【書評:466冊目】ビジネス版「風姿花伝」の教え(森澤勇司)

【現代に通ずる”世阿弥の教え”】
能楽師・森澤勇司氏が、『ビジネス版「風姿花伝」の教え』と題して、能楽の大成者・世阿弥の「風姿花伝」は最高のビジネス書であると提起し、仕事と人生に通ずる極意を説く一冊。

■書籍の紹介文

風姿花伝。
あなたはご存じですか?

 

本書は、能楽者の大成者・世阿弥が書き遺した経営バイブル「風姿花伝」の極意を、現代人に通ずるように意訳して説く一冊。

 

「秘すれば花」
「上手は下手の手本、下手は上手の手本」
「初心忘るべからず」
これらの有名な慣用句は、すべて世阿弥の教えです。

 

『徳川幕府が終わるまで、将軍家と能楽の伝承者のみに伝えられた、秘匿の書だった』
徳川家康がそう命じたところに、「風姿花伝」のスゴさを感じます。

 

あの戦乱の世を治め、300年近く続く太平の世を成し得た。
その裏に「風姿花伝」があったと想像すると、ロマンを感じますね(^^)

 

そこに触れられるわけですから、ワクワクしながら読むことができます。
天下を治めた将軍に、自分の姿を重ねながら。

 

古典と聞くと「読みづらい」「難解」というイメージがあります。
ですが、本書にその心配は一切ありません。

 

難しい口語表現は一切なく、世阿弥の教えを学ぶことができます。
現代の能楽師である著者が、風姿花伝の世界へとスムーズに誘ってくれます。

 

日本に脈々と受け継がれてきた教え。
日本人としてしっかりと受け継ぎたいものです。

 

◆能を観に行こう!

ビジネス版「風姿花伝」の教え
森澤勇司 マイナビ 2014-12-25
売上ランキング(公開時):45,220
Amazonで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

ピークになれば、上はないのです。
自分の実力が頂点であると思うことはすなわち、これから下り坂に向かうことに他なりません。
一時的にうまくいったことを、人生最大のピークとしてしまうのは、やがて衰えることの準備ができていない状態です。

 

対極にあるものにあえて取り組むことで、求めているものの本質を知ることができる

 

相手の願望を実現するために自分のできる限りの力を注ぐ、そのような姿勢に人々は誠意を感じるもの

 

自分の正しさよりも、実績のある人の意見を受け入れられる寛容さが人間の器を大きくします。

 

矛盾した意見は、自分の視点を変え成長する良い機会なのです。
矛盾を受け入れてみることは自己成長につながります。

 

ファインプレーは、準備不足の証拠

 

パターン化した人間の仕事はどんどんと機械に変わってきています。
これからの時代はどんな仕事においても人間にしかできないことを極めていくことが重要です。
笑顔や挨拶の仕方、話し方や声の調子、姿勢の美しさなど人間にしかできないことをおろそかにすれば機械のほうが良いということになっていきます。

 

マイナスの結果やうまくいかないイメージが多く出てくる時、こうした兆候は予期せぬ事柄への対策を立てるのにはとても役立ちます。
本番前に不安感があったり、平均的にうまくいかない兆候が感じられるならば、根本的な準備不足

 

勝ち目のない実力差でも、一点に集中すればどこか勝つポイントがある

 

自然に動作が似てしまうほど相手の心に共感して寄り添うこと

 

言葉とは脳の働きが表面化したものなのです。
言葉を変えずに動きを変えることは一時的にできたとしても、不自然な状態です。
長く続けることは精神にも負荷がかかります。
動きを変えたければ動きに意識を向けるより先に、自分の思い描いた言葉を使ってみてください。
そうすれば体は素直に反応してくる

 

基本を繰り返し考えていくのもアイデアの浮かびやすくなる行動習慣

 

変えられないものを嘆くことにエネルギーを費やすのではなく、変えられるものに一〇〇パーセントのエネルギーを注ぐことで人の評価は変えられます。

 

物事は掛け算で成り立っています。
どこかがゼロになれば一気にパフォーマンスが下がり、マイナスになればさらに悪い結果になります。

 

言葉のコミュニケーションは七パーセント、非言語コミュニケーションが九三パーセントといわれています。
この七パーセントと九三パーセントに統一感があれば、あなたは一〇〇%の統一感をもって人に記憶され、統一感を通して信頼感を得ることができます。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【466-1】自分で変えられるものだけに全力を尽くす

【466-2】理想の自分を書き出し、それを表す言葉を書き出す

【466-3】能の舞台を観に行く

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】ビジネス版「風姿花伝」の教え
【著者名】森澤勇司著者情報
出版社マイナビ
【出版日】2014/12/25
オススメ度★★★★☆
こんな時に
キーワード教養哲学生き方
【頁 数】208ページ
【目 次】
第1章 成長に必要なこと
第2章 思い通りにならない時
第3章 仕事の意義と結果の出し方
第4章 勝負の極意
第5章 人間的魅力の作り方
第6章 部下の育て方
第7章 商談という舞台の極意

 

この本が、あなたを変える!

ビジネス版「風姿花伝」の教え
森澤勇司 マイナビ 2014-12-25
売上ランキング(公開時):45,220
Amazonで探す 楽天で探す

森澤勇司さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る