【書評:1531冊目】同時通訳者が教える脳に定着する“超効率”英語学習法(小根山麗子)

【大事なことは継続すること】
同時通訳者・小根山麗子氏が、『同時通訳者が教える脳に定着する“超効率”英語学習法』と題して、必要な情報を短時間でインプットし、的確にアウトプットする英語学習法を指南する一冊。

■書籍の紹介文

英語を身につけたい。
どれくらい強く願っていますか?

 

本書は、無理せず覚えられて、ストレスなく継続して学べることに重点を置いた、同時通訳者の英語学習法を指南する一冊。

 

「無理なく」「ストレスなく」、随分と耳障りのいい学習法だなとおもうでしょう。
しかし、同時通訳者が英語を学習するのに一番追究している点だというのが、おもしろいところです。

 

「無理なく」「ストレスなく」を実現するのは、結局のところ「どれだけ好きになれるか」にかかっているとおもいます。
ですから、『あなたの好き』と『英語学習』を紐づけるポイントを数多く用意してくれています。

 

少しずつ、紐づけていくことで英語学習が自然と習慣化されます。
この過程で陥りそうになる注意点も丁寧に記しており、読者をきちんと意識して書かれています。

 

英語を身につけたいとおもう気持ちは強い。
でも、どこに手をつけたらいいかわからず、中途半端になっている。

 

そんな悩みを抱えている人に役立つ内容でしょう。
終わりのない語学習得には、継続する仕組みづくりが命です。

 

◆大事なことは継続すること。

同時通訳者が教える脳に定着する“超効率”英語学習法
小根山麗子 プレジデント社 2019-9-12
売上ランキング(公開時):53,961
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

「何のために英語を学ぶのか」「上達して、何をしたいのか」まず、これらを考え、明確にするべきだ。
この疑問に即答できる人は、英語力の向上が期待できるはずだ。

 

●英語の語彙力を高める3つのポイント
(1)英語と日本語を一対一で対応させないこと
(2)英単語は「文章」と組み合わせて覚えること
(3)「派生語」「同義語」「対義語」などもセットで覚えること

 

海外ニュースの「流し聞き」は、英語に耳を慣れさせる点で意義がある。

 

2時間の映画をなんとなく聞いてみるより、2分間の英語を集中して聴いてみることだ。
その2分間を完全に理解することのほうが、はるかに英語をものにする上で役に立つ。

 

英語学習の素材は、できれば趣味として楽しめることや、仕事で使うことから選ぶことだ。
そうすることで、どこかで使う機会が訪れるはずだ。

 

日本語にない発想の表現も、意味を考えれば道理が立つ。
そのまま受け入れればいい。
日本語的理解の妨げになる言い回しや、つまずきやすい場所が事前にわかっていれば、あらかじめ対策を打てる。

 

今は、パソコンやスマートフォンがある。
混乱しかけた時も、検索すれば、その場でヒントが見つかる。
ひたすら英単語を詰め込むより、スマホを賢く使って考えながら学習するほうが効率は上がる。

 

大切なことは「日本語と英語は違う」ことを刻み込むことだ。
そして意味に立ち返ることだ。
すべての英単語を覚えなくても、英語を使いこなすことはできるのだ。

 

●遊び感覚で英語知識を深める3つのステップ
STEP1:趣味についての情報を英語で集める
STEP2:自分の趣味を英語でどう伝えるか考える
STEP3:実際に英語でアウトプットする

 

『ジャパンタイムズ』のように「日本で発行されている英字新聞」のほうが、本場のものより勉強に向いている。
掲載されているニュースは、日本国内のものが中心だからだ。

 

どうしても自分のビジネスに直結した英文を探せないなら、同業他社の「IR資料の英語版」を使えばいい。
使われている英語には、企画書などに使い回せるものが数多く含まれているはずだ。

 

当然、オリジナルの日本語に対応するように英語版が作成されている。
だから、英語版に目を通し、わからない言い回しや単語は、日本語版で確認すればいい。

 

活きた英語を習得する行為に終わりはない。
言語習得には、永遠にゴールはないのだ。
終わりがないことを続けるには「楽しむ」ことが重要だ。

 

好きになるには、理解することが肝心なのだ。

 

英語という武器さえあれば、人生の選択肢やチャンスを飛躍的に広げることができる。
日本で働きつづけるにしても、英語が理解できれば、新たな世界への扉が開く。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1531-1】Wiktionaryを活用する

【1531-2】『ジャパンタイムズ』を読む

【1531-3】同業他社の「IR資料の英語版」を読む

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】同時通訳者が教える脳に定着する“超効率”英語学習法
【著者名】小根山麗子
出版社プレジデント社
【出版日】2019/9/12
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に明日の語学力を磨きたいときに
キーワード英語勉強法苦手克服
【頁 数】192ページ
【目 次】
序章 同時通訳者が実践している「超効率的」な英語学習法
第1章 同時通訳者は「英語を的確に覚えるコツ」を知っている!
第2章 英語学習では「アウトプットしやすいンプット」を意識
第3章 「日本語脳」と「英語脳」のいちばんの違いとは?
第4章 「通訳学校」で行われる実践的なトレーニング
第5章 日常的に「活きた英語」に触れられる環境づくり
第6章 英字新聞やインターネットを使った「仕事に関わる英語」の見つけ方
第7章 毎日の仕事を通じて、英語力をアップさせよう!

 

この本が、あなたを変える!

同時通訳者が教える脳に定着する“超効率”英語学習法
小根山麗子 プレジデント社 2019-9-12
売上ランキング(公開時):53,961
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

小根山麗子さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1531冊目】同時通訳者が教える脳に定着する“超効率”英語学習法(小根山麗子)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る