【シェア読書:1104冊目】年をとるほど賢くなる「脳」の習慣(バーバラ・ストローチ)

【中年は老いの入り口にあらず!】
サイエンスライター・バーバラ・ストローチ氏が、最新の脳科学研究でわかった、年をとるほど賢くなる脳の習慣をレポートする一冊。40〜65歳の中年期は、脳が覚醒する時!

■この本の紹介文

最近、人の名前が思い出せない…。
歳とったのかなと、落ちこんでいませんか?

 

本書は、最新の脳科学研究に基づき、中年以降に武器となる、脳が活性化していくエクササイズ・食生活・脳トレなどの習慣をまとめた一冊。

 

「人間の脳は、年齢とともに衰える」
この本は、この従来の定説が間違っており、脳はどんどん成長していくものだと提唱します。

 

中年期こそ、脳を最も効率よく使いこなせて、その状態が長く続く時期である
脳に関する誤解を解きながら、中年期の脳の素晴らしい能力を明らかにしていきます。

 

もちろん、ただ中年を迎えるだけでは、脳は覚醒しません。
覚醒を促すために必要なエクササイズ・食生活・脳トレなどの習慣が提示されています

 

難しいことは、何ひとつ書かれていません。
日常生活にちょっとしたコツを加えるだけで、脳力は飛躍的に引き出せるのです。

 

中年。
まだまだ塞ぎ込む時期ではありません。
新たな脳力を手に、覚醒するときなのです!

 

◆脳は、まだまだ力を秘めている!

■本がわかる!15の要約ポイント

脳は、経年劣化しない。
中年脳には驚くほど能力があり、意外な才能がある。
中年は、人生で最も満たされ、最も効率よく脳を使いこなすことができる人生でも特別な時期なのだ。

 

脳は、中年期に能力の頂点に達し、長い間その頂点を維持する。
人生の方向を定める助けとなり、混沌の中から解決策を見出し、無視すべき人や事柄を見定め、曲がるタイミングを教えてくれる。

 

記憶力は、名前を覚えるのに関係があるが、これは加齢とともに衰える。
ただ、人物や仕事、お金の出し入れなど、自分たちを取り巻く世界について的確に判断する力は強くなる。

 

加齢に伴って、脳は衰えるどころか強力になり、問題を解決するために、より多くの部分を使うようになる。
そして、そのような脳の活用法を学ぶことは、高機能の認知能力を持つ人なのだ。

 

場合によって中年は脳の片側だけでなく、両側を使い始める。
脳の強力な前頭皮質の力を活用する人は、特に研究者が「認知的予備脳」と呼ぶ能力が発達している。
これは議論が要点に達するのを助ける。

 

脳細胞の生成方法も様々だ。
そして、新しいニューロンが生成されるのは、エクササイズをしている時や、複雑な課題や特定の目標に集中している時と言われている。

 

定期的に行える、心拍数と血流をあげるエクササイズは、新生ニューロンに活気を与える。
だから、毎日30分は運動をすることだ。

 

ブルーベリー、ホウレンソウ、または藻の一種スピルリナをエサに混ぜて与えたラットでは、脳細胞の損失が少なく、脳卒中の後の運動機能回復も改善されたのだ。

 

成績が最もよかった犬は、トマト、ニンジンの細粒、柑橘類の果肉、ホウレンソウのフレーク、ビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化物質を与えられていた犬だ。
これは、脳の機能を維持する食物の例だ。

 

カロリー制限も脳いい。
カロリー摂取量を30%を減らすことで、神経変性疾患の遅延や予防、新しいニューロンの誕生を促すという証拠もあるのだ。

 

「人生を楽しく過ごす」ことも脳には良い影響がある。
たとえば、結婚に満足している人や、一人身であっても、他人との交わりが多く、ペットとのかかわりがある人は、脳がより健全だ。

 

自己イメージも重要だ。
ある研究では、年長者の記憶は加齢についての肯定的な単語を見るだけで改善することがわかった。
また、他の人とのかかわりでストレスを緩和できるなら、脳に効果がある。

 

速歩きして血圧を下げ、脳卒中を避ければ、人は元気で、調子よく生きていける。
少なくとも、今の中年脳は、20年前の似た境遇の中年脳に比べても、すでにかなりよくなっているのだ。

 

真の年齢は、生後何年経ったかでなく、この先何年生きるかで決めるべきだ。
米国の国勢調査を分析すると、中年は男性で58歳、女性は63歳から始まる。
老人になるのは、男性73歳、女性は78歳からだ。

 

年をとった脳が経験する変化は、災難ではない。
この星が、驚くほど有能な成人の脳の惑星に変わっていくことなのだ。
中年は、まだ時間があり、十分機能しているうちに準備をするべきだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1104-1】心拍数と血流を上げる運動を習慣化する

【1104-2】カロリー摂取量を30%抑える

【1104-3】楽しかったことを思い出してから寝る

 

■ひと言まとめ

老いるのではなく、進化し続ける!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】年をとるほど賢くなる「脳」の習慣
【著者名】バーバラ・ストローチ
出版社日本実業出版社
【出版日】2017/12/7
オススメ度★★★☆☆
こんな時に健康的な人生を送りたいときに
キーワード健康法脳科学食生活
【頁 数】320ページ
【目 次】
01 「中年になると脳は衰える」というのはウソ
02 本当はすごい「大人の脳」
03 より健康な脳を作るための習慣

 

この本で、あなたは変わる!

 

バーバラ・ストローチさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

 

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1104冊目】年をとるほど賢くなる「脳」の習慣(バーバラ・ストローチ)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る