【093冊目】人は「そとづら」が9割(三枝理枝子)

118

”そとづらは、あなたを助ける、魔法なり”ANAの元トップ客室乗務員が贈る”そとづらの極意”あなたのコミュニケーションを劇的に変える魔法を伝授!!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】人は「そとづら」が9割
【著者名】三枝理枝子
【出版社】アスコム
【出版日】2013-10-12
【推薦度】★★★★☆
【対象者】
・人付き合いが苦手な人
・自分はそとづらがいいと思っている人
・自分をより良く見せたい人

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「コミュニケーション」に関する一冊。

著者は、三枝理枝子さん。
元ANAのトップ客室乗務員として数多くの実績をあげ、現在はビジネスコンサルタントとして活躍されている方です。

本書では、著者の数々の経験を凝縮し、
誰にでも気に入られる方法を大胆に伝授!!

・「私は」となるべく言わない
・子どもやペットの話は避ける
など、意外に思うテクニックも多数公開されており、新鮮な驚きとともに意識を刺激してくれるつくりになっています。

これから年末に向けて普段あまり関わらない人と宴席を囲むことも増える季節。
あなたのちょっとした心構えで、あらたな出会いが生まれるかもしれませんよ♪

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
「そとづら」をよくすることは、相手を不快にさせず、心地よくさせることだからだ。心と心をつなぐ「おもてなし」に通じるのが「そとづら」のよさなのだ。

 
人間を、家にたとえると「そとづら」は「玄関」だ。家の中に入る時、最初は玄関を通る。明るくきれいな玄関にしておくか、逆に、薄暗く、乱雑な感じの玄関にしてしまうのか、あなた次第だ。

 
人間関係で、誰でも自宅に招き入れるような付き合いはしていないはずだ。人をリビングやベッドルームに入れることなど、ほとんどないはずだ。

 
誰でも、初めて訪れる家は期待と不安が入り混じっている。良い関係を築こうと思うなら、迎え入れる側は、それなりの玄関にしておくはずだ。

 
ひとりの人間でも同じだ。「そとづら」が悪ければ、たくさんのチャンスを失ってしまう。反対に「そとづら」をよくするだけで、チャンスは巡ってくるのだ。

 
誤解すべきでないのは「そとづら」と「うちづら」が正反対の関係ではないことだ。言わば、人との付き合い方で「そとづら」と「うちづら」とでは、モードが違うのだ。

 
どれほど内面に素晴らしい人間性を秘めていたとしても「そとづら」が悪くて、そこに触れてもらうことができなければ、理解してもらうことはできない。そんな寂しい思いはしたくないはずだ。

 
「うちづらはどうすればいいのか?」という疑問がわくと思う。答えは、別に「変えなくていい」というものだ。驚くかもしれないが、これでいいのだ。

 
「うちづら」は、仲よくなれば、自然にわかってしまうものだ。それより「そとづら」をよくすることを優先させるべきだ。理由は「そとづら」のほうが、変えやすいからだ。

 
「そとづら」を整えることは、自分の身を修める方法の第一歩なのだ。しばらくは「そとづら」を意識するべきだ。「うちづら」のほうは、自然に振る舞えばいいのだ。

 
初対面では、相手の失礼にならないような会話をするのは当然だ。とはいえ、これは案外難しいことだ。ならば、せめて穏やかに話すことを心がけるべきだ。

 
穏やかに話すというのは、まず争わない、戦わないことだ。ひとつの話題を深刻に受け止めて議論すべきではない。感情的になるのもNGだ。興奮して大声で、思いつくままを口にするのは大人げない。

 
早口もダメだ。自分の得意分野の話題になると、つい早口になってしまう人が多い。だが、早口は、聞いているほうは疲れてしまう。できるだけ避けるべきだ。

 
また、自分を主語にしすぎないことも重要だ。会話の中で「私は」や「僕は」を主語にした言葉づかいをすると、自己主張が強くなりがちだ。

 
「私は」「僕が」より「○○さんは・・・」と相手を主語に会話を進めていく。そうすれ、相手も話を聞いてくれて、どんどん会話に心を入れてくれるようになる。

 
「ありがとう」という言葉は「そとづら」をよくするために欠かせない言葉だ。仕事中はもちろん、日常生活でも、どんどん使うべきだ。

 
うかつに好き嫌いを断定してしまうと、自分の選択肢を狭めてしまう。だから、まずはマイナスの言葉は口にしないことだ。

 
簡単な言葉でいい。細かい観察力も、気の利いた言い回しも不要だ。自分が感じたプラスの印象を「こまめに」メッセージにする。いい「そとづら」を持ち続けるために大切なことだ。

 
異性の目を惹くだけではなく、同性から一目置かれる存在になる。これこそが、本物のいい「そとづら」だ。

 
同性に好かれるには、異性に好かれるのとは違った視点が必要だ。たやすことではない。女性の場合「きれい」「可愛い」「スタイルがいい」だけでは、同性の心はつかめない。むしろ反感を買う。

 
最大のポイントは、やはり「第一印象」だ。これは、男性でも同じだ。カギを握るのは、柔らかい顔つき、つまり「笑顔」だ。柔らかい、やさしい顔つきは、人に喜びと安らぎを与える。

 
「自分の顔を好きになる」私はこれこそが「そとづら」をよくするために最も必要なことだと思う。

 
大きな手間は必要ない。顔だけ意識すれば、日々のケア、体重管理など身体全般に対して自分をブラッシュアップするクセがつく。そして、ますます自分を好きになる。このような好循環を作るべきだ。

 
人間は不思議なもので、自分自身の「そとづら」をよくしていると、やがてそれが本物の自分であるがごとく「同化」していくものだ。

 
つまり「そとづら」をよくすれば、おのずと「自分自身の本質の心=内面」もよくなっていくのだ。

 
さらに、自分自身やごく限られた近しい人だけに見せる「うちづら」もいつか、無理なく変えることができてくるのだ。

 
最初はかなり意識的にしていたことが、続けているうちに、やがて習慣化し、次第にそれが素の自分になっていくことがあるのだ。

 
大事なことは、自己演出をして、作り上げた自分自身の役をいかに楽しみながら演じるかだ。そして、そんな自分を喜び、楽しめるかだ。これこそが「そとづらのよさ」の理想形だ。

 
「そとづら」をよくすることで、自分の生活、習慣が少しずつ変わるはずだ。これだけで、人生は驚くほど好転するものだ。ぜひ、実践してみて欲しい。

 

==================
■実践ポイント
==================
●穏やかに話すことを心がける

●相手を主語にして話すように心がける

●「こうなれば自分を好きになる」ということを書き出す

 

==================
■まとめ
==================
外を磨けば内も磨かれる。
玄関だけ綺麗な家はない。玄関が綺麗なら家の中も綺麗になるのだ。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

日本シリーズ、久々に盛り上がっていると感じるのは自分だけでしょうか?
楽天と巨人。いい試合をしてほしいですね♪
そして、いつの日か我が横浜もこの舞台に・・・(笑)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る