【シェア読書:552冊目】すごい人のすごい流儀(伊藤正二郎)

b552
【コンセプトを定めよう!】エイベックススポーツ社長・伊藤正二郎氏が、トップスターと実践してきたブランディングを、一般向けに体系化した一冊。ふつう」から抜け出し、思い通りの人生を手に入れる方法とは?


===================
書籍情報
===================
【書籍名】すごい人のすごい流儀
【著者名】伊藤正二郎
【出版社】サンマーク出版
【出版日】2015/5/15
【推薦度】★★★☆☆
【対象者】生き方に迷ったときに
【頁 数】202ページ
【目 次】
第1章 「すごい人」は自分を一言で表せる
第2章 「すごい人」は一本筋が通っている
第3章 「すごい人」はなにがなんでもやめない

 

===================
本書を読む理由
===================

・表紙に興味を惹かれたから

 

===================
1分間紹介文
===================

 

あなたの軸となるコンセプトはなんですか?

 

著者は、伊藤正二郎さん。
エイベックス・スポーツ株式会社代表取締役社長。
エンタテインメント業界で培ったノウハウを活用したマネジメントとブランディング手法でスポーツ、トップアスリートなどの価値最大化を実現している。

 

自分のコンセプト
急に問いかけられて「自分のコンセプトは〜」と説明できる人は、これを読んでいないでしょう。

 

本書は、メジャーリーガーのダルビッシュ有選手やサッカー日本代表の本田圭佑選手といったスーパースターたちのブランディングを担当している著者が、「セルフブランディング」の観点から誰でも社会的存在感や好感度を高められる方法をまとめた一冊。

 

本書で紹介するセルフブランディング手法「3C
(1)Concept:「コンセプト」を決める
(2)Consistency:外見・主張・行動にコンセプトを反映し、「一貫性」を持たせる
(3)Continuity:一貫性を「継続」する

 

「コンセプト」を決める。
コンセプトを外見・主張・行動に反映し、「一貫性」を持たせる。
一貫性を「継続」する。
この3ステップで自分の社会的影響力や魅力が高まる方法、自分の価値を高める生き方をぜひ身につけましょう!!

 

b552

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

人の価値を高めるなら、まずコンセプトを決め、外見・主張・行動に反映させ、一挙手一投足に一貫性を持たせる。これを続けることで、その人のコンセプトが、認知・共感されるようになる。

 

コンセプトとは、その人の強みや、物事に対する姿勢、雰囲気、イメージなどを表すもの

 

コンセプトを表す言葉は、文章でなく単語にすること

 

自分を単語で表す。これは裏を返すと、自分を単語で表せる生き方をしようということだ。「すごい人」といわれる人ほど、それを実践しているものなのだ。

 

短所だらけのコンセプトも、ポジティブワードに置き換えれば、長所ばかりのすばらしいコンセプトになる。そこに正解はないし、優劣もつかない。誰もが「すごい人」になる魅力を持っているのだ。

 

いつもコンセプトを基準に選択し続ければ、人生は、自分のコンセプト通りになる。やがて、一本筋の通った「すごい人」になれるはずだ。

 

どんな場面でも最終的に選択をするのは他の誰でもなく、自分だ。一貫性がなければ、自分の価値は、決して今以上にはならない。

 

「すごい人」たちは、育った環境や各々の性格はまったく違う。それでも、ルールを決めたら絶対やり通す。この一点だけは共通している。ルールを決めたら、なにがなんでも貫き通すのだ。

 

まずはコンセプトに則った小さなルールを決めることだ。継続は力だ。ルールが習慣になれば、コンセプトが定着する。そうなったら、しめたものだ。

 

あなたのコンセプトを、人々に認知・共感させるためには、一貫性を持たせるだけでなく、それを継続することが不可欠

 

人も、付加価値を持つ人には、必ず「欲しい」と名乗りをあげる人が出てくる。だから「継続」が重要なのだ。自分のコンセプトを反映し、一貫性のある生き方を続ければ価値は絶対上がるのだ

 

今まで漠然と飲み屋に立ち寄ったり、だらだらとスマホでゲームをしていた時間を、自分の価値を高めるために使ってみること

 

陰口や嫌がらせは、相手に妬みや焦りを覚えさせるほどの力を持った証だ。気にしないことだ。誰の記憶にも残らないほうが怖い。嫌われたら「ファンが増えるチャンス」と考えればよいのだ。

 

「なんのために生きているのか」と自問することのほうが重要

 

何事も継続が一番難しい。挫折しそうなときもある。そんな時は、自分が「何のために生きているのか」を考えることだ。「生きる意味」を考えることこそ、3Cを成功させる秘訣なのだ。

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【552-3】「自分」と考えたときに浮かぶ言葉を書き出す

 

【552-2】自分の価値について考える時間を設ける

 

【552-1】自分のコンセプトとなる単語を決める

 

===================
今回のまとめ
===================

ブレないヤツは、カッコイイ!!

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

本日は、非常に濃い1日でした。。
仕事もプライベートも充実。
楽しかったです(^^)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

すごい人のすごい流儀

b552

伊藤正二郎さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間08分。
通勤時間にて。

 



 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る