【シェア読書:1114冊目】Webサイトのつくり方・運営のしかた(坂井和広)

【売れるサイトのつくり方教えます!】
WEBディレクター&マーケター・坂井和広氏が、Webサイトのつくり方・運営のしかたまで、ウェブ集客の基本から実践すべきことを”101の技”としてまとめ上げた一冊。

■この本の紹介文

運営しているサイトやブログ。
思いどおりな効果が得られていますか?

 

本書は、ウェブ集客を考えるときに押さえるべき、Webサイトのつくり方からSEO対策・分析ツールの効果的な使い方まで、Web制作のプロが実践する101の技を公開した一冊。

 

ネットの世界は、ものすごいスピードで変化し続けています。
その世界で、書評ブログを運営していて思うことが1つあります。

 

それは、【「もうこれでいいかな」と思ったら終わりである】ということです。
常に、今のサイトで読者は読みやすいだろうか?などと考えるのが楽しくないと、やっていけないと言えるかもしれません。

 

新しいものを学び、どんどん実践し、効果を分析して、改善していく。
このサイクルを回せば回すほど、結果が出るのが、Webの世界だと思います。

 

そんなWebの世界でプロとして生きる著者が、押さえておくべき「学び」「実践」「分析」「改善」のポイントを網羅的に指南してくれます。
1つ1つが実践しやすいように、要点を絞って解説されているので学びやすさも秀逸です。

 

今よりも良いサイトにしたい。
その気持ちがあるのなら、この本は必読です。

 

◆Webはやればやるほど変わる!

■本がわかる!15の要約ポイント

所有するPC・タブレット・スマートフォンいずれかの端末で何度も閲覧してから成約に至るというパターンが多いといえます。
そのため、ユーザーの行動パターンをイメージして、どの端末にも最適化されたレスポンシブなサイト展開を行うことが求められます。

 

●競合サイトの見るべきポイント
・サイトタイトルに入れているキーワード、タイトル内のアピールポイント
・ファーストビューの印象、デザイン
・更新頻度
・導入している機能、仕様
・コンバージョンまでの導線
・客観的なユーザーとしての印象
・ブックマークに追加したいか

 

TwitterやYahoo!知恵袋では人々の不満や隠れたニーズがたくさん詰まっています。
それらを解決できるコンテンツや商品・サービスを提供すれば、お客様の問題を解決できる事業者として高い支持を集められます。

 

「誰が、誰に、何を提供して、どう行動してほしいのか」がひと目でわかる構成にして、閲覧者に対して「あなたに向けた情報ですよ」という視点でインパクトを与えることに専念するのが重要です。

 

●これからのSEOのための3つの取り組み
(1)アクセスアップを図る
(2)コンテンツを充実させる
(3)Googleへの適切な報告・技術対応

 

●理想的なユーザー行動
(1)ある悩みや疑問があって、検索する
(2)悩みキーワードで検索して、よさそうなタイトルのページを見る
(3)ページへたどり着いて、ファーストビューで自分に必要な情報か一瞬で判断する
(4)記事を読み込む
(5)満足すれば、関連するほかの記事も読む
(6)充実したサイトであればブックマークする、またはサイト名・URLを覚える
(7)みんなに知ってほしいと思えば、SNSなどで拡散する
(8)後日、再訪問する
(9)あなたの商品やサービスを購入する

 

競合より優れた質の高いコンテンツを作成するには、長年その商品・サービスに携わった現場の専門的知識が必要です。
それをわかりやすくサイト上で表現できれば、質の高いコンテンツができあがるでしょう。

 

SNSは付随的な集客の場や媒体などとして、認知度アップのために運用します。

 

一般消費者向けの商品・サービスであれば拡散効果は高いので、実名を出して継続したツイートをする

 

長期的な視点で毎日検索順位をチェックするのはGRCが便利ですが、一時的に順位をチェックしたい場合やSEOに必要な項目がどのような状態になっているかチェックする場合は、「SEOチェキ!」を利用します。

 

アクセス解析を入れなければアクセス数やユーザーのサイト行動を把握できないので、解析はサイトができあがったらすぐに入れます。

 

まずセッション数を増やしていくことに力を入れ、すぐに離脱しないような仕掛けと5ページ程度、3分程度の平均滞在を目安として、コンテンツを充実させます。

 

ユーザーが競合と比較した中からサイトを選び、検索エンジンが競合と比較して有益なサイトであるか判断して上位表示されるように、サイトは相対評価で判断されます。

 

サイトへ来訪したユーザーへのおもてなしとして、常に新鮮な情報で興味を引き、継続的に訪問してもらえるサイトにしていくことが大切です。

 

「現状を変えずに、批判するばかりで行動しない」ということにならないように、「新しいことを発見してチャレンジしよう」という気持ちを常に持ってください。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1114-1】世の中の不満やニーズをリサーチする

【1114-2】競合サイトを分析する

【1114-3】どうすればまた見たくなるかを常に考え続ける

 

■ひと言まとめ

自分の熱量に応じて、結果はどんどん変わる!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】小さな会社のWeb担当者・ネットショップ運営者のためのWebサイトのつくり方・運営のしかた 売上・集客が1.5倍UPする プロの技101
【著者名】坂井和広
出版社ソーテック社
【出版日】2017/8/11
オススメ度★★★☆☆
こんな時にソーシャルメディアに悩んだときに
キーワードIT活用アイデア情報発信
【頁 数】255ページ
【目 次】
1 売れるウェブサイトの作り方
2 売上をアップさせるウェブマーケティング
3 サイトを成長させるウェブサイト解析
4 常に集客し続けるためのサイトリニューアルテクニック

 

この本で、あなたは変わる!

 

坂井和広さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■関連情報

坂井さんの拠点『レボネット株式会社』はこちら![外部]

本書籍の関連ページはこちら![外部]

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1114冊目】Webサイトのつくり方・運営のしかた(坂井和広)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る