【書評:1475冊目】時間術大全(ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー)

【意味のある時間を増やせ!】
依存のプロフェッショナルであるジェイク・ナップ氏(元Google)とジョン・ゼラツキー氏(元Youtube)が、『時間術大全』と題し、新時代の時間術を解説する一冊。

■書籍の紹介文

自分にとって大事なこと。
そのために、どれだけ時間を使えていますか?

 

本書は、人間心理のメカニズムから組み立てられた、「自分にとって大事なことをする時間」をもっとつくる、時間を生み出す(Make Time)方法を解説する一冊。

 

GoogleとYoutubeで活躍した両著者。
人の目を1分でも1秒でも長く引きつける仕組みを研究し続けてきた”依存のプロ”です。

 

つまり、わたし達から自分を奪う側にいた人たちが書いた「時間を生み出す方法」なのです。
ここに、既存の時間術本にはない価値があります。

 

いま、われわれの身の回りは時間を奪うモノに溢れています。
ニュース、Facebook、Twitter、Instagram、ゲーム、Youtube、LINE・・・挙げれば止まらないほどに。

 

本書ではこれらを「無限の泉」と名づけています。
ちょっとのつもりが気がついたら何時間も…という、あの状態です。

 

こうした、時間を奪われるスパイラルから脱却するためのノウハウが87個収録されています。
1つ1つ試すことで、「自分にとって大事なことをする時間」が増えていくのです。

 

読み進めるうちに、自分がいかに依存し時間を奪われてしまっているかが身に沁みます。
そして、一刻も早く依存から脱却しなければと強い想いにさせてくれる一冊です。

 

自分にとって大事なことをする時間。
1分でも1秒でも取り戻しましょう!

 

◆濃密な内容のオススメな一冊!

時間術大全
ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー
ダイヤモンド社 2019-6-20
売上ランキング(公開時):126
Amazon Kindle 楽天

■【要約】15個の抜粋ポイント

●メイクタイムの仕組み
・ハイライト:毎日「最重要事項」を選ぶ
・レーザー:「気を散らすもの」を撃退する
・チャージ:体を使って「脳を充電」する
・チューニング:システムを調整、改善する
※この4ステップを毎日くり返すだけ

 

1日の初めに、その日のスポットライトをどこに当てたいかを考えよう。
1日の終わりに「今日のハイライトは何だった?」と誰かに聞かれたとき、どう答えられたらうれしいだろう?
その日を振り返るときにしみじみ噛みしめたいのはどんな活動や成果、瞬間だろう?
それがあなたのハイライトになる。

 

●ハイライトの「3つの選び方」
(1)緊急性
(2)満足感
(3)喜び

 

ハイライト選びでいちばん重要なのは、今日は「緊急性」「満足感」「喜び」のどれをメインに置いた1日にするのかを、直感で決めることだ。

 

ハイライトを書きとめる方法を1つ選ぶとしたら、僕らはふせんを使う。

 

(予定表に)「予約ずみ」のブロックを使って、ハイライトのためのスペースをつくろう。

 

アップルやグーグルがiPhoneやアンドロイドをどう改良しようとも、注意をめぐる競争が終わることはない。
企業や政府当局が僕らに”集中”を返してくれるまで待ってはいられない。
主導権を取り戻すには、テクノロジーとの付き合い方を自分で変えるしかない。

 

●「気が散らないiPhone」のつくり方
(1)ソーシャル系アプリを削除する
(2)「その他の無限の泉アプリ(ニュースやyoutube等)」を削除する
(3)「メールアカウント」を削除する
(4)「ウェブブラウザ」を無効にする
(5)「それ以外のすべて」を残す

 

(朝は)1日は始まったばかりで、脳は休まり、気が散る理由は何もない。
気がかりな仕事のメールもまだ見ていない。
その瞬間を味わおう。
メールやツイッター、フェイスブック、ニュースにすぐ手を伸ばすのはやめよう。

 

紙に向かうと集中力が高まる。

 

●古代人式「エネルギー・チャージ」6つの原則
(1)動き続ける
(2)「リアルフード」を食べる
(3)「カフェイン」をうまく使う
(4)喧騒を離れる
(5)親密な時間をすごす
(6)洞窟で眠る

 

ウォーキングには体重を減らし、心臓病を防ぎ、がんのリスクを低下させ、血圧を下げ、骨を強くし、鎮痛作用のあるエンドルフィンの分泌を高めて気分を高揚させる効果がある。
ひとことで言うと、ウォーキングは「奇跡の薬」なのだ。
それに、歩くことで思索や夢想、瞑想の時間ができる。

 

実験のただ1人の対象者はあなたで、本当に意味のある結果はあなたの結果だけ。
この日常的な科学が、「チューニング」の真髄だ。

 

失敗しても自分を責めないように。
あせらずにメモを使って自分のやり方を分析し、微調整していこう。

 

からっぽの予定表から始めなくていい。
何か特別なことに60分から90分集中するだけでいいのだ。
大事なことのために時間をつくり、もっとバランスのとれた生活を送り、今日という日をもっと楽しむことをめざそう。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1475-1】「今日1日のハイライトを何にしたいか?」を毎朝自問する

【1475-2】ウォーキングを習慣にする

【1475-3】PCでも確認できるスマホアプリはスマホから削除する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】時間術大全
【著者名】ジェイク・ナップジョン・ゼラツキー
出版社ダイヤモンド社
【出版日】2019/6/20
オススメ度★★★★☆
こんな時に時間力を身につけたいときに
キーワード時間術生活習慣術自己対話
【頁 数】320ページ
【目 次】
INTRODUCTION
HIGHLIGHT
LASER
CHARGE
TUNING

 

この本が、あなたを変える!

時間術大全
ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー
ダイヤモンド社 2019-6-20
売上ランキング(公開時):126
Amazon Kindle 楽天

ジェイク・ナップさん、ジョン・ゼラツキーさん
素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1475冊目】時間術大全(ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る