【書評:1303冊目】複業のトリセツ(染谷昌利)

【複業とは自分らしさを追求する方法】
インターネット集客や収益化の専門家・染谷昌利氏が、国の政策により複業時代が本格的にはじまったと提起し、どう向き合うべきかを「複業のトリセツ」として解説する一冊。

■この本の紹介文

副業ではなく複業。
きちんと区別できていますか?

 

本書は、働き方や生き方に主体性を生む「複業時代」がはじまったと提起し、「複業」をどのように自分の人生に取り入れていくべきかを解説する一冊。

 

複業とは、本業を複数持つこと。
本業+本業+本業+・・・、収益の柱を複数立てることを意味します。

 

なぜ、この複業の流れを国が推進するまでになったのでしょうか。
・今の制度のままでは、国が社会が国民を支えられなくなった
・企業も雇用維持以上に生存競争への圧力が増し続けている
・デジタルの発展で、個人で仕事ができる環境が整ってきた
など、さまざまな原因が考えられます。

 

では、そんな大きな流れの中を、われわれはどうやって生きていけばいいのか。
この点を、著者の経験やすでに複業を実践している方の具体例に触れながら、『自分的複業時代の生き方』を考えていきましょう、というのがこの本のコンセプトです。

 

読むとさまざまなノウハウやコツを学ぶことができます。
参考にすべきサイトやサービスのURLまで載せており、読んだ後の行動への移しやすさも考慮されています。

 

ただし、いきなりノウハウやコツを実践することはオススメしません。
なぜなら、それではこの本から得られる効果が半減してしまうからです。

 

まず最初にやるべきことは2つ。
(1)自分がこの先どうやって生きたいかゼロベースで考える
(2)生きたい人生をつかみ取るために、1つ1つ自分で選択するという覚悟を決める
これがとても重要になります。

 

1つの会社で定年まで勤め上げる、言い換えれば、1つの会社に自分の人生を”委ねる”ということです。
今までは、それでも人生を送ることができてきました。

 

これからは、この”委ねる”ことへのリスクが増しています。
身を委ねて寄りかかった壁が倒れ、その先は崖だったということがどこでも起こりうる時代なのです。

 

だからこそ、『自分で考え、自分で選択する』ことが重要になってくるのです。
このことにきちんと触れているから内容にも価値があると考え、わたしはこの本を買う選択をしました。(あとがきできちんと触れています)

 

どう生きるか決めるのは、国でも会社でもなく、自分自身です。
決めた上で、本書を活用することで複業のいろいろな選択肢が拡がっていくのです。

 

◆自分の生き方をデザインできる時代に。

(※クリックでAmazonに飛びます)

■本がわかる!15の要約ポイント

2017年後半から大手企業による副業解禁の動きが活発になりました。
この流れは、政府の推奨する「働き方改革」の一環によるもので、特に2018年1月に厚生労働省から発表された「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が大きな影響を与えていると考えられます。

 

●就業規則で副業が解禁される前にやっておきたい4つの行動
①情報発信力を鍛える
②自分を中心にしたコミュニティを運営する
③自分の趣味がお金にならないか調べる
④異業種交流会に足を運ぶ

 

自分の好きなこと・得意なことで、楽しみながら学びながらスキルアップや人脈構築ができる副業を選ぶことが好ましいです。

 

自分が積極的に活動することで、複業のきっかけはいくらでも見つかり、成果次第で大きな報酬を得られる時代に移動してきているのです。

 

●インターネット副業を勧める3つの理由
①金銭的リスクが著しく小さい
②複数の収入源を並行して創り出すことが可能
③これからの時代を生き抜くための必須スキルである情報発信力を身につけられる

 

●ブログで広告収入を得るために必要な5つのポイント
①ブログ
②銀行口座(Google AdSense、アフィリエイトサービス申請者と同名義)
③ブログのジャンル
④運営する楽しさ
⑤継続力

 

購入者の利益を最大化することが大前提で、その上で自分の利益を追求する

 

価値を提供して、対価としてお金をいただく意識を持つ

 

文章は、5W3H1Rを意識して書くと、非常に丁寧な文章に仕上がります。
When:いつ、いつまでに
Where:どこで、どこへ、どこから
Who:誰が、誰向けに
What:何が、何を
Why:なぜ、どうして
How:どのように
How many:どのくらい
How much:いくら
これらの情報をすべて含むと、文章量(記事数)も増え、読み手にとっても有益な情報源となります。
また、締めの言葉となる1R(Result=結果)も重要です。

 

二極化、格差の種類は大きく分けて5つあります。
それは「所得格差」、「地域格差」、「教育格差」、「世代間格差」、そして「情報格差」です。

 

世の中の現象に唯一の正解はありません。
どれを選んでもうまくいくかもしれません。
どれを選んでもうまくいかないかもしれません。
「でも自分が選んでいる」、それが重要なのです。

 

まずは目標として、年間300万円の財布を3つ保有することを目指しましょう。
本業、副業、投資、それらを組み合わせて複業化させるのです。
一つの収入窓口がなくなったとしても他の二つの窓口さえあれば所得がゼロにはなりません。
そして所得を増やすには、一つ一つの収益窓口の額を大きくするか、副業を増やすか、どちらかに注力すればよいのです。

 

一日の中では、「働く」以外の活動が複数あることが普通です。
複業と聞くと、何か特別なことだとイメージしがちですが、人間が生きていく上では、むしろ複業が普通の状態なのです。

 

自分の中に溜め込まず、惜しみなくシェアする、ギブすることで、結果として自分が満たされるようになります。

 

世の中にはたくさんの事例が溢れています。
その成功パターン・失敗パターンを学ぶことで、その中から「自分にとっての正解」を選択することができるようになります。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1303-1】5W3H1Rを意識して文章を書く

【1303-2】何事も「自分で選択する」ことを意識する

【1303-3】年間300万円の財布を3つ保有することを目指す

 

■ひと言まとめ

自分の生き方を、自分で選択する。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】複業のトリセツ
【著者名】染谷昌利著者情報
出版社DMM PUBLISHING
【出版日】2018/9/28
オススメ度★★★☆☆
こんな時に稼ぐ力を身につけたいときに
キーワード副業ブログ活用フリーランス
【頁 数】220ページ
【目 次】
第一章 副業を取り巻く環境の変化
第二章 こんなにもある副業の種類
第三章 インターネット活用によるノーリスク副業
第四章 副業から複業家へ
第五章 複業家へのインタビュー

 

この本が、あなたを変える!

 

染谷昌利さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1303冊目】複業のトリセツ(染谷昌利)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る