【シェア読書:516冊目】読んだら忘れない読書術(樺沢紫苑)

【読書を身につけたい人にイチオシ!】
日本で最もインターネットに詳しい精神科医・樺沢紫苑氏が「記憶に残る読書術」を体系的にまとめた一冊。現代の社会人に即した様々なテクニックは秀逸!忘れない秘訣とは?


===================
書籍情報
===================
【書籍名】読んだら忘れない読書術
【著者名】樺沢紫苑
【出版社】サンマーク出版
【出版日】2015/4/14
【推薦度】★★★★★
【対象者】読む力を磨きたい人向け
【頁 数】251ページ
【目 次】
第1章 なぜ、読書は必要なのか? 読書によって得られる8つのこと
第2章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 3つの基本
第3章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 2つのキーワード
第4章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 超実践編
第5章「読んだら忘れない」精神科医の本の選択術
第6章 早く、安く、たくさん読める究極の電子書籍読書術
第7章「読んだら忘れない」精神科医の本の買い方
第8章 精神科医がお勧めする珠玉の31冊

 

===================
本書を読む理由
===================

・Facebookの投稿で注目されていたため

・読書習慣を教えるのに参考になると思ったため

・自分の読書習慣に自信を持つため

 

===================
1分間紹介文
===================

 

この前読んだ本、内容覚えていますか?
この前読んだ本、自分の意見を添えて他人伝えられますか?

 

ドキッ!とした方、ご安心ください。
本日ご紹介するのは、「忘れない」をキーワードにした読書術。

 

著者は、樺沢紫苑さん。
精神科医にして年3冊を出版する作家。メルマガ・SNSを通じて述べ40万人に発信し続けている、人呼んで「日本で最もインターネットに詳しい精神科医」として著名。

 

「本を読んでも忘れてしまう」
「時間がたつと覚えていない」
このような悩みを感じている人は非常に多いと思います。そして、この悩みが「恐怖」になってしまい、読書そのものから離れてしまっている人もいるのは、とても残念なこと。

 

精神科医の視点から、精神医学や脳科学的に裏付けされた
SNSのスペシャリストの視点から、各種ツールを使ったテクニック
作家であり読書家である樺沢さんが、現代人の日常生活に非常にフィットした形で、読書への「恐怖」を取り除き、「忘れない読書」を誰でも身につける方法をまとめたのが本書。

 

安心してください。
この本があれば、あなたも読書を味方にでき、成長を加速させることができます。読書習慣の専門家として、責任を持って、あなたにオススメします!!

 

読み終えた時、「この本のどこが良かったですか?」の質問に冷や汗をかく自分からサヨナラしている自分に出会えますよ(^^)

 

読んだら忘れない読書術

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

1年たって古くなるのが「情報」、10年たっても古くならないのが「知識」

 

本を読んで「1週間に3回アウトプットする」と記憶に残る。これが脳科学に裏付けられた記憶の法則

 

人生の1割に相当するスキマ時間を「浪費」に使うのか、「自己投資」に使うのか

 

私が考える「本を読んだ」の定義は、「内容を説明できること」、そして「内容について議論できること」です。感想や自分の意見を述べられなければ、本を読んでいる意味がないのです

 

「アウトプット」と「スキマ時間」。この2つを意識するだけで、あなたも「記憶に残る読書」ができるようになります

 

複数の切り口で人に紹介するためには、複数の視点で本を読むことが必要です。それによって、本を深く読み込んでいく能力も養われるのです

 

本を読み始める前に、ゴール(目的地)と行く方法(読み方)を決める

 

「読書」というのは、インプットの入り口であり、その著者からの学びの入り口

 

読書は「たくさん読む」よりも「何を読むのか」のほうが、10倍重要

 

「どの本が勧められているのか?」よりも、「誰が勧めているのか?」が重要

 

●電子書籍のメリット
(1)持ち運びが楽である
(2)本の保管が簡単である
(3)紙の本よりも安くて読書量が増える
(4)購入した直後から読め、時間節約になる
(5)いつでも好きなときに読み返せる
(6)秀逸すぎる「ハイライト」機能で復習が楽にできる
(7)満員電車の中で読みやすい
(8)老眼にやさしい

 

二刀流の宮本武蔵のように、紙と電子書籍の二刀流で読書する。スキマ時間を無駄にしないという意味と、記憶力を高めるという二重の意味で、効果的な読書術

 

あなたが「読みたい!」と思ったということは、あなたの直感が働いた証拠。潜在意識が「読め!」という指令を出した本なので、読むべき

 

本を最も活かしてくれそうな人にプレゼントすると、想像を上回るほど感謝されて、逆に恐縮してしまいます

 

あなたが自己成長すれば、たいていの問題は解決するはずです。少子高齢化が進み、日本経済が失速しても、自分が困らないように「準備」しておけばいいだけです。というよりも、自分自身で「準備」しなければいけません

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0168】書店で気になった本は積極的に読む

 

【15-0167】立場の違う複数の人に紹介することを意識して読む

 

【15-0166】読んだ本を1週間に3回アウトプットする

 

===================
今回のまとめ
===================

「忘れない」自分を手に入れ、読書を楽しもう!!

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

何事も身の丈の範囲内でやること。
今日はちょこっとそんなお話を。。。

 

何かって?
毎日腹筋をやっているのですが、
調子にのって上級者向けメニューをやったら、
腹筋の筋に沿って痛めました(;_;)

 

何事もホドホドに。。
ため息交じりの寝入りです(笑)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

読んだら忘れない読書術

b516

樺沢紫苑さん、とても自信になる一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間00分
カフェで一気に!

 







 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る