【書評:1154冊目】運は操れる(DaiGo)

【3つのステップで運は操れる!】
メンタリスト・DaiGo氏が、科学的メソッドを取り入れた3つのステップを実践すれば「運は操れる」と提起し、あなたが何をすべきか指南する一冊。運を手にするテクニック満載!

■この本の紹介文

「運がいい方だと思いますか?」
こう聞かれて、今のあなたはなんと答えますか。

 

本書は、「運を操る力」が身につく3つのステップを紹介しながら、運に逃げ込まず、運に振り回されず、運命を自らの手で切り拓いていく力を養うことを目的とする一冊。

 

著者は、運がいい人を次のように定義します。
運がいい人とは、
最終的によい成果を出し、本人の幸福度が上がった状態に自分を導ける人のこと

 

「風邪をひいたから、会社を休めた、ラッキー!」とは誰も思いません。
「成果が認められて、1日特別休暇がもらえた、ラッキー!」とは皆が思います。

 

このように、運の先には、「幸福」があるのです。
最終的に「幸福」を味わえたときに、その過程に起こったことに対して、「運がよかった」と人は思うのです。

 

「運」という言葉は、スピリチュアルな要素も加わり抽象的です。
対して、「幸福」という言葉は、「どうなれば幸せを感じるか」ですから客観的です。

 

客観的なものに対しては、そこに至るプロセスを具体的に構築することができます。
だからこそ、著者は「運は操れる」と言っているのです。

 

その上で、科学的に裏打ちされた3つのステップを、幸福な状態を手に入れるためのプロセスとして紹介しています。
●3つのステップ
①不安に強くなる
②試行回数を増やす
③気づく力を鍛える

 

この3つのステップを自分のものにしたとき、あなたは「運を操る力」を自分のものとします。
それは結果的に、自分の運命を自らの手で切り拓いていく力も備わったということに通じるのです。

 

◆「運」を操れるようになりたいですか?

■本がわかる!15の要約ポイント

いわゆる運のいい状態にある人は、他の人よりたくさんのことを何度も試している人だということです。
試す回数が多いからこそ、成功することも多くなっていきます。

 

私は、運の源泉は知識にあると考えています。
どんな行動を起こせば、不運を遠ざけることができるのか。
どんな準備をしていると、幸運に気づくことができるのか。
どんな習慣を身につければ、運を持続的に味方にすることができるのか。
一度、必要な知識を身につけてしまえば、運はコントロールできます。

 

試行回数を増やして、小さな失敗、小さな成功から次善策を学んでいくほうが、結果的には精度を高めることにつながります。

 

「自分は運がいい」と考えている人は、過去の記憶からも目の前の出来事からも「自分は運がいい」と思えるものを探す傾向があります。

 

不安やネガティブな思考を言葉として外に出すことです。

 

1日に3つ、あなたが未来に向けて起こした前向きな行動を確認すること。

 

運のよさの正体とは、粘り強さのことだとも言えるでしょう。
運がいい人ほど気長にチャンスを待ち、試行回数を増やし、同時に精度を高めるという努力を続けて、すぐに見切りをつけずにじっくりと観察して本質に迫ろうとします。

 

アズイフの法則とは、英語のas if 〜(まるで〜であるかのように)のとおり、「○○になるには、○○であるかのように行動すればいい」というもの。

 

1日20分程度の軽い運動を生活の中に取り入れるだけで、あなたは劇的に行動力を高めることができ、試行回数を増やして、幸運を引き寄せられるようになります。

 

注意が逸れたとき、呼吸に意識を戻すと、筋トレで負荷をかけるのと同じように脳が鍛えられます。
つまり、注意が逸れるほど、瞑想の効果は高くなると言えるのです。

 

1日の終わりに、その日の新しい経験をメモにまとめることで、前向きな気づきを得ることができます。

 

長期的な視点で物事を眺めることができると、不運だと思い込んでいた悩みが小さな出来事だったと気づけるようになるのです。

 

一生懸命やることで、報われる人はたくさんいます。
ただし、報われるのは正しい方法で、試行回数を増やした場合です。

 

過去の自分が、現在の自分の根拠となっているわけです。
ということは、不運だと思い込んでいる現在のあなたを変えれば、未来のあなたも変えることができます。
だからこそ、将来の自分が今の自分を見たとき、「あの日、あの行動を取ったから、今の成功がある」と思えるような行動を心がけましょう。

 

知識は練習すれば技術になり、身につけば感覚になります。
そして、感覚となってはじめて、応用性を獲得できます。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1154-1】不安やネガティブなことが頭に浮かんだら、書き出すなど言葉にして外に出す

【1154-2】1日3つ、未来に向けてした行動を書き留める

【1154-3】寝る前に、今日した新しい経験を書き留める

 

■ひと言まとめ

自分を整えると、運は味方してくれる!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】運は操れる (望みどおりの人生を実現する最強の法則)
【著者名】DaiGo
出版社マキノ出版
【出版日】2018/3/2
オススメ度★★★★☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード引き寄せマインド最高の自分
【頁 数】272ページ
【目 次】
第1章 運にまつわる5つの知られざる真実
第2章 運を操る3つの科学的な方法
第3章 不安に強くなる5つのテクニック
第4章 試行回数を増やす7つのテクニック
第5章 気づく力を鍛える5つのテクニック
第6章 運の操り方 実践編

 

この本が、あなたを変える!

 

DaiGoさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1154冊目】運は操れる(DaiGo)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る