【書評:1727冊目】できる30代は、「これ」しかやらない(松本利明)

【30代はキャリアの分岐点】
HRストラテジー代表・松本利明氏が、『できる30代は、「これ」しかやらない』と題して、自分らしく活躍するキャリアのために役立つ、速くラクに市場価値を高める方法を解説する一冊。

■書籍の紹介文

30代の働き方。
どんなイメージをもっていますか?

 

本書は、『30代は結果を出してナンボの世界』だと提起し、速く効率的に成果を出していくためにすべきことを解説する一冊。

 

自分が費やす「労力」と「コスト」。
これに対して、どれだけの「成果」が得られるのか。

 

30代は、この点にどこまで拘るかが勝負である。
まさに”人生の分岐点”となる時期なのだと、著者は力説します。

 

拘らずに仕事をする→「永遠の作業員」
拘り続けて仕事をする→「自分らしく活躍する人」

 

30代の歩み方次第で、続く40代以降のキャリア(人生)が決まる
あなたはどちらへ進みたいのか?と、グイグイと著者は迫ってきます。

 

当然ながら、多くの人は「自分らしく活躍する人」になりたいとおもうでしょう。
では、どうすれば望む道へと分岐点を通り過ぎることができるのか。

 

本書では、そのための「働き方」をストレートに提示してくれます。
著者自身の激動の30代をふり返りながら、今まさに分岐点に差し掛かった”後輩”に向けて語りかけます。

 

抑えるべきポイントが、わかりやすくまとめられています。
自分が必要だとおもう項目から学び、「成果」を得るために自分のアップデートを開始してください。

 

◆30代の”成果主義”仕事術!

できる30代は、「これ」しかやらない
松本利明 PHP研究所 2021-10-27
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

30代は20代と違って、結果を出してナンボの世界。
であるなら、「脱皮」するには、有利な餌場でラクに速く育ち、羽化しやすい環境にいることが一番です。
そのために求められるのは、自分に向いている環境(業界、会社、職種)に身を置くことです。

 

自分の得意、向いている=持ち味を活かせる環境を選ぶこと、その方法を知れば、好きな仕事・やってみたい仕事で楽しく結果を出せるようになります。

 

組織の中にいる30代は、挑戦しても致命傷を負うリスクはありません。
周りがサポートしてくれますし、責任を取らされるのはあなたではありません。
その上司です。
ちゃんと逃げずにやったのなら、実質、評価も落ちません。
組織の中にいれば無謀な挑戦などはありません。
「安全と挑戦」はセットです。

 

キャリアの面積は人軸×場所軸で決まります。
人軸とは、あなたの能力(資質・スキル・経験)、場所軸は、働く場所(業界・会社・職種・役職/仕事)です。

 

誰もが強みとしてアピールするスキルや実績の裏に着目し、誰もが苦手であなたが得意な実績を見つければ、あなたの独壇場になります。

 

ある課題に対して、「どうすればできるか?/解決するか?」を問い、打ち手を出していき、その中からスジのよさそうな打ち手を選ぶのです。

 

ビジネスの修正のためのチェックリストは、以下の5W2Hで作るといいでしょう。
①どんな時に時間がかかるか?想定外が起こるか?(When)
②どのシチュエーションのトラブルが起きるか?(Where)
③誰と仕事をしているとトラブルが発生しやすいか?(Who)
④何をしている時にトラブルが発生しやすいか?(What)
⑤どの打ち手がまずかったのか?うまくいきにくいのか?(How)
⑥どれだけの量をやった時にペースが狂うのか?(How much)
⑦なぜ、それがダメだったのか?(Why)

 

最初の10分で「相手のいる仕事」を一気に片付けて、途中で邪魔が入る懸念を一気に排除してしまうわけです。
そして、あとはじっくりと自分一人でできる仕事に集中するのです。

 

評判と実際に行動が一致しているか。
言っていることとやっていることが一致しているか。
そのことを自分でも常にチェックするようにしてください。

 

人間関係の温度差は、その人についての情報量と相関するのです。
その事実に気づいたら、苦手な人の、苦手と感じる情報以外を知るようにしてみてください。

 

仕事ができなくて怒られたとしても「たかが仕事」「この仕事ができなくても別に命を落とすわけではない」と開き直ると、心がラクになります。

 

根回しの本質は「反対意見を事前に把握しにいくこと」です。

 

感謝で「人を動かす」ためには、「相手にやってもらいたい行動」に「感謝の言葉」を加えること。
これが基本形です。

 

信用と信頼を同時に積み上げるのは「一貫性」です。

 

つながりたい人との絆を深める簡単でお得な方法は、お互いに興味のありそうなイベント情報を共有することです。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1727-1】「自分の持ち味が活きる環境」を常に模索する

【1727-2】苦手な仕事を書き出し、「逆に」を使って得意なことを考える

【1727-3】評判と行動が一致しているかを常に意識する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】できる30代は、「これ」しかやらない
【著者名】松本利明著者情報
出版社PHP研究所
【出版日】2021/10/27
オススメ度★★★☆☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード30代働き方マインド
【頁 数】240ページ
【目 次】
序章 「これだけ」やれば困らない5つのポイント
第1章 30代の仕事の悩みを因数分解する
第2章 あなたの知らない強みの見つけ方・活かし方
第3章 「効果の出る仕事」に集中せよ
第4章 「最短で成果を上げる仕事」にこだわろう
第5章 ストレスゼロの「対人関係術」
第6章 30代からの「社内政治の教科書」
第7章 得意な人を増やす人脈術

 

この本が、あなたを変える!

できる30代は、「これ」しかやらない
松本利明 PHP研究所 2021-10-27
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

松本利明さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る