【シェア読書:070冊目】100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる(高橋政史)

【ビジネスに考え方を!】
クリエイティブマネジメント代表取締役・高橋政史氏が、仕事は”やり方”ではなく”考え方”で変わると説く一冊。100のスキルよりたった1つの考え方で、どれだけ仕事が変わるか知る。

■この本の紹介文

本日ご紹介するのは、「発想法」に関する一冊。

 

著者は、高橋政史さん。
外資系コンサルでご活躍された後、現在は「1枚シンプル思考法」の設計者として活動されている方です。

 

仕事をしていたり、ビジネス書を読んだりしていると、とかく「やり方」に頭が奪われてしまいします。

 

しかし、いくら「やり方」を覚えても、場が変われば「やり方も変わる」ということに注意しなければいけません。

 

目まぐるしく変化する現代社会において、その場その場のやり方だけを追ってもとても変化には追い付けませんし、自分自身がパンクしてしまいます。

 

では、どうするのか。

 

それは本書に書かれている、「考え方」をきちんと身につける習慣を自らに課すこと

 

明日を切り拓くための「考え方」、ぜひ一緒に学びましょう!

 

◆100→1の力を知る。

■本がわかる!15の要約ポイント

「あなたは今の年収に満足しているか?満足していないのなら、いくらなら満足できるのか?」
この質問を、ビジネス・パーソンにしたところ、9割以上の人が「現在の年収に不満」ということだった。

 

しかも、時給900円でも年収数千万円でも、実に7割近い人が「今の2倍欲しい」と答えた。
人が満足できる年収は、現在の年収で決まるのだ。
現在の年収の2倍あれば、満足できるのだ。

 

ドラッカーは、知識労働では「目的」にフォーカスすることで成果が上がると言う。
そして、知識労働にシフトできるかどうかが個人の豊かさや国の盛衰を決定づける社会を「知識社会」と名付けた。

 

「どこにフォーカスするかの差が個人や企業の格差をもたらす」社会が知識社会だ。
「やり方」でなく「目的」にフォーカスできるかどうかが、仕事の質とスピード、生き方さえ決める時代なのだ。

 

優先順位をつけるだけで集中力は倍増する。
「今、一番大事なことはこれ」と即答できるくらい、脳を整理しておくことだ。
そうすれば、その一点だけにムダなくエネルギーを注ぐことができるのだ。

 

仕事は、車の運転と同じだ。カーナビで目的地を入力すると、最速で目的地まで車を運転していくことができる。
それはカーナビに位置情報管理システム「GPS」が搭載されているからだ。

 

仕事にもGPSを導入して欲しい。
Gはゴールで「目標」、
Pはポイントで「目標達成のポイント」、
Sはステップで「手順」だ。
このGPSがクリアだからこそ、早くて質の高い仕事が生まれるのだ。

 

わかりやすい目標を共有するには物語にすることだ。
そのためには、映像化だ。

 

映像化は、ABCという三幕構成で簡単にできる。
AはAfterで「理想」、
Bはbeforeで「現実」、
CはChangeで「変化」だ。
要は「ビフォー・アフター」でその「変化」を映像化するのだ。

 

仕事の「目標設定」が終わったら、つぎはP、すなわち「ポイント」だ。
ここで大切になことが「引き算」だ。
他の可能性を捨てて、重要なことだけを残すのが「引き算」だ。

 

3つ目はS、すなわち「ステップ」だ。
あなたの手元に今週やることのTO DOリストはあるだろうか。
そのTO DOリストにある1つの項目を3秒ながめて欲しい。

 

自分が、心の底から「やりたい」と思うことでは、近道をすべきでない。
地道にコツコツやらないと、その道を極めていくための地盤が作れない。
また、本当に情熱があるかもわからない。

 

「仕事のGPS」の枠組みでは、時間管理の方法が3つある。
「ゴールを変える」「ポイントを変える」「ステップを変える」の3つだ。

 

これまでの時間管理は、誰かがやってうまくいった「やり方」にフォーカスした時間管理だ。
しかし、年収1億円稼ぐ人は「時間管理」でなく「時間単位」にフォーカスする。

 

決断にかかる時間は、自分が「決断にはこれくらいの時間が必要だ」と考える時間で決まる。
つまり、自分の「時間単位」で、仕事の早さも決まるのだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【070-1】「仕事のGPS」という考え方を取り込む

【070-2】常に”目的”にフォーカスして行動をする

【070-3】時間は、自分自身で決める「時間単位」に由来するという意識を持って、管理する

 

■ひと言まとめ

仕事にG(ゴール=目標)P(ポイント=目標達成のポイント)S(ステップ=手順)を取り入れよう!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる
【著者名】高橋政史
出版社クロスメディア・パブリッシング
【出版日】2013/4/15
オススメ度★★☆☆☆
【こんな時に】明日の仕事力を磨きたいときに
【キーワード】働き方問題解決マインド
【頁 数】192ページ
【目 次】
第1章 たった1つの考え方が働き方に革命を起こす
第2章 成功を導くキーワードは「フォーカス」
第3章 すべての仕事を早くて質の高いものにする「仕事のGPS」
第4章 1億円稼ぐ人の仕事の習慣
第5章 年収アップのための8つの武器

 

この本で、あなたは変わる。

 

高橋政史さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る