【書評:1356冊目】仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!(飯田剛弘)

【時間効率と成果の話】
情熱マーケッター・飯田剛弘氏が、『仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる』と提起し、時間効率を上げる仕事術を解説する一冊。時間効率が向上するごとに、成果の質が変わる!

■この本の紹介文

やり直しや修正。
仕事をする上で、どれくらい発生していますか?

 

本書は、著者のトライ&エラーの経験則から導き出した、要求される期限内に成果を出すための「スケジュール管理方法」を解説する一冊。

 

仕事をする上で、やり直しや修正はどうしても発生します。
立場が下の人ほど、そう思う回数が多いことでしょう。

 

ですが、発生するのを当たり前と思ってしまうかどうか。
ここが、仕事の成果を大きく左右するポイントになります。

 

要するに、発生したときに「なぜ発生してしまったのだろうか?」「どうすればなくせるだろうか?」と思えるかということです。
こう思える人ほど、仕事で成果を上げ、評価を獲得するのです。

 

本書は、「なぜ?」「どうすれば?」を求めるアナタへ、著者の経験則に基づくテクニックを伝授していきます。
コレは!と思ったものだけを取り入れるだけでも、パフォーマンスは向上しそうです。

 

自分に変わって、著者が多くの失敗の上に得てくれた教訓。
そう思い、積極的に実践してみたくなる一冊。

 

◆合理的に、成果を上げよ!

仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!
飯田剛弘 明日香出版 2018-12-6
売り上げランキング:4,750
Amazon 楽天

■本がわかる!15の要約ポイント

週に2,3回、まとまった空き時間を確保しておくと、突然のトラブルや仕事に柔軟に対応できる。

 

仕事が終わるまでの所要時間を見積る時、精度に自信がない場合は、当初思った時間の1.5倍くらいを見積もっておくことだ。

 

切り替えコストとは、ある仕事を行っている時に、別の仕事に着手する際に発生するストレスのことだ。
仕事の切り替えを繰り返すと、脳が疲弊し、集中力が落ちる。
そのため、仕事がはかどらなくなる。

 

依頼や伝え方を見直すことも重要だ。
期待と違う成果物ができるのは、依頼者が「当たり前」「普通」「常識」と思っていることをきちんと説明していないからだ。
また成果として具体的に何を求めているかを説明せず、やり方の説明に比重を置いてしまうからだ。

 

5分以内に終わる仕事はすぐにやる。
すぐできることを今やらないと、時間が経つほど、仕事の利子がついてくる。

 

スケジュールを立てる時、完成基準が明確でないと仕事が完了できない。

 

●完成基準を明確にする3つの問い
(1)なぜ成し遂げたいのか?その理由は何か?
(2)獲得したい成果は何か?
(3)いつまでに成し遂げたいか?

 

自分でコントロールできない時間は減らすことだ。
一番ムダな時間は「待ち時間」だ。
昼食、トイレ、食後の歯磨き、会議室の予約、コピーや印刷機の使用などがあてはまる。

 

スケジュールを考えるとき、考えておくべきことは、支援してくれる人のスケジュールを確認しておくことだ。

 

情報や資料を同じところにまとめて管理し、タスク置き場の数を減らしていくことだ。
ポイントは、同じところに資料や情報を集め、まとめることだ。
さらに業務の種類で整理すると効果的だ。

 

得意な時間帯は、人それぞれ違う。
自分が最も集中できて、パフォーマンスが上がる時間帯を把握し、その時間帯を最大限活用するために、外部から邪魔されず集中できる環境を作る。

 

今日中に終わらせなければいけない作業が残っている時は「タイマー」を使うことだ。
デッドラインの意識が強くなり、集中力が上がる。

 

●目標設定に入れる5つの要素
(1)具体的でわかりやすい
(2)測定可能で数字になっている
(3)達成可能で、現実的
(4)会社や自分の目標と関係している
(5)期限が明確になっている

 

時間もお金のように予算管理するべきだ。
すなわち「入ってくるもの」と「出ていくもの」を計画するのだ。
勤務時間8時間をどのように使うかを真剣に考えるのだ。

 

どんな状況でも成果を出すのがプロだ。
変なこだわりで感情的に判断するべきではない。
合理的に短時間で成果を出す方法を考えて実行するべきだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1356-1】切り替えコストを極力減らすように仕事を管理する

【1356-2】タイマーを使って集中力を高める

【1356-3】時間の予実管理を仕事に取り入れる

 

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!
【著者名】飯田剛弘
出版社明日香出版社
【出版日】2018/12/6
オススメ度★★★☆☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード働き方準備力問題解決
【頁 数】240ページ
【目 次】
第1章 なぜギリギリになってしまうのか?
第2章 アタマの切り換えを減らす
第3章 仕事のスケジュールを組むための「仕分け術」
第4章 「いつまでに」を癖にする「デッドライン」の守り方
第5章 振り回されない「コントロール術」
第6章 探す時間を減らす「タスク置き場」の作り方
第7章 時間効率を上げる「ちりつも力」
第8章 仕事のやり直しを防ぐ「逆算思考術」
第9章 時間は金よりケチって使え!

 

この本が、あなたを変える!

仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!
飯田剛弘 明日香出版 2018-12-6
売り上げランキング:4,750
Amazon 楽天

 

飯田剛弘さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1356冊目】仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!(飯田剛弘)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る