【119冊目】腹だけ痩せる技術(植森美緒)

b119

20年間ウエスト58cmを維持する女性運動指導士が提唱する”おなか痩せメソッド”これは効きます!!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】腹だけ痩せる技術
【著者名】植森美緒
【出版社】メディアファクトリー
【出版日】2012/4/27
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
はじめに おなかはすぐに、キレイに凹みます
第1章 腹だけ出るにはワケがある
第2章 その腹痩せは本当に効果的?
第3章 腹だけ絞るための極意
第4章 いますぐできる!究極の腹痩せ
第5章 どんなおなかにも処方箋はある
第6章 体重&体脂肪率にご用心
第7章 20代の体を再現するステップアップ
おわりに さあ、体と人生を変えましょう

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「トレーニング」に関する一冊。

著者は、植森美緒さん。
20年間ウエスト58cmを維持する、女性運動指導士として多方面で活躍中の方です。

本書は、自らが提唱する「植森式ドローイン」を分かりやすく纏められている注目作です。

お腹が出る、弛む原因は「姿勢」にあると着目し、
日常生活のなかで姿勢を正し、体幹部の筋肉を使うだけで腹はみるみる引き締まると説きます。

メソッド自体も、えっ?これだけ??というもので、あっさりしております(笑)

逆に言えば、簡単だからこそ、動機付けが大事になってくる、そんな一冊です。

あなたが先を凹ませたいなら、続きをどうぞ(^^)

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
ダイエットや減量とひと言でいっても、体重を減らしたいのか、全体的にスタイルをよくしたいのか、部分的に脂肪を落としたいのか、はたまた脂肪は落ちなくても形がよくなればいいのか等々、目的によってやり方は変わってきます。

 
<食事制限の限界>
①痩せる部分を選べない
②おなかの形がなかなか変わらない
③体質が変化して痩せにくくなる

 
どんなに健康的にゆっくり痩せたとしても、結果としてやめてしまったら、運動でも食事同様にリバウンドがおきます。

 
おなかが出ている人は、筋肉本来の力をうまく使えていないだけなのです。筋肉の「張力」、本来の張りを取り戻すだけでおなかはグッと凹みます。

 
ぽっこりとおなかが出ている方は、総じておなかの筋肉を動かすことができていません。ではどうすればいいか。答は簡単。日々おなかを大きく凹ませるようにすればいいのです。

 
<挑戦!コアトレーニング>
①横向きに寝て肩の真下で肘をつきます。上になった手は軽く腰に。
②体がまっすぐになるまで腰を浮かせ、5秒間静止します。
③上の脚を床と並行の角度までまっすぐ上げ、上の腕を前に出して10秒間停止。ぐらついたり、体がぐにゃっと曲がってはいけません。

 
私がまったく同じ速さで同じ時間歩く場合で、おなかを凹ませていると通常より43.1%も消費カロリーがアップしていたのです。

 
<基本のドローイン>
①背すじをまっすぐ、これ以上は伸びないところまで伸ばします。肩に力を入れず、顎を出さないように。
②両肩を意識して後ろに引きます。そのために胸が突き出たり、背中が反り返ったりしないように注意してください。
③ぐっとおなかを凹ませます。息を止めず、肩が上がっていないか気をつけてください。背すじもまっすぐ維持します。

 
止まった状態でのおなか凹ませに慣れてきたらぜひ取り入れたいのが、歩きながらのドローインです。繰り返しになりますが、わざと時間を作って歩いたりせず、普段歩いているときに意識して加えるだけで結構です。

 
ダイエットの「成功の極意」。それは非常にシンプルで、「続けられる」形で取り組むことです。

 
好きなものは食べよう
「別に食べなくてもいいや」と思える食べ物を減らすのが成功の秘訣

 

==================
■実践ポイント
==================

●スキマ時間にドローインを実施する

●歩行しながらのドローインを実施する

 

==================
■まとめ
==================

腹を凹ませて、形状記憶させてしまおう!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

年末年始、これから普段以上に飲食シーンが増えますね♪
楽しみつつも、コンディション維持には気をつけましょう\(^o^)/

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る