【シェア読書:054冊目】今こそ「お金の教養」を身につけなさい(菅下清廣)

【本質は、決してブレない】
国際金融コンサルタント・菅下清廣氏が、お金の命運を握るのは「日常」であると説き、日々の生活での「使う、貯める、殖やす」の発想をガラリと変える37のお金のルールを紹介する。

■この本の紹介文

本日ご紹介するのは、「お金の本質」に関する一冊。

 

著者は、菅下清廣さん。
国際金融コンサルタントとして、国内外の富裕層を相手に金融を見続けたプロフェッショナル。

 

本書は、時々刻々と変わる金融市場に振り回されることがないように、小手先の投資テクニックではなく、お金そのものの本質をきちんと押さえることを提起した一冊。

 

「お金持ちになるためには我慢をするな」
「お金の使い方にこだわりを持て」
「貯金のために生活費を削るのは本末転倒」
このように、日々の生活での「使う、貯める、殖やす」の発想をガラリと変えるルールを紹介しているのが、特徴です。

 

苦しい貯金・節約に精を出して疲れてしまうのではなく、お金の本質を学んでいくことが、結果的にあなたのお金を殖やすことにつながるのです。

 

37のルールを1つ1つ実践していくことで、”自分でお金を考えられる人”になりましょう!

 

◆お金との付き合い方をあらためよう!

■本がわかる!15の要約ポイント

●お金の三つの価値
「交換する」
「価値を測る」
「価値を貯める」

 

●貯蓄が苦手な人には3つの共通点
(1)お金との「距離」がいびつ
(2)お金との相性が悪い
(3)「適量」を知らない

 

孟子は「恒産なくして恒心なし」と言った。
「一定のお金や資産がないと、気持ちが安定せず、結果としていい仕事ができない」という意味だ。
お金との付き合い方は、この言葉に集約されている。

 

年収の1年分くらいの貯金、可能なら年収の3倍を貯めることだ。
そのためには、まず1年間の貯金額の目標を決める。
それを12で割り、もらった給料から最初に引いてしまう。

 

1年分貯まったら、これが恒産になる。
恒産ができたら、少なくとも以前より平静な気分で日々が過ごせるはずだ。
仕事にも落ち着いて取り組める。
だから、出世もするし、給料も上がるのだ。

 

恒産は、お金だけではない。
特に若い人は、知の恒産づくりをすることだ。
年収1年分の貯金をしながら、知的財産を蓄えるための投資をするのだ。
まず、読書で知的財産を培うことだ。

 

お金があっても、私欲を満たす買い物はしない。
反対に、ステータスのある相手に対する身だしなみとして、相手を思った投資として、スーツや靴にお金をかけるのだ。

 

お金持ちは、ものの見方が違うのだ。
ものを見るとき、先の先まで眺めるのだ。
そして、今、見えていることだけで判断せず、長期的な視点、幅広い視点で見極めるのだ。

 

自己管理が苦手な人は、自分がやっていることの先にある自分の姿を想像することだ。
毎月カードの返済にうめいている人は、カードを使う時、請求書を受け取る自分を想像するのだ。

 

●ウォール街で出世できない人の3つの条件
(1)メタボリック症候群の人
(2)喫煙する人
(3)(度を超して)飲酒する人

 

お金持ちになれるかどうかは、あなたの24時間を、いかに主体的に、マイペースに時間を使ったかどうかで決まるのだ。
その結晶が、お金なのだ。

 

人間社会で最も重要なことは「信用される」ことだ。
信用されれば、たくさんのチャンスが巡ってくる。
信用を作るには「あなたが計画を守れるかどうか」にかかっているのだ。

 

一日の生活設計が明確で、それを守れる人が、投資に成功する。
自分で立てた計画すら守れない人は、他人との約束など、とうてい守れることはできない。
これでは成功できるはずがない。

 

●お金を貯めるために「人の3倍」やること
(1)人の3倍働くこと
(2)人の3倍、人脈と情報をもつこと
(3)人の3倍、勉強すること

 

お金持ちへの第一歩は、まず願って行動することだ。
そのためには、お金の性質や、超富裕層の思考回路を学ぶことだ。
ぜひ、お金の教養を身につけて、人生を切り開いてほしい。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【054-1】年収の1年分を貯金する

【054-2】私欲を満たす消費はしない

【054-3】請求書を受け取るときを想像してからお金を使う

 

■ひと言まとめ

お金は、自分の行動の結果である。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】今こそ「お金の教養」を身につけなさい 稼ぎ、貯め、殖やす人の”37のルール”
【著者名】菅下清廣
出版社PHP研究所
【出版日】2013/5/19
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】お金と賢く付き合いたいときに
【キーワード】金融リテラシー資産形成教養
【頁 数】203ページ
【目 次】
第1章 お金に好かれる人の「使い方」
第2章 お金に好かれる人の「貯め方」
第3章 菅下流お金との「付き合い方」
第4章 どうすれば年収の3倍貯まるのか

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

菅下清廣さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る