【シェア読書:164冊目】人生を変える行動科学セルフマネジメント(石田淳)

b164
※画像をクリックするとAmazonリンクに飛びます

【自分を変えたい人は必読の書!】行動科学の第一人者・石田淳氏が、誰にでもすぐ始められる人生を変える行動習慣マネジメントをまとめた一冊。行動を変えれば、人生は確実に変わる。あなたは変わりたいですか?






===================
書籍情報
===================
【書籍名】人生を変える行動科学セルフマネジメント
【著者名】石田淳
【出版社】大和書房
【出版日】2013/7/21
【推薦度】★★★★★
【対象者】自分を変えたい人向け
【頁 数】216ページ
【目 次】
第1章 あなたがなかなか変われなかったワケ
第2章 人生を台無しにする習慣をなくす
第3章 思い込みのワナに気づく
第4章 小さな習慣をはじめる
第5章 落とし穴をよける
第6章 自分で自分を認めるために

 

===================
本書を読む理由
===================

・行動科学に興味があるため

・じぶんの行動をより良くするキッカケが欲しかったため

 

===================
本書から得たいもの
===================

・行動科学の実践方法

・自分の行動を変えるキッカケ

 

===================
1分間紹介文
===================

 

本日ご紹介するのは、「行動習慣」に関する一冊。

 

著者は、石田淳さん。
行動科学マネジメントの第一人者として普及活動をつづけているプロフェッショナル。

 

まずは読む前に約束してください。

 

「本書を読み終わったら、その瞬間から行動を開始します」

 

よろしいですか?

 

約束出来る方だけ、先にお進みください。

 

あなたの人生を切り拓いていく、行動マネジメント。

 

あなたは変わりたいですか?

 

この本は、効きます。

 

人生を変える行動科学セルフマネジメント

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

人が損を確定したくないのは、「自分の失敗を認めたくない」ということでもあります。それだけ私たちは、失敗することを恐れています。

 

マインドマーク(自動思考)とは、人の頭の中に、無意識のうちに流れている言葉のことです。
私たちの頭の中には、目の前に起きていることとは関係のない言葉が絶えず流れています。
その数、1日に7万回とも言われています。

 

認知のゆがみを起こしがちな人間の特性を踏まえたうえで、いい結果につながる行動を科学的にとれるようにすればいいのです。それこそが、本書のメソッドです。

 

最も重要なのは行動なのですから、「人間としての意志や感情」に期待しすぎないこと

 

自分で自分の感情に火をつけてしまうタイプの人に知っておいてほしいのは、「怒りなどの突発的なマイナス感情は30秒で収まる」ということです。
<30秒をやり過ごす2つの方法>
(1)右手をギュッと握る
(2)呼吸を数える

 

●ネガティブな感情を抑える方法
(1)手首の輪ゴムを弾く:マイナス思考が浮かんだら指で輪ゴムを弾く
(2)輪ゴムやクリップを移動する:マイナス思考が浮かぶ度に、右手首→左手首、クリップを右ポケット→左ポケット。

 

どんなに不愉快だったことも、その人の頭の中に存在しているだけで、今という現実には存在しません。
だから、過去にとらわれている人は存在しないものにとらわれているだけなのです。

 

何が起きても、ただ「目の前の事実」にのみ意識を向け、それに対する印象や考え、好き嫌いといった感情を入れずに、そのままの状態で受け止めます。

 

怒りの原因が自分の外にあるととらえることは、自分と言う人間が、周囲の環境や他人の言動に左右されているということにほかなりません。
自分という車のハンドルを握っているのが他人だなんて、面白くないことだと思いませんか?

 

●MORSの法則(行動科学マネジメントが認める行動)
・M:Measured(計測できる)
・O:Observable(観察できる)
・R:Reliable(信頼できる)
・S:Specific(明確化された)

 

今の自分を変えるということは、別の人格にすり替わることではなく、今の自分がよりよくなること。
それは、一気にではなく「少しずつ」であるべきだということを知っておいてください。

 

毎晩寝る前に1日を振り返り、よかったことを三つ探してみましょう

 

「100を求める」思考は、自分に強いストレスを与え続けることになります。
もっと自分を許しましょう。もっと自分を褒めましょう。「23」でも「74」でも充分に成果が出ているのです。その数値をきちんと見据えて評価しましょう。

 

ときには「やりたくない自分」を認めるのも大事なこと

 

まずは5分、何かできることはありませんか?
その5分を1か月続けられたら、あなたは確実に変わります。

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0024】寝る前に、1日の良かったことを3つ上げる

 

【15-0023】「目の前の事実」に集中する

 

【15-0022】「不愉快は自分の頭の中にしかない」と意識する

 

===================
今日の一言
===================

ローマは1日にしてならず。
1日5分の行動が、バラ色に輝く人生に繋がる!

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

今年はとりあえず浮かんだことを書き出すようにしています。
書いたことで頭を空っぽにできる感覚があり、イイ感じです♪

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

人生を変える行動科学セルフマネジメント

b164
※画像をクリックするとAmazonリンクに飛びます

石田淳さん、非常に分かりやすい一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間46分。
カフェでじっくりと。

 







 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る