【シェア読書:809冊目】なぜか好かれる人の「わからせる」技術(馬場啓介)

【自然と評価される流れをつくろう!】
行列の絶えないビジネスコーチ・馬場啓介氏が、なぜか好かれる人が身につけている、相手に自分を「わからせる」技術。その仕組みと身につけ方を分かりやすく教えてくれる。

==================
1分間紹介文
==================

必死になって頑張っている。
なのに、周りは評価してくれない…。
このジレンマから少しずつ少しずつ解放してくれる。

 

著者は、馬場啓介さん。
行列の絶えないビジネスコーチ
「誰もがコーチングを学ぶ文化をつくる」をミッションに、トラストコーチングスクールやマザーズコーチングスクールなど、複数のコーチングスクールを全国、世界展開している。

 

本書は、「がんばり」を自分からアピールするのではなく、相手が自然と「わかってくれる」ようになるためのマインドとテクニックを紹介した一冊。
相手があなたの長所に自然と気がつき、評価せずにはいられなくなるアピール方法は新鮮。

 

「がんばり」はアピールするとわざとらしいが、ただ「がんばりました」では相手に伝わらない。
この状況で、どう考え、どうすればいいのか、これを「わからせる」ために本書は書かれている。

 

「なんか、最近みんなが評価してくれる」
そんなちょっと嬉しい機会が、日に日に増えていく。

b809

==================
本がわかる!15の要約ポイント
==================

 

他人はあなたのことをちゃんと見てはいない。
どんなに自分のことをわかってくれていると思う人でも、理解しているのは、せいぜい40%くらい

 

本来「がんばり」は言葉で伝えるものではない。
あくまでも自然に、「がんばってる」ことがわかる状況を作るほうが、相手もこちらのアピールを受け入れやすくなり、いい結果が出やすくなる。

 

自分で主張すると、押しつけのような印象になる。
だから、相手は思わず避けたくなる。
ところが、自然の流れの中で自己アピールしたい所が偶然出てしまえば、相手も素直に受け入れてくれる。

 

自分のがんばりを認めてもらいたい時も、こちらの頑張りをおすより、まずは相手の頑張りを認めること。
すると相手も「認めよう」としてくれるはず。

 

人間は、誰かのダメなところや、落ち込んでいるところを見ると、逆に本気でその人のために「何かしてあげたい」と思う。
そして、一生懸命「いいところ」を探そうとスイッチが入るもの

 

聞かれることで「がんばり」を伝えるタイミングを作ったり、相手の話を聞くことでこちらの「がんばり」に気づいてもらえたり、日々の積み重ねが「がんばり」を伝えることにつながっていく。

 

日々「がんばり」を伝える努力のジャブを繰り返すべき

 

毎日続けることで、相手はあなたを意識し「がんばり」に自然と気づいてくれるようになる。
日々の挨拶でもいいし、先に相手を認めることでもいい。

 

「自分がどういうつもりか」でなく「相手にどう伝わったか」が、大事なのだ。
だから、誤解なく自分を伝えるために、よりわかりやすく、シンプルな自分をつくる必要がある。

 

「自分がどう伝わっているか」は、考えても答えは出ない。
相手に教えてもらうしかない。
つまり、フィードバックをもらうのだ。
教わりながら自分を調整していくのだ。

 

●「言ってもわかってもらえない」3つの原因
・相手が自分をよく理解していない
・相手が自分を誤解している
・理解しているのに、やりたくないために理解しようとしていない

 

周りから信頼され、多くの人から好感を抱いてもらうには、まず、自分自身を信頼すること。
人間は、自分のことを信頼できて、はじめて、他人から信頼してもらえるようになる。

 

自己主張がうまくできない人は、批判や愚痴、陰口へと逃げることになってしまう

 

自分の経験という狭い視野で見ていたものを、少し引いて客観的に俯瞰してみると、決めつけや思い込みを捨てることができる。
その結果、不安を小さくできるのだ。

 

「自分とする約束」は、はじめは小さくてもいい。
それを積み重ねるうちに、少しずつ自分との約束を大きくしていくことができる。
その結果、自分に対する信頼も深まっていくはずだ。

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【809-1】他人の目を意識しすぎない

【809-2】「がんばり」を伝える習慣を身につける

【809-3】「自分と約束」する習慣を身につける

 

==================
今回のまとめ
==================

自分への信頼が高まれば高まるほど、相手はあなたを理解してくれる!

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】なぜか好かれる人の「わからせる」技術
【著者名】馬場啓介
出版社サンマーク出版
【出版日】2016/8/22
オススメ度★★☆☆☆
【こんな時に】伝える力を身につけたいときに
【キーワード】話し方伝えるアウトプット
【頁 数】217ページ
【目 次】
第1章 「わかってもらいたい」と思う人ほど、実はわかってもらえない!
第2章 この習慣が「何もしなくてもなぜか人から好かれて引き上げられる人」をつくる
第3章 認められようとしないのに認められてしまう人になる方法
第4章 「自分をちゃんとわかってもらえる人」になるために

 

気になったら、今すぐお手元に!
b809

 

馬場啓介さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】
メルマガの配信を開始しました!■

登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る