【シェア読書:593冊目】「仕事ができるやつ」になる最短の道(安達裕哉)

b593

【仕事の質を上げる方法】人気ブログ「Books&Apps」管理人・安達裕哉氏が、ブログで大きな反響があった記事を厳選し“仕事ができるやつになる法則”としてまとめる。短期から長期へ時間順に体系化!

===================
書籍情報
===================
【書籍名】「仕事ができるやつ」になる最短の道
【著者名】安達裕哉
【出版社】日本実業出版社
【出版日】2015/7/30
【推薦度】★★★☆☆
【対象者】明日の仕事力を磨きたいときに
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 今日からできること
第2章 1週間程度でできること 小さな変化を起こす
第3章 1か月間以上しっかりと取り組むべきこと
第4章 1年程度かけてじっくりと取り組むこと
第5章 3年は取り組むべき大きなテーマ
第6章 一生かけてやる価値のあること

 

===================
本書を読む理由
===================

自分の働き方のブラッシュアップに
役立つヒントがありそうな印象をうけたため

 

===================
1分間紹介文
===================

 

日々の仕事に明確なゴールを設けていますか?

 

著者は、安達裕哉さん。
経営・人事・ITコンサルタント。ティネクト株式会社代表取締役。
1000社以上にIT・人事のアドバイザリーサービスを提供し、8000人以上のビジネスパーソンに会い、その後起業。
運営するブログ「Books&Apps」は読者100万人、月間PV数150万にのぼり、世界最大級のインターネット新聞「ハフィントン・ポスト」のブロガーでもある。

 

「締め切りのある仕事をこなすのが日々のゴール」このように思う人にオススメな本。

 

本書は、「短期的に役立つ話」から「長期にわたって役立つ話」までの時間順に体系化し、自分の仕事の質をいかにして高めていくかをまとめた一冊。人気ブロガーだけに、全体的に読みやすい。

 

「さあ!今日からデキる人間に変わるぞ!」といくら思ってもいきなり変われる人は誰もいません。理想の自分に近づくには「時間」がかかるものなのです。これを短縮することは決してできません。

 

毎日意識すること、1ヶ月取り組むこと、1年じっくりかけることなど、「デキるやつ」になるまでに必要なことを「時間」別に収録されているので、自分なりの「デキるやつ」になるためのロードマップを作成するのに、本書は効果的

 

できることを、まずは1つ開始してみよう。

 

b593

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

1日でできることは多くない。だが、1つだけ、今日でなければできないことがある。それは「やろうと決めること」だ。どんな大きな目標も「今日から始める」という決意がなければ、始まらない。

 

本当は「決められない人生」を送るほうが、決めることより、ずっと怖いこと

 

「仕事ができるやつ」になるには、一番、最初に案を出せるようになるように頑張ることが重要

 

●仕事を任されたらやるべき8つのこと
・納期を確認する
・依頼者と成果を合意する
・仕事を分割する
・難しい仕事から取りかかる
・行き詰まったら、すぐ相談する
・説明責任
・前例を探す
・人への依頼は早めに行い、上記の7つを守らせること

 

社会人のコミュニケーションは、相手に何らかの行動を起こしてもらうことを常に要求している

 

「どんな情報を欲しているか」を常に相手に確認しながら、コミュニケーションをとるべき

 

相手が「何に重きを置く人物なのか」「何を重要視する人物なのか」を正しく理解すること

 

努力は成果につなげなければ意味がない

 

●頭が良くても成功できない5つの理由
・勇気が凡庸だから
・助けを求めるのが下手だから
・まわりに恐れられるから
・人に期待しないから
・頭の良さを重要視しすぎるから

 

ミスに関するルールがある。まず、1回目のミスは、誰のせいでもない。仕事にミスはつきものだし、完璧な人間はいない。ミスを恐れていたら、大胆に動くことができない。

 

だが、同じ事案で2回目のミスをしたら、それは本人の責任だ。キツく叱るべきだ。同じミスを2回するということは、本人が、ミスから学んでないということだからだ。

 

そして、3回同じミスを繰り返したときは、上司の責任だ。上司は2回目のミスを見たにもかかわらず、再発防止策を本人にきちんと取らせなかったからだ。

 

お金のためだけに働くと、仕事はつらく、苦しくなる。だから、仕事の楽しみ方を知っておくこと

 

働くことは、出会いをもたらす。働くことで、様々な出会いが生まれる。そこから生まれた、たった1つの出会いが、人生を変えることさえある

 

「働くことは、自信をもたらす」。働くことで、何かを成し遂げることができる。それが自信になる。自信は一生懸命働くことで得られるもの

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【593-1】1日の始めに「今日やること」を決める

 

【593-2】「今日やること」と決めたことをやりきる

 

【593-3】努力していることの成果を常に意識する

 

===================
今回のまとめ
===================

今日何か1つはじめることから、自分の理想への道ははじまる!

 

===================
編集後記
===================

本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

タクシーに乗ったときのこと。
「どこまで?」(見下した言い方)
「×◯□…」(無線を切らない、音も下げない)
「着いたよ」(金額を言わない)
思わずに言いましたよ。
「あなた、仕事している意識ありますか?」
とね。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

 

「仕事ができるやつ」になる最短の道

b593

安達裕哉さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

00時間56分
通勤時間にて。

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る