【シェア読書:1100冊目】話し方は「声」で変わる(島田康祐)

【自分の声ってなんで嫌いなんでしょうか?】
発声コンサルタント・島田康祐氏が、8割の人が「自分の声が嫌い」という現状を打破するため、話し方は「声」で変わる楽しさを紹介する一冊。1分でできる発声法とは?

■この本の紹介文

自分の声。
あなたは、好きですか?

 

本書は、自信のもてる自分本来の声を取りもどすための、1分間でできる発声調整メソッドを紹介する一冊。

 

自分がイメージしている自分の声。
実際に録音して聞いた自分の声。
後者の声は、どうしてこうも嫌な感じをもつのでしょうか。

 

あの嫌な声は、自分の本当の声ではないと、発生のプロである著者は言います
このギャップを解消し、自分のベストの声が出せるようになる発声レッスンを紹介していきます 。

 

声楽を修めている著者ならではの裏打ちされたメソッドは、とても理解がしやすいです。
ゆえに、素直に学んだままに実践することが、一番大切だと感じます。

 

すぐに結果は出ないかもしれません。
しかし、取り組み続けることで、嫌いだった自分の声が好きになっていくんだろうなというたしかな期待感を持てます。

 

自分の声に自信がなければ、自分に自信が持てません。
自分の声に自信があれば、自分に自信が持てるのです。

 

いま、声に自信がなくても大丈夫です。
この本のメソッドを、素直に実践していくことで、自信が少しずつ芽生えてきます。

 

自分の本来の声を、聞いてみたくありませんか?

 

◆自分の声を取り戻せ!

■本がわかる!15の要約ポイント

聞き取りづらいというのは、言い換えると、あなた(相手)の声が本来の声ではないからなのです。
つまり、本当の自分らしい”最良の声”でしゃべっていないということなのです。

 

人は「話の内容」よりも、その人の「声」を重視するのです。

 

小さな声だとしたら、か細い声だとしたら、暗い声だとしたら、モゴモゴとこもる声だとしたら…それはストレスやトラウマによる”いたずら”以外の何ものでもないのです。

 

相手が聞く声が今のあなたの本当の声なのです。
あなたはいつもその声で人と会話しています。
まずは、このことをきちんと認識してください。

 

●声を出す前の3分間ストレッチ
ストレッチ1:目を開けたまま、首を回す
ストレッチ2:耳を引っ張る
ストレッチ3:肩に手を当てながら、肩を回す
ストレッチ4:舌が下の歯の裏についているか、確認する
ストレッチ5:口角を意識的に上げる
ストレッチ6:手首をしっかりとほぐす
ストレッチ7:足の親指に力を入れる

 

「はじめまして」と「よろしくお願いします」という言葉はどちらが言いやすく、どちらが言いづらかったですか?

 

●あなたの最良の声の探し方
・顎を大きく下げて口をしっかり開け、顎関節のくぼみを両手の人差し指で押さえる
・指が2本分縦に入るくらいに口を開く
・下の歯の裏の部分に舌先をつける
・ハリのある少し大きめの声で「あ」を発する

 

●母音全体の発声「IEAOUレッスン」
・I→閉口形(口を横に開く)
・E→閉口形(口をさらに横に開く)
・A→閉口形兼開口形(口を大きく開く)
・O→開口形(顎を大きく下げ、口を少しつぼめる)
・U→開口形(顎を大きく下げ、口をさらにつぼめる)

 

声を出すとき、お腹のふくらみを意識し、胴体を土管の状態にすれば、「あ」の声はかなり響いていきます。

 

開口形のフレーズはやわらかくゆっくりとした口調でしゃべるように心がけ、閉口形のフレーズは口角を上げにっこリとした表情でしゃべるようにしてほしいのです。

 

場の空気を察して、瞬時にギアチェンジを図り、それに調和させることも、最良の声を出すために大切なことなのです。

 

相手が前のめりになってきたら、それは「あなたの声が小さい。よく聞き取れない」というサインだということです。

 

大事なキーワードはややトーンを高くして、大きめの声でしゃべること。

 

相手に二者択一を提案し、その部分のキーワードを大きめの声でしゃべること。

 

声が変われば心も変わる。
その結果、自分でも驚くほどの成果を出すとき、「私って、ここまでできるんだ」ということを実感することでしょう。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1100-1】自分の声を録音して、相手が聞いている自分の声を自覚する

【1100-2】「声を出す前の3分間ストレッチ」を習慣化する

【1100-3】自分の声は、より良くすることができると信じる

 

■ひと言まとめ

声が変われば、人生が変わる!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】話し方は「声」で変わる
【著者名】島田康祐
出版社フォレスト出版
【出版日】2017/11/19
オススメ度★★★☆☆
こんな時に伝える力を身につけたいときに
キーワード話し方苦手克服ことばのチカラ
【頁 数】256ページ
【目 次】
第1章 自分の本当の声に気づくための準備運動
第2章 自分の本当の声を定着させる「発声レッスン」
第3章 営業・接客・面接・会議・プレゼン……での声と話し方
第4章 これだけ変わる! 電話応対での声と話し方

 

この本で、あなたは変わる!

 

島田康祐さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■関連情報

◎島田康祐さんのブログ「すぐに効果が出るボイスメンタルトレーニング」はこちら[外部]

フォレスト出版者の著者関連ページはこちら[外部]

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1100冊目】話し方は「声」で変わる(島田康祐)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る