【シェア読書:498冊目】30代ビジネスマンの「太らない」「疲れない」21の習慣(水野雅浩)

【トータルコンディショニング!】
「食事」「睡眠」「運動」必須3分野の各7つずつの習慣を身に付けるだけで、「中身」と「見た目」のトップコンデションを保つことができる、ビジネスパーソン必見の健康管理本!







===================
書籍情報
===================
【書籍名】30代ビジネスマンの「太らない」「疲れない」21の習慣
【著者名】水野雅浩
【出版社】飛鳥新社
【出版日】2015/2/17
【推薦度】★★★☆☆
【頁 数】224ページ
【目 次】
1 健康マネジメントという「考え方」
2 7つの食事習慣
3 7つの睡眠習慣
4 7つの運動習慣
5 できる人のサプリメント活用術
6 一流の習慣をつくる方法論

 

===================
本書を読む理由
===================

・健康管理のモチベーションのために

 

===================
本書から得たいもの
===================

・健康管理のヒント

 

===================
1分間紹介文
===================

 

本書は、世界のエリートが実践している“健康マネジメント”を紹介した一冊。食事+睡眠+運動の必須3分野のトータル・ケアで、「中身」と「見た目」のトップコンディションが手に入るための方法を体系的にまとめる。

 

健康マネジメントは、今や一流ビジネスマンの「仕事」の一部として当たり前に実践していること。健康マネジメントを「食事」「睡眠」「運動」の3分野に分け、各分野とも提唱するのはわずか7つの習慣を紹介。1つ1つ身につけることで、あなたの資産価値はどんどん上がっていく!

 

●本書を身につけると得られるの7つのメリット
(1)無理なくあなたの「適正体重」に戻る
(2)マッサージいらずの「疲れにくい体」が手に入る
(3)肩こり・腰痛が軽減される
(4)「見た目年齢」が5歳若くなる
(5)健康マネジメントの「知識」と「選択基準」が手に入る
(6)あなたの年収がアップする
(7)ビジネスマンとしての「資産価値」が上がる

 

どんなに優秀でも不健康だと、良い仕事もできませんし、良い信頼も得られません。
自分のマネジメントをきちんとできない人が、仕事で良い結果を出すことができませんよね?

 

さあ、健康マネジメントをはじめましょう!!

 

30代ビジネスマンの「太らない」「疲れない」21の習慣

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

「健康でいることは仕事の一部」だ。ビジネスパフォーマンスを高めるための基礎となるのが健康だからだ

 

最短で最大のパフォーマンスを引き出すなら「食事」「睡眠」「運動」のすべてを全体的底上げしていく必要がある。掛け算と同じで、どれか1つだけ突出させても、他がゼロやマイナスなら無意味だ

 

太らないようにするには「野菜→肉・魚→白米」の順番に食べることだ。成分で言い換えると「食物繊維→脂質・タンパク質→炭水化物」になる

 

お昼は、定食屋で「鮭」や、納豆を積極的にとる。血管をケアし、疲れを除去してくれる

 

トマトジュースは、荒れた胃腸を整え、肝臓をケアしてくれる成分が多く含まれている。水分を補う上でも、効率がいい

 

「睡眠」は、脳と体の疲れを癒し、明日へのエネルギーをチャージする時間だ。睡眠の「質」を高めることで日中のパフォーマンスは変わってくる。少しの工夫で驚くほどの熟睡感が味わえる

 

体内時計を整えるには、朝起きたらすぐにベランダに出て「朝日を浴びる」ことだ。光を脳に届けることで、メラトニンの「朝減って夜増える」というリズムができる

 

週2回は23時前に布団に入り、0時〜2時にしっかり睡眠をとる

 

成長ホルモンが効率よく分泌されるには「空腹状態である」ことが大事だ。血糖値が高いと、成長ホルモンの分泌が妨げられてしまう

 

入浴時のポイントは、お湯の温度を40度くらいに設定することだ。熱いお湯は、交感神経を高め逆効果だ。40度で湯船に10分ほど浸かると、体温が38度まで上昇し、元気ホルモンが出やすい

 

良質な睡眠がとれない人は、心と身体が緊張状態になっている。ケアのためには、睡眠前のストレッチを習慣にする

 

「運動」のファーストステップは「姿勢」だ。姿勢を正すと、血液や酸素の「巡り」がよくなる。スッとした美しい立ち姿勢が手に入る。そして、体にかかる余分な負荷を軽減することができる

 

朝に差をつけるなら「スクワット」だ。ふくらはぎや太ももは、血液循環の重要なポイントだ。10回だけでも、血流がぐんぐん全身を巡る。一気に体が目覚めるはずだ

 

ウォーキングは、全身の筋力の80パーセント以上が参加する効率のよい全身運動だ。歩くスピードを上げるだけで、健康でいられる確率が約2倍以上アップする

 

歩幅を小さく足音を立てず、競歩のように走ることだ。仕事のパフォーマンスを上げるためにも、健康で、活力を持って働き続けるためにも、朝の15分スロー・ジョギングの習慣を手に入れることだ

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0015】寝起きにスクワットを10回する

 

【15-0114】週2回、23時に寝る

 

【15-0113】朝トマトジュースを飲む

 

===================
今日の一言
===================

身体は資本。適切に運用して最高の資産を築きましょう!

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

今日は風の強い1日。
花粉との厳しい戦いの1日でした(^^;
駐車している車が花粉でコーティングされているのを見たときは、さすがにゾッとしました(>_<)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

30代ビジネスマンの「太らない」「疲れない」21の習慣

b498

水野雅浩さん、気づき多い一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

00時間51分。
電車の中で効率的に。

 






 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る