【書評:075冊目】3年後、残る人 あぶれる人(キャメル・ヤマモト)

【人材選別時代を生き残れ!】
ビジネス・ブレークスルー大学教授/キャメル・ヤマモト氏が、『3年後、残る人 あぶれる人』と題して、グローバル化や情報革命が進行する現代社会のキャリア戦略を指南する一冊。

■書籍の紹介文

3年後。
自分の仕事は残っているとおもいますか?

 

本書は、これからの時代のビジネスパーソンに必要なスキルも紹介しながら、グローバル化や情報革命が進行する現代社会のキャリア戦略を指南する一冊。

 

・企業内で「余っている人」の割合が、12人に1人
・年収300万円以下の人の割合が、40%
・世界中で求職中の若者の数が、7500万人

 

このような数字を提示しながら、わたし達の「仕事の実情」を示していきます。
「このままで大丈夫か」と不安にさせられる内容です。

 

著者は、現代の人材市場は「大人材選別時代」と称しています。
いわゆる、”選ばれる人”でなければ生き残れないということです。

 

しかし、ただ不安に小さくなっていても状況は悪化する一方です。
座していても、なにも始まりません。

 

苦しいですが、自分が生き残っていく道を探さなければいけません。
本書では、状況を打開していくためのキャリア戦略がまとめられています。

 

自分の3年後の仕事をイメージしながら。
自分だけのキャリア戦略を考えていきましょう!

 

◆3年後も生き残る!

3年後、残る人 あぶれる人
キャメル・ヤマモト 日本実業出版社 2013-8-24
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

世界は今、新しい「人材選別」の時代に入っている。
日本にもグローバル化の波が及び、その「人材選別」は、日本にいても無関係ではなくなっている。

 

人材選別が進むと、高収入のクリエイターと低収入のサーバーにはさまれた中間的な仕事も人の手を離れてしまう。
中間職に就く人は、今後「余る人」なのだ。

 

情報革命によってコンピューターやロボットができる領域が拡大している。その結果、人間に残された仕事の範囲が縮小しつつある。
これにより、「中間層」が職を失うのだ。

 

実際、世界では、若い人の7500万人が職を求めている。社会の入り口になるファーストジョブにつけないのだ。
これは、日本人にとっても、他人事でなくなりつつある。

 

一方、グローバル化と情報化が作り出す「過剰につながった世界」にうまく適応できる人は、今までよりもずっと繁栄する。
そのためには、世界レベルで通用する「強み」を持つことだ。

 

「ユニークな強味」と「つなぐ力」を持った人材とは、どんな人材なのか。
典型的なのが、一芸に秀でた「オタク人材」と、構想実現に向けて様々な人を組み合わせていく「プロデューサー人材」だ。

 

●「つなぐ力」が強みになる5つの条件
(1)ユニークであること
(2)ほかの強味とつながりやすいこと、組み合わせやすいこと
(3)進化し続けること
(4)習慣化していること
(5)すっきり説明できること

 

自分の「強味」を自分でデザインして、作っていくために最も重要な道具になるのが「強味シート」だ。
まずは、A4版の用紙を1枚用意してほしい。

 

そこに「構想」すなわち「何をしたいのか」「何になりたいのか」と「役割」すなわち「構想実現のために、自分は何を果たすべきか」そして「強味の部品」を書き込んでいく。

 

続いて「役割」だ。
役割は、それ自体が「強味」になるべきだ。
○○課長や部長、××社の社員などではダメだ。
これらは、地位であり、中味が問われず、その役職に就いても「強味」が育たないのだ。

 

具体的な「役割」としては、会社等の組織を想定し「定型事務職」「高度プロセス管理」「専門家」「営業人」「現場監督兼プレイヤー」「中間管理」「起業家」「事業・経営者」など10個ある。

 

●専門性の習得に必要な2つの要件
(1)世界中、どこでもその分野を手がける人なら身につく「体系的な専門性」
(2)専門性を企業組織と関係づけて、企業組織と相性のいい形でとらえて身につけるということ

 

「新しい強味」を身につけるには、3年くらいの歳月が必要だ。
通常は、丸2年と言われるが、実際は、すべての時間を「専門性習得」には費せないはずだ。
余裕をみるべきだ。

 

これができれば、専門性の幅を広がる。
お奨めなのは「職能」「事業」「地域」の3つを意識することだ。
3つの掛け算でも「職能」×「職能」などでもよい。

 

2つの専門性を掛け合せれば「1万人に1人」の専門性を持つことさえできる。
そうなれば、強力な「つなぐ力」も手に入れられる。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【075-1】強みシートを作成する

【075-2】強みを掛け合わせてキャリアを考える

【075-3】3年スパンで強みを育てる

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】3年後、残る人 あぶれる人
【著者名】キャメル・ヤマモト
出版社日本実業出版社
【出版日】2013/8/24
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード働き方キャリアアップグローバル
【頁 数】246ページ
【目 次】
序章 なぜ、「強味」が必要なのか
第1章 あなたの「本質的」な強味を発見する
第2章 あなたの「実戦的」な強味を見つける
第3章 3年後「ありたい自分」になるために欲しい強味は何か
第4章 習慣で自分を最大限活かす強味を今から作る
第5章 長期戦略で「自分」を進化させる

 

この本が、あなたを変える!

3年後、残る人 あぶれる人
キャメル・ヤマモト 日本実業出版社 2013-8-24
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す

キャメル・ヤマモトさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:075冊目】3年後、残る人 あぶれる人(キャメル・ヤマモト)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る