【シェア読書:453冊目】一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?(上野啓樹・俣野成敏)

【本来の人間に戻るための本!】
この本はダイエット本ではありません。人間が本来持っている生命力を引き出すことが、最高のコンディショニングである。人間らしさを取り戻すための2ヶ月の戦いを今はじめよう!


====================
書籍情報
====================
【書籍名】一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?
【著者名】上野啓樹俣野成敏
【出版社】クロスメディア・パブリッシング
【出版日】2014/11/13
【推薦度】★★★★★
【頁 数】206ページ
【目 次】
第0章 気合いと根性だけでは、結果は出せない
第1章 コンディションと仕事の関係
第2章 新しいカラダに生まれ変わる
第3章 太りにくく疲れにくい1日の習慣
第4章 世の中の常識を疑え
第5章 ハイパフォーマーには、7つの特徴があった



====================
なぜこの本を選んだのか?
====================

 

・2015年は劇的に体質を変えると決めたので、その参考になると思ったから

 

====================
なぜこの本を読むのか?
====================

 

・自分の背中を強力に押してくれる点はないか

・自分が気づいていないコンディション法がないか

・動機づける言葉を得たい


====================
1分間紹介文
====================

 

”原点回帰”
本書を突き詰めるとこの言葉が浮かんだ。

 

本書は、ダイエット本ではない。
人間らしい生命サイクルを、現代社会に生きながらも、取り戻すための挑戦の一冊だ。

 

・三食きちんと食べなさい
・牛乳を飲みなさい
・ご飯をしっかり食べなさい



こうした常識を一旦全部捨て去りましょう。
その上で”人間の生命力を引き出す”ためには、どうするのが最善なのか。
本書は、現時点で考えられる最善策をあなたに提示する。

 

あなたがどういう人生を歩みたいのか。
読み始める前に、必ずこのことをあなた自身できちんと決めてください。

 

そうすることで、この本はあなたの人生を変えたと思える一冊になることでしょう!

 

====================
Key Phrase(15の気に入った一文)
====================

 

コンディションが悪いこと自体がプロではありません

 

「今日の調子」は決して「運」ではなく、日ごろの習慣の賜物

 

今の私たちのカラダは半年前に食べたものでできているので、体調の優れない人は半年前を思い返してみるのもいいでしょう。

 

コンディションを良くするというのは、もともと人間がもっているものを”取り戻す”こと

 

「食べなさい」と脳が勧めてきたら、「本当は今、必要ないよね」と、脳と対話すること。そして大事な時間は空腹でいること。一食くらい抜いても大丈夫。むしろ、食べないことで若返るのですから。

 

炭水化物は控え目に。腹持ちがいいため、人間が熱心に栽培するようになっただけであって、実は栄養は少ないのです。そもそも、炭水化物を食べる生き物は人間しかいません。

 

部屋の中が要らないものやゴミで溢れているのに、まだ何か物を追加するのでしょうか?それと同じです。コンディションが悪い人のカラダの中はゴミ屋敷状態なのです。ですから、先ずは太っているか、痩せているかは関係なしに、デトックスをする必要がある

 

●フルーツでデトックスできる理由
(1)糖質や脂肪を分解・燃焼する酵素が豊富
(2)抗酸化作用の高いポリフェノールが多く含まれ、細胞の活性化と代謝を促す
(3)食欲を抑えるアミノ酸が含まれる
(4)便通をよくする食物繊維が豊富

 

ドロドロとした血流を良くするのは水分です。快適な1日をスタートするためにも、朝起きて口をゆすぎ、うがいをしたら、常温のお水500ミリリットルを15分かけてゆっくり飲んでください。

 

心とカラダのバランスを整えてくれる最高の時間がバスタイム。次の日に疲れやモヤモヤした気分を残さないためにも、入浴中にリセットする習慣をつけましょう。一日の中でカラダと向き合う時間がつくれるのは入浴中だけ

 

【抜粋】太りにくく疲れにくい1日を過ごすためのチェックリスト
□3つのサイクル(排泄、消化、吸収)を守っていますか?
□排泄の時間のフルーツは少ないないですか?
□昼食、夕食はサラダから食べ始め、食事内容は悪くないですか?
□常温水を1日、2.5リットル以上飲んでいますか?

 

「食べないと不健康だから」と手にしたものは、すべて「食べると不健康になるもの」

 

「安い食品には安い理由がある。そして安い食品を食べていると安いカラダになる」

 

コンディションに常に意識を向けていくことで、ここ一番が日常的に

 

常に「生涯価値」を頭に入れて生活することで、今、この食品や飲み物、また人との関係や仕事のやり方など、何を選択するか自然とわかってきます。

 

====================
Take Action(実践ポイント)
====================

 

●フルーツデーを休日を使ってまずは1回実践する

 

●寝起きに、常温水を500ML飲む

 

●22時〜26時までの睡眠を1分でも多く取る

 

====================
今日の一言
====================

 

理論は不要。人間らしさを取り戻すのが最高の健康法!

 

====================
編集後記
====================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

今日も年末の追い込みとばかりの忙しさでした。
でも体調はすこぶるいいので、疲れは感じておりません。
明日も楽しめるように、ゆっくり休みたいと思います。
よい週末を!

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

感謝!米山智裕

 

====================
今回紹介した本
====================
一流の人はなぜそこまで、コンディションにこだわるのか?
b453

上野啓樹さん、俣野成敏さん、やる気にさせる一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

====================
読了までの時間
====================

 

02時間16分。
通勤電車とランチタイムに。

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る