【書評:044冊目】お金が教えてくれること(家入一真)

【個人で稼げる時代のお金論】
連続起業家・家入一真氏が、『お金が教えてくれること』と題して、お金を生み出せるのにまったく貯められない男が、自由に生きていくために知っておくべき「お金の教訓」を指南する一冊。

■書籍の紹介文

お金と人生。
良い関係を築けていますか?

 

本書は、『会社を売却して得られた10数億円のお金をわずか2年で使いきった男』が、そこから得たお金の教訓を指南する一冊。

 

お金とは何なのか。
お金とどう付き合えばいいのか。
お金と自分の関係って何なのか。

 

お金に対する価値観に一石を投じる内容です。
少しでもお金に”不安”を感じるのなら、読むべき一冊だと感じます。

 

インターネットによって、個人が個人の力で稼ぐことができる時代になりました。
自分の発想やアイデアを気軽に形にすることができるようになり、お金を生み出すのです。

 

これからの時代の生きるヒントに。
目を通しておくべき教訓が満載です。

 

◆インターネット時代だからこそのお金の教訓。

お金が教えてくれること
家入一真 大和書房 2013-2-16
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

「お金がない」と思ったら、まず自分の最低コストを知ることだ。
次に、そのお金を稼ぐためにどうするか、どう動くべきかを考える。
人に相談したり、友達がいなければ、インターネットでもいい。

 

過ぎ去った時間は、後からお金を払っても買い戻すことはできない。
お金の「あり・なし」は、時間の「あり・なし」につながるのだ。
人生を左右するという意味で、お金と時間は非常に似ているのだ。

 

会社の愚痴を言う人がいる。
しかし、文句を言っても、何も変わらない。
自分で何か始めるか、文句を言わず淡々と仕事をするか、どちらしかない。
文句を言うのは「何もしない」と同じだ。

 

「ウェブで起業したい」と言う人は、とりあえずやればいい。
ウェブなら、大した元手はいらない。
実家暮らしなら、住まいがあって食事もできる。

 

これからの時代は機転がきく人、小回りのきく人が強い。
ダメなら、次。
走りながら考えて、分かれ道があるならパッと判断して、左とか、右とか、瞬時に判断しながら走っていけることが大切だ。

 

いきなり大金を稼ぐ必要はない。
まずは小額の、500円とか1000円を得るところから始めればいい。
まずは小さなビジネスを立ち上げて、やってみるのだ。

 

自分が、少しでもやれない理由を口に出すようになったら、それをチャンスと考え、その理由をひっくり返す方法を考えてみることだ。
大きければ、大きいほど、ひっくり返った時の効果は大きいはずだ。

 

「儲かりそうだから」という理由でビジネスを立ち上げるのは、お勧めしない。
なぜなら、その人がやる必然性のないものは、真似されて終わりだからだ。

 

せっかく起業したのに、会社がダメになる時もある。
それが怖くて、多くの人が初めての一歩が踏み出せない。
だが、よく考えて欲しい。
会社がつぶれても、死ぬわけではない。

 

何かを立ち上げる時は、何も考えるべきでない。
何かやる際に、考え過ぎている人が多すぎる。
やらなくていい理由、やれない理由を自分で勝手に作っているのだ。

 

これまで、いくつか会社を経営して、山あり、谷あり、色々なことがあった。
「お金なんて」と思ったことが何度もある。
それでも、やっぱりお金は欲しい。
まだまだやりたいことがあるからだ。

 

結局、お金はガソリンのようなものだ。
ビジネスを回していくために、お金というガソリンは絶対必要だ。
走るうちに、さらに大きな動力が回り出し、どんどん循環する。
そういうふうにできている。

 

お金だけでなく、人もそうだ。
初めに燃料を投下すれば、それによって大きなエネルギーが生まれていく。

 

やりたいことがある時「お金がない」という理由でできないのは、悔しいものだ。
選択肢がその時点で1つ減るわけだ。
できれば、選択肢を常に用意しておきたい。
そのために、お金が欲しい。

 

個人で欲しいものを買っても、すぐに飽きてしまうが、出資したり事業を立ち上げたりすると、全く別の世界が手に入る。
もっと新しい景色を見るために、これからも選択肢は狭めないようにしたい。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【044-1】生活に必要な金額を書き出す

【044-2】労働以外で、1000円を儲ける経験をする

【044-3】やりたいことをやるために、お金を貯蓄する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】お金が教えてくれること
【著者名】家入一真著者情報
出版社大和書房
【出版日】2013/2/16
オススメ度★★★☆☆
こんな時に稼ぐ力を身につけたいときに
キーワード稼ぐ力発想力働き方
【頁 数】208ページ
【目 次】
01 お金との付き合い方
02 お金の使い方
03 給料に依存しない働き方
04 お金の稼ぎ方
05 ビジネスの描き方
06 人生の転がり方

 

この本が、あなたを変える!

お金が教えてくれること
家入一真 大和書房 2013-2-16
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

家入一真さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る