【書評:1624冊目】No.1ホストが教える心をつかむ気づかい(信長)

【本質を掴んでこそ、一流なのだ。】
元歌舞伎町No.1ホスト・信長氏が、『No.1ホストが教える心をつかむ気づかい』と題して、一流、二流、三流を比較しながら、最も大事な「気づかいの技術」を指南する一冊。

■書籍の紹介文

あなたの気づかいのレベル。
一流、二流、三流のうち、どこに分類できますか?

 

本書は、人の心をつかむのに最も大事なことは「気づかい」だと提起し、10年以上もNo.1ホストに君臨した経験から導き出した『気づかいの技術』を指南する一冊。

 

気づかいが大事である。
多くの人が「大事だよね」と、躊躇なく納得するとおもいます。

 

ただ、自分はきちんと気づかいができているだろうか?
こう問いかけられると、「できているか不安だ」となるとおもいます。

 

このように、大事だけど出来ているか不安だというのが「気づかい」です。
ここにひとつのモノサシを差し込んだのが、本書です。

 

一流、二流、三流と「気づかい」のレベル分けをします。
話題の探し方・仕事の頼み方・贈り物の選び方など、38のテーマの「気づかい」に対して示していきます。

 

それぞれのテーマに対して、自分は一流、二流、三流のどこに当てはまるのか。
まずは、自分の現実を把握しましょう

 

そのうえで、ひとつ上を目指すには何を意識すればいいのかを理解する。
すでに、一流だとおもうテーマについては、これを維持継続する。

 

現在地がわかることで、次の努力の方向性がみえてきます
この使い方ができるところに、本書の価値を感じます。

 

大事だけど出来ているか不安だという「気づかい」。
その現在地がわかる一冊です。

 

◆「気づかい」の本質を知る。

No.1ホストが教える心をつかむ気づかい
信長 秀和システム 2020-2-22
売上ランキング(公開時):15,876
Amazonで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

一流は「自分がアピールしたいこと」と「相手のメリットになること」が重なり合う要素を名刺に入れ込んでいきます。
それが、ビジネスでもプライベートでも「次につながる」スイッチを押すのです。

 

「なんて呼べばいい?」というあなたの言葉は、お客様の耳には「とことん、あなたの要求を満たします」と聞こえています。

 

今日、このときから謙虚な姿勢を心がけましょう。

 

まずは恥ずかしさを捨て、「やりすぎ?」と思えるくらい言葉も体も駆使し、全身全霊で「肯定」してみてください。

 

思いやりにはさまざまな形がありますが、私は「場の空気をよくする気づかい」ができることが「思いやり力」だと考えています。

 

一流は、パソコンで作業しているときも、待ち合わせで人を待っているときも、口角が上がったやわらかい笑顔です。

 

「教えてください」は、会話を盛り上げ、相手の信頼を得るのにぴったりの言葉です。

 

褒め言葉は、ポイントカードのようにコツコツ貯めていくことはできません。
会うたびに褒めるポイントを探して繰り返し褒めることを心がけ、一流へのステップアップを目指しましょう。

 

つき合いの浅いうちは、相手のことを「否定しない」が鉄則。
悩みを話して相手にスッキリした気持ちになってもらうには、話をそらしたり、本音や正論を吐いたりするのはNGなのです。

 

「また会いたい」という未来を感じさせる一言に「今日は楽しかった」「あなたと、これからもっと仲よくなりたい」という意味を込めることができます。

 

自分の姿は自分で見ることはできないし、ファッションにも詳しくはない。
だったら、詳しい人に身をゆだねてみよう。
その素直さ、潔さが成功を呼ぶのです。

 

「本を手土産にする」という意外性で勝負するのが一流です。
自分で読んでみておもしろかった本、あるいは「この本は、○○さんが好きそうだな」と相手の顔が思い浮かぶ本があったら、手土産にするのです。

 

自分の意見を口にする前に「○○さんの言うことはわかるのですが」という枕詞をつけてから「個人的に私は〜」と言うのです。

 

一流は、スケジュールを先のほうまで決めており、行き当たりばったりの行動は取りません。

 

人生を楽しむコツは、できるだけたくさんの時間を、自分が楽しいと思えることで埋めていくことです。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1624-1】「謙虚」を常に心がける

【1624-2】相手のことを否定しない

【1624-3】手土産の選択肢に「本」を加える

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】No.1ホストが教える心をつかむ気づかい
【著者名】信長著者情報
出版社秀和システム
【出版日】2020/2/22
オススメ度★★★☆☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード働き方人間関係次元上昇
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 初対面の5分で「心をつかめるか」で決まる
第2章 次の15分、あなたはふるいにかけられる
第3章 一流のホストは「口の気づかい」で差を生む
第4章 ルックスとは他人への気づかいにほかならない
第5章 No.1からオンリー1へ! 真の一流に成り上がろう

 

この本が、あなたを変える!

No.1ホストが教える心をつかむ気づかい
信長 秀和システム 2020-2-22
売上ランキング(公開時):15,876
Amazonで探す 楽天で探す

信長さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る