【書評:483冊目】人を操る禁断の文章術(DaiGo)

【人が動く文章を書く】
メンタリスト・DaiGo氏が、『人を操る禁断の文章術』と題して、メンタリズムの「人心掌握」「大衆煽動」のエッセンスを応用した、読み手の心を自在に操る”禁断”の文章術を解説する一冊。

■書籍の紹介文

自分の文章がきっかけで、読み手に素晴らしいことが起こる。
想像しただけでもワクワクしませんか?

 

本書は、読み手が行動してこそ文章に価値が生まれると提起し、メンタリズムのテクニックを活用しながら、読み手に行動させる文章術を解説する一冊。

 

文章は、誰のために書くのか。
改めて考えさせられる一冊です。

 

その上で、自分が望む行動を読み手が起こしてくれる文章術が学べます。
学ぶ内容は、3つのステップで構成されています。

 

ステップ1:「書かない」3原則を唱える
ステップ2:7つのトリガーから1つ選ぶ
ステップ3:5つのテクニックで書く

 

何気なく目にした文章をきっかけに、自然と行動を起こした。
思い返すと、誰にでもこのような経験をしたことがあるとおもいます。

 

本書を学ぶと、この”何気なく”を、”意図的”に書けるようになります。
期待した反応を読み手が積極的にしてくれる、夢のような光景が手に入るのです。

 

相手を想って書いた文章で、相手が幸せな笑顔を浮かべる。
3つのステップを身につけたとき、それがあなたのものとなります。

 

◆読み手が幸せになる文章。

人を操る禁断の文章術
DaiGo かんき出版 2015-1-21
売上ランキング(公開時):2,146
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

「心が動かされる」とは、よく言われますが、いい文章を読んだとき、私たちの心で「何が」起きているのでしょうか。
そのとき私たちは文章に散りばめられた言葉に反応し、頭の中にあるイメージをふくらませ、対象について想像し始めます。
そして、そのイメージは、とくに行動のための原動力になります。
これが、文章に秘められた「人の心を動かす力」の正体なのです。

 

◆人を操る文章のしくみ
読む→言葉に反応する→想像する→行動を起こす

 

私たちは想像力のスイッチを”カチッ”と入れられると、あとは勝手に行動へと移してしまう

 

目標は、文章化されることでより明確になり、達成しやすくなることは、すでに「心理学」でも証明されています。
目標をなんとなく持ってしまうよりも、文字にすると、目標を達成することに固執するようになる

 

●心を動かす文章に共通する3つの原則
1.あれもこれもと書き過ぎないこと
2.きれいな文章を書こうとしないこと
3.自分が書きたいことを書かない

 

どのように書けば読み手が「それをしてもいいかな?」「ぜひそうしたい!」と思うのか、を考える

 

心を動かすエンジンは相手の中にしかなく、文章はそのスイッチを押すための道具に過ぎません。
そして、スイッチは指先1つで押せるように、文章もまた、短く、説明しすぎない簡潔なものでいい

 

刺さる言葉はあなたの中にではなく、相手の心の中にある

 

人は「自分の欲求と関連したことが書いてある」と気づいたら、すぐに目の前の文章を読もうとし始める

 

魅力的なキーワードを散りばめる→読み手がキーワードに気づく→読もうと思う

 

●相手が動く7つのトリガー
トリガー1:興味
トリガー2:ホンネとタテマエ
トリガー3:悩み
トリガー4:ソン・トク
トリガー5:みんな一緒
トリガー6:認められたい
トリガー7:あなただけの

 

●4つの人の悩み(HARM:ハーム)
H:Health(健康、美容)
A:Ambition(夢、将来、キャリア)
R:Relation(人間関係、結婚、恋人、会社)
M:Money(お金)

 

●5つのテクニック
1.書き出しはポジティブに
2.なんどでも繰り返す
3.話しかけるように書く
4.上げて、下げてまた上げる
5.追伸をつける

 

一度も「繰り返す」を使わないときの説得力を基準にすると、3回の繰り返しによって46%、10回の繰り返しによって82%も説得力が向上する

 

観察し、研究し、言葉を変えていく。
これが伝え方のトレーニングとなる

 

■【実践】3個の行動ポイント

【483-1】「自分の文章で人を幸せにできる」と信じて書く

【483-2】5つのテクニックを意識して文章を書く

【483-3】7つのトリガーを文章に盛り込むように書く

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】人を操る禁断の文章術
【著者名】DaiGo著者情報
出版社かんき出版
【出版日】2015/1/21
オススメ度★★★★☆
こんな時に書く力を身につけたいときに
キーワード文章力心理学ことばのチカラ
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 文章が持つ力は∞(無限大)
第2章 「書かない」3原則で人を操る
第3章 人を動かす7つのトリガーで、何を書けばいいかもう悩まない
第4章 あとは、5つのテクニックに従って書くだけ

 

この本が、あなたを変える!

人を操る禁断の文章術
DaiGo かんき出版 2015-1-21
売上ランキング(公開時):2,146
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

DaiGoさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る