【書評:1809冊目】「パラレルインカム」のはじめ方(泉正人)

【収入という果実が実る木を複数育てる生き方】
ファイナンシャルアカデミー代表・泉正人氏が、『「パラレルインカム」のはじめ方』と題して、2つの収入源を軸とする、パラレルインカムという生き方を提唱する一冊。

■書籍の紹介文

将来のお金に対する不安。
MAXを10として点数をつけると、何点ですか?

 

本書は、「労働所得」と「資産所得」という2つの収入を武器に、生き方の選択肢を広げていく『パラレルインカム』という生き方を提唱する一冊。

 

この記事に興味をお持ちの時点で、不安なしの0点をつけられる方は少ないでしょう。
おそらくは、7〜10の点数をつける、小さくない不安を抱えていることとおもいます。

 

このように、自分が現状をどう捉えているかを可視化しておくことはとても大切です。
簡単な点数づけから、「なんでその点数?根拠は?」と自分を掘り下げていく糸口にもなります。

 

自分が抱えている不安の正体がある程度みえてこそ、はじめて「どうしていこうか?」を考えられるようになります。
そして、この「どうしていこうか?」を考える際に1つの叩き台になるのが本書です。

 

著者は、提唱する「パラレルインカム」をつぎのように定義しています。
自らの労働することによって得られる「労働所得」と並行して、働かなくても自動的かつ定期的に得られる「資産所得」(「不労所得」ともいいます)を手に入れる生き方』と。

 

労働所得を元手に、収入という実りをもたらす”資産”という木を1本ずつ植えていく。
木が増えるにつれて実りも増えて、やがては精神的にも経済的にも豊かな”森”となる。

 

”森”がもたらす実りで生活しながら、自分は好きな仕事に没頭して日々を充実感に満たされながら生きていく。
これが「パラレルインカム」のおおまかなイメージです。

 

ポイントは、「労働所得」を維持し続けること
「資産所得」だけの悠々自適な生活では、人の心を満たすことはできないと著者は指摘します。

 

「役に立てている」「必要とされている」といった『社会とのつながり』。
これを感じられることで、人の心は満たされると問います。

 

本書では、「パラレルインカム」という生き方をはじめるにあたって、まず理解するべき知識がまとめられています。
スクールを運営されている著者ならではの、学びやすい”テキスト”といった印象を受けます。

 

著者は、成功するかしないかの差は、”知識”であるといいます。
学んだことを再現していくために必要な”知識”を、どれだけ速く的確に身につけるかが勝負。

 

20年継続するスクールで磨き上げられたメソッドが、「初学者向け」となって、この本に集約されています。
あとは、あなたに身につける意志があるかどうかのみです。

 

さいごに、「パラレルインカム」によって手に入る”5つの自由”を記しておきます。
①お金の自由
②時間の自由
③人間関係の自由
④住処の自由
⑤仕事の自由

 

◆実りをもたらす森を育てる。

「パラレルインカム」のはじめ方
泉正人 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2022-2-18
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

自らの労働することによって得られる「労働所得」と並行して、働かなくても自動的かつ定期的に得られる「資産所得」(「不労所得」ともいいます)を手に入れるという意味で、パラレルインカムという言葉を使っています。

 

「経済的自由」とは、「生活費<資産所得(不労所得)」で、何もしなくても生活していくために必要とする以上のお金が不労所得により入ってくる状態、ということです。

 

●人生を自由にするための「お金の7か条」
①欲しいものを買う前にお金を迂回させる
②資産運用=「自転車の運転」と考える
③「世界の中心は信用で回っている」と考える
④お金に働いてもらうことをポジティブにとらえる
⑤失敗から学ぶのではなく、成功から学ぶ
⑥投資の「本当のリスク」を知り、コントロールする
⑦お金の使い方を知る

 

お金を使っても、翌月にはまた資産からの収入が入ってくる不労所得を増やさないことには、いつまで経っても私が何度も感じている不安は払拭できないとわかったのです。
そうなると、答えは一つ。
資産に働いてもらって、効率的により多くの収入(所得)が得られる投資を行えばいい。
そうわかったのです。

 

パラレルインカムのあり方は「支出のサイズ」「仕事のサイズ」「拠点の数」で方向性を分類できます。

 

「労働収入に加えて、資産所得もある状態」というのが大きなポイントです。

 

私たちはお金の自由があるからこそ、時間の自由が得られます。
好きなときに好きなだけ好きな場所に旅行に行けるのも、お金の自由と時間の自由があるからです。
そして、お金の自由は仕事の自由や住処の自由を実現させてくれます。
お金の制約がなければ、私たちは好きな場所でやりがいのある仕事に没頭できます。
時には別荘地で働くのも楽しそうですし、お金にならなくてもやりがいのある仕事を選択できるというのは大きな充実感につながります。
また、仕事の自由があれば、苦手な人と毎日顔を突き合わせる必要もなくなり、気心の知れた人たちと切磋琢磨しながら自分の能力を高めていくことができます。

 

人生における自由とは「すべて自分で判断できる状態」、そして「自分で判断したことに責任を持つ状態」です。

 

●パラレルインカムを実現する4つのステップ
ステップ1:労働所得を増やす
ステップ2:資産構築をする
ステップ3:資産所得をつくる
ステップ4:仕事でも自己実現を達成する

 

資産構築の第1の方法は、支出をコントロールすること。
第2の方法は、投資によって資産を増やすことです。

 

●ステップ3で不動産投資が適している理由
(1)インカムゲインがあるから
(2)原本を大きく毀損しないから
(3)期限なく持ち続けられるから

 

自由な時間を手に入れたらやってみたいことを書き出してみましょう。

 

FIREの「4%ルール」では1億円の資金が必要でしたが、不動産投資の「20%ルール」では、たった2000万円の資金があれば同じ目標を達成できます。
単純に計算して5倍の速さです。
これこそが、「パラレルインカムはFIREの5倍ラク」という根拠なのです。

 

経済的な心配・不安が軽減されたことで、「お金が理由で家族に迷惑をかけるのではないかと心配しなくてもいい」という自信が芽生えてきました。

 

不労所得は精神的な余裕と、何の制約もなく自由にデザインできる人生、言い換えれば、いつでもチャレンジへの切符をもたらしてくれると思います。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1809-1】『人生を自由にするための「お金の7か条」』を常に意識してお金を使う

【1809-2】自分にとっての「支出のサイズ」を決める

【1809-3】自由な時間を手に入れたらやってみたいことを書き出す

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】「パラレルインカム」のはじめ方
【著者名】泉正人著者情報
出版社ディスカヴァー・トゥエンティワン
【出版日】2022/2/18
オススメ度★★★☆☆
こんな時にお金と賢く付き合いたいときに
キーワード資産形成お金生き方
【頁 数】309ページ
【目 次】
第1章 精神的にも経済的にも自由になる「パラレルインカム」とは?
第2章 人生を自由にするための「お金の7か条」
第3章 私はこうして「ストレスのない自由な人生」を手に入れた
第4章 パラレルインカムで手に入る「5つの自由」
第5章 パラレルインカムを実現する4つのステップ
第6章 なぜパラレルインカムは「FIREの5倍ラク」なのか?
第7章 パラレルインカムを実現した6人のリアルストーリー

 

この本が、あなたを変える!

「パラレルインカム」のはじめ方
泉正人 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2022-2-18
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

泉正人さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る