自分の思う通りに使えると、仕事も人間関係も前向きになり、人生を望む方向に連れていってくれます。

 

・言葉の持つ力とはなんなのか
・自分の言葉をどうやって生み出すのか
・自分の言葉をどうすれば印象深くできるのか
・自分の言葉でどうやって相手を動かすのか
・自分の言葉でどうやって自分を動かすのか

 

これらについて、言葉を生業にしてきた著者の「考え方」と「言葉にする力」を指南します。
著者が意識を置いているポイントは、発信力を高めたい人には大いに刺激となることでしょう。

 

話す言葉、書く言葉、心に留める言葉・・・・。
本書で示させる小さなコツを積み上げていくことで、どんどん価値のある武器へと言葉が進化していきます。

 

積み上げるのは、全部で36段。
誰もが自由に発信できる時代、その他大勢に埋もれないためには、1段でも多く積み上げて上に登るしかありません。

 

そう、それはまるでゲームのレベル上げと同じです。
鍛えて試練を乗り越えることで、言葉はより強くより逞しくなっていくのです。

 

積み上げた分だけ、自分の言葉に力が備わり、影響力の届く範囲も広範囲になります。
これこそが、言葉が「最強の武器」になった証なのです。

 

◆言葉の生命力を高めよう!

言語化力
三浦崇宏 SBクリエイティブ 2020-1-22
売上ランキング(公開時):51
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

この時代に言葉をうまく使って生きていくために、3つのポイントをわかっておいてもらいたい。
(1)誰もが「伝える価値」を持つ時代になった
(2)言葉こそが最強の問題解決の手段だ
(3)「言葉」を駆使すれば、闘わないで勝てる

 

「LIFE is Contents」。
この言葉一つ胸に仕込んでおけば、笑われること、転ぶこと、負けること、間違えること。
ぜんぶ、自分のネタ・武器・財産に変わっていく。

 

この世にないモノは無限にある。
日々、新しいモノはどんどん生まれてくる。
環境もガラガラと音を立てて変わり続ける。
それはピンチではなくチャンスだ。
自分の欲望を、誰もが望む未来を、自分なりに「言葉」にできた人が「総取り」できる時代だ。

 

ある問題や事象について、何かを語るとき、思考を言語化するには次のプロセスが必要だ。
0:スタンスを決める
1:本質をつかむ
2:感情を見つめる
3:言葉を整える

 

直観や「言葉にできないけれど抱いた感覚」というものは、実は言葉なんかよりもはるかに大切なものである。
逆に言うと、その「言葉にできない」を言葉にするために言葉があるのだ。

 

言葉を集めていくと、知識や感情の層が積み重なっていく。

 

いわゆるネットの記事やツイッターでバズるような内容にするために、ぼくが気をつけている最低限のことは、
・「短くシンプル」か
・「意外性」があるか
・「学び」があるか
・明日から「すぐにやれる」か
という4つのポイントだ。

 

言語化の訓練は、シンプルに言うと「WHY」を極めることだ。

 

本当に大切なのは「刺さった数」でしかない、というのは昔も今も一緒だろう。
よってぼくは「広げる」ということよりも「深く刺す」ということにしか価値を感じない。

 

変化を起こせる言葉が、ぼくの定義する「いい言葉」である。

 

言葉で人を動かすときの重要なポイントについてまとめよう。
①目的を明確にすること
②目的に向かうプロセスを明確にすること
③主語を複数にすること
まず心がけるポイントはこの3つである。

 

言葉に対してセンシティブであること。
普段何気なく使っている言葉に対しても繊細であることが重要だ。

 

現代において幸せになるには、誰もが自分なりの幸せを「言葉」で定義しておく必要がある。

 

言葉の最大の価値は、何と言っても、自分の人生の意味づけを変える力だ。
あらゆる人生の様々な局面で言葉をうまく使うことで、困難を打開したり、あるいは背中を押してくれるときがある。

 

言葉は変化し続ける時代のたった1つの、その価値が変化しない、最強の武器だ。
あなたが生きている間ずっと、そしてあなたがこの世を去った後も、その価値は変わらない。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1607-1】「LIFE is Contents」の言葉を覚えておく

【1607-2】浮かんだ言葉や気に留まった言葉をストックする

【1607-3】言葉に対してセンシティブである

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】言語化力
【著者名】三浦崇宏著者情報
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2020/1/22
オススメ度★★★★☆
こんな時に伝える力を身につけたいときに
キーワードことばのチカラ文章力思考
【頁 数】288ページ
【目 次】
序章 すべては言葉から生まれる
第1章 「言葉にする」方法
第2章 印象に残る言葉、一生残る言葉をつくる
第3章 人を動かす
第4章 言葉で未来を指し示せ

 

この本が、あなたを変える!

言語化力
三浦崇宏 SBクリエイティブ 2020-1-22
売上ランキング(公開時):51
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

三浦崇宏さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る