【書評:423冊目】普通の会社員がフリーランスで稼ぐ(田中美和)

【自由だけど、どう働く?】
キャリアコンサルタント・田中美和氏が、『普通の会社員がフリーランスで稼ぐ』と題して、フリーランスを切り口に、持続可能な働き方を手に入れるための思考法とスキルを解説する一冊。

■書籍の紹介文

フリーランスという働き方。
どれくらい考えていますか?

 

本書は、”一億総フリーランス社会”という言葉が登場するほど多様化する働き方について、日経系メディアで培った視点から、持続可能な働き方を手に入れるための思考法とスキルを解説する一冊。

 

フリーランスを単純に推奨するわけではなく、客観的にまとめているのが好印象。
フリーランスという働き方の現状を知るのに適しています。

 

自分の働き方と照らし合わせながら、働き方を考えるのに有用です。
過度に不安になったり、真偽が定かでない情報に流されたりしないためにも一読の価値ありです。

 

労働市場は、これからどうなっていくのか。
自分の働き方をどう考えればいいのか。

 

変化に負けないキャリアを構築するために。
本書を役立ててみてください。

 

◆自分の仕事、会社員である必要ありますか?

普通の会社員がフリーランスで稼ぐ
田中美和 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-9-26
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

「個人がキャリアのイニシアチブを取る時代がやってきた」

 

インターネットを介してフリーランスが仕事を請け負うためのプラットフォームを提供する「クラウドソーシング」の会社は増えつつあり、今年5月には業界団体「クラウドソーシング協会」も設立されています。

 

「フリーランス」とは、
組織や団体に雇用されることなく、自らの能力を提供することの対価として報酬を受け取るワークスタイルを指します。
雇用されているわけではないので、企業と仕事をする際には業務委託契約などを結んで行う形が一般的です。

 

●フリーランスという働き方の特徴
(1)時間や場所の制約を受けにくい
(2)自分主導でキャリアデザインがしやすい
(3)成果に対して報酬が得られる

 

フリーランスの活用法に関しては、大手と中小・ベンチャーで多少の違いがある

 

自分が本当に取り組みたい仕事に集中してキャリアを積むことができて、プライベートライフとのバランスもとりやすいフリーランスが総合職にとって、ひとつの生き方の選択肢になっている

 

人口減少により優秀な人材のパイが限られる中、スピーディな人材調達の手法として、外部のフリーランス人材の重要性が高まっています。

 

企業は必要なときに必要な分だけ業務を発注することが可能になり、本来固定費であるはずの人件費の一部を変動費化することができます。

 

(コワーキングスペース等)
場をシェアすることが、互いの人脈や知見をシェアすることにもつながっている

 

●文系総合職フリーランスが身につけるべき6つのスキル・経験
1.リーダー職以上の経験
2.コアな専門ジャンル
3.プランニングから実行までの経験
4.タイムマネジメントスキル
5.提案力、改善力、対応力
6.コミュニケーションスキル

 

「自分の強みは何か?」
「自分には何ができるのか?」
「相手は自分に何を期待しているのか?」
これらを明確にし、自分を「客観視する」ということです。
自分の価値=バリューが何にあるのかを正しく把握するということ

 

限られた時間、環境下でクライアントの要望をくみ取り「確実に動く」「確実にやり遂げる」そうした「確かさ」は非常に重要なポイント

 

●文系総合職フリーランスを目指すためにいますぐやるべき10のこと(抜粋)
(1)自分の”コア”を見極める
(2)キャリアをタテ・ヨコ両方から深掘り展開する
(3)仕事の”再現性”を手に入れる
(6)人との「つながり力」を最大化する
(7)日々の”発信する”を習慣にする
(8)”サバイバル資金”を見極め、貯める

 

仕事の納期や成果に達するまでのセルフコントロールスキルがない方は、フリーランスとしてなかなか活動するのは難しい

 

”サステナブルな働き方”を実現するために必要なのは、働き方の多様性と柔軟性を確保すること

 

■【実践】3個の行動ポイント

【423-1】「自分の強みは何か?」を書き出す

【423-2】「自分には何ができるのか?」を書き出す

【423-3】「相手は自分に何を期待しているのか?」を書き出す

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】普通の会社員がフリーランスで稼ぐ
【著者名】田中美和著者情報
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
【出版日】2014/9/26
オススメ度★★★☆☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワードフリーランス働き方稼ぐ力
【頁 数】184ページ
【目 次】
はじめに 個人がキャリアのイニシアチブを取る時代
第1章 フリーランス新時代の到来
第2章 いま、総合職系フリーランスが求められる理由
第3章 文系総合職フリーランスになるために
おわりに サステナブルな働き方を手に入れるために

 

この本が、あなたを変える!

普通の会社員がフリーランスで稼ぐ
田中美和 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2014-9-26
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

田中美和さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:423冊目】普通の会社員がフリーランスで稼ぐ(田中美和)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る