【215冊目】今やる人になる40の習慣(林修)

b215
【今でしょ!になるための40の習慣】「今でしょ!」と林先生が言えるようになるまでの道のりで身につけてきた数々の習慣。それを40のエッセンスにまとめたのが本書。今すぐできる人間ってカッコいいですよね?

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】今やる人になる40の習慣
【著者名】林修
【出版社】宝島社
【出版日】2013/4/15
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
第1章 すぐやるための習慣
第2章 「今!」を決断するための習慣
第3章 今やる人、できる人の習慣

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「習慣術」に関する一冊。

 

著者は、林修さん。
「いつやるか?今でしょ!」の名ゼリフで有名な、東進ハイスクールの現代文講師。

 

テレビ等で感じる通り、無駄のなくコンパクトにまとまった書であり、とても刺激を受けました!!

 

「今でしょ!」とキッパリ言って動ける人間になるための40の習慣。

 

流し読みして自分のココロに引っかかったものだけを実行すればいい。

 

読んでみて、感じてみて、やってみよう!と思ったことから「いつやるか?今でしょ!」と自分で自分にツッこんでドンドン実践していきましょう(^^)/

 

最後に、

 

人は、その人がしたことによって形作られているはもちろんですが、その人のしなかったことも、実はその人の一部なのです。(引用)

 

この一節に一番刺激を受けました。いいと思いませんか?

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
まずは書類の整理。一つ一つの書類の管理を徹底しましょう。つまり、時間的な分類を明確にすることがまず大切です。使った日付を書く、あるいは、付せんを貼っておくのもよいでしょうね。一か月も使っていないようなものは、少なくともデスクの上に出しておく必要はありません。さっさとしまうか、不要ならば廃棄しましょう。

 

日曜になったら、午後、あるいは夕方くらいからは翌日から始まる一週間のシミュレーションを徹底的に行うのです。

 

土曜日は「別人」のように遊び、普段は得られないような刺激を受ける。

 

もちろん、出された企画が、完全なものであるに越したことはありませんが、仮にミスが含まれていたところで、早ければ、人は寛大に対応してくれるものです。なぜなら、そこには二つの余裕があるからです。一つは「時間的余裕」です。修正のための時間がたっぷりあれば、人はミスを厳しく責めないものです。そして、その時間的余裕から生まれるのが、「心理的余裕」です。逆に、時間がなければ心のゆとりも失われ、ミスは厳しく責められます。

 

人は、その人がしたことによって形作られているのはもちろんですが、その人のしなかったことも、実はその人の一部なのです。

 

相手にミスが生じたとき、それを責めるようでは二流です。「できる人」は相手を責める前に、まずはそのミスが、自分の非定型的な動きから生じたのではないかと、自分の行動を振り返るものです。

 

緊張→弛緩のリズムを意図的に交渉に持ち込むことは、交渉を有利に進める際の有効なテクニック

 

==================
■実践ポイント
==================

●時間にゆとりが生まれるよう時間に対する意識を高めて行動する

●普段の自分の姿を忘れて、思いっきり遊ぶ日を定期的に設ける

●相手のミスを責めようとする気持ちが生まれたら、「自分は大丈夫か?」と問いかける

 

==================
■まとめ
==================

「いつやるか?今でしょ!」と言って今できる人は、きちんと準備なり管理なりが出来ている人。
言うは優し、行うは難し。
かなり奥が深いフレーズである。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

今日は完全にスイッチオフでした(笑)
電池が切れた、この表現がピッタリな廃人でした(^^ゞ
お許しください。。。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
b215

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る