【書評:459冊目】僕らはまだ、世界を1ミリも知らない(太田英基)

【世界はこんなにもオモシロイ!】
起業家・太田英基氏が、『僕らはまだ、世界を1ミリも知らない』と題して、世界一周の「旅」でみた、世界のリアルな姿を伝えながら、グローバル世代の知識と教養を指南する一冊。

■書籍の紹介文

自分の行動範囲。
地球規模でみると、どう見えますか?

 

本書は、2年間で50カ国を「旅」して見えてきた世界のリアルな姿を紹介しながら、グローバル世代の知識と教養を指南する一冊。

 

ただの旅行記ではなく、
・1,000人以上と直接接した肌感覚を大切にしている
・現地の声をリアルに伝えている
こうした特徴を持っている点に、価値を感じます。

 

世界から日本をみると、次のようなキーワードが浮かびます。
・語学力による損をする日本人
・『モノ』で勝ち、『ヒト』で負ける日本人
・スラム街で見るのは欧米企業のみで進出しきれていない日本企業

 

ときに「悔しさ」を、ときに「反発心」を覚える日本の姿を知ります。
このさまざまな感情が浮かぶことが、大切なのだとおもいます。

 

その感情が、モチベーションに変わり、世界を出るきっかけになるかもしれないからです。
ぜひ、世界の3分の1を巡ってみえてきた日本の姿に触れてみてください。

 

◆世界はまだまだ広い!

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない
太田英基 いろは出版 2014-8-6
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

まだ1ミリも知らない世界には、僕らをゾクゾクさせる可能性が溢れている

 

頭の中にあった『日本地図』を『世界地図』に色鮮やかに塗り変えてくれた

 

何より先に、閃いたアイデアをこの地球上の誰が必要としているのかを考える

 

『英語ができなくても旅は楽しめる』とはよく聞く言葉。
それを否定はしないけれども、『英語ができれば旅はもっと楽しくなる』というのは間違いない。

 

世界一周航空券とは、有効期限1年間で、決められたフライト回数で、世界中を飛び回れるという嘘みたいな魔法のチケット。

 

本当にシャイな人間は海外に出てこない。
海外に出てきて、それでもシャイと呼ばれる人間は、きっと僕のように英語力が足らなくて、みんなが何を言っているのか見失ってしまった人のことなんだと思った。

 

グアテマラでは、マクドナルドは高級レストランの部類に入り、家族のお祝いごとの時などに訪れるそうだ。

 

「Facebookは、情報交換やデモの時間や場所を決める大切なツールだったけれど、人々の行動に勝るものはないよ」

 

人間は、遺伝子によって性格や習慣が決まるのか?
そうではないはずだ。
教育と環境。
この二つが人を育て、その人の容姿以外のすべてを決めると僕は信じたい。

 

黒人女性用のエクステや、数円単位で購入できる洗剤などが売られている。
乾電池も1本単位、風邪薬なども1錠から購入できる。
フィリピンや中南米でもそうだったが、途上国の経済的に貧しい人たちが住む地区は、世界中で同じように物が売られているんだなと世界の共通点を知った瞬間でもあった。
そしてここでも、洗剤も歯磨き粉も、だいたい欧米メーカーだった。
パッケージの裏に書いてあるのは、ユニリーバやP&G、ネスレなど。
ここに日本企業の名前が出てこないのが個人的にとても悔しかった。

 

日本は『モノ』ではなく『ヒト』で負けている

 

日本のことを一切知らない人に母国をどう説明するか

 

グローバル化というのは先進国の人たちからすると、どんどん自分たちの仕事が人件費の安い国の人たちに奪われていく得体の知れないコワイモノみたいになっているけれども、途上国の人たちからすると、この不平等な世の中から抜け出せるチャンスなのかもしれない。

 

僕は日本人ほど仕事熱心で頑張れる人たちを知らない。
間違いなく日本人には『仕事ができる人』が多い。
ただ、その能力を海外で発揮するために必要な語学力が世界水準に遠いのがネックだ。
逆に言えば、そこを克服していくことができればチャンスはまだまだあるということ。

 

The World is smaller than we think.
(世界は、僕らが思っている以上に小さい)

 

■【実践】3個の行動ポイント

【459-1】「カウチサーフィン」「School With」のサービスを調べる

【459-2】自分の住む街のことを、ガイドのように説明できるようにする

【459-3】英語を身につける

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】僕らはまだ、世界を1ミリも知らない
【著者名】太田英基著者情報
出版社いろは出版
【出版日】2014/8/6
オススメ度★★★★☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード生き方グローバル20代
【頁 数】304ページ
【目 次】
第一章 フィリピン留学
第二章 北米
第三章 中米
第四章 南米
第五章 アフリカ
第六章 ヨーロッパ
第七章 中東
第八章 アジア
第九章 帰国、その後

 

この本が、あなたを変える!

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない
太田英基 いろは出版 2014-8-6
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

太田英基さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:459冊目】僕らはまだ、世界を1ミリも知らない(太田英基)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る