【書評:1389冊目】ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私の「超・独学術」(廣津留すみれ)

【「普通の人」が「天才」と渡り合う”学ぶ力”】
ハーバード・ジュリアードを首席卒業したバイオリニスト・廣津留すみれ氏が、ズバ抜けた結果を出す新しい学びのルールと習慣を「超・独学術」にまとめ解説する一冊。

■この本の紹介文

もっと効率的に学べたらな…。
そんなことを、思ったことはありませんか?

 

本書は、「学ぶ力」こそがどんな時代の変化にも対応する力になると提起し、ズバ抜けた結果を出す「独学術」を解説する一冊。

 

「もっと効率的に学べたらな…」
こう思えることは、とても大切なことです。

 

なぜなら、そう思うことで「どうすれば実現できるか」を考えるからです。
つまり、最短で最大の結果を出す方法を求める姿勢が大切なのです。

 

この姿勢を持てるのなら、本書で紹介されるテクニックとの親和性は高いでしょう。
まさに、著者がそういう方だからです。

 

ハーバード大学、ジュリアード音楽院を首席で卒業。
この経歴だけを見ると、天才が書いた勉強法かよ…と思われるかもしれません。

 

しかし、真似できるテクニックがたくさん書かれています。
そして、ひとつのことに気づきます。

 

小さなことを「コツコツ積み重ねる」ことの重要性です。
要するに、最短で最大の結果を出すテクニックを、いかにコツコツ積み重ねられるかで、結果は決まるのです。

 

有効なテクニックは本書で学べます。
あとは、あなたがコツコツ積み重ねていくだけなのです。

 

◆積み重ねた量が、凡人と天才を分ける!

ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私の「超・独学術」
廣津留すみれ KADOKAWA 2019-2-15
売上ランキング(公開時):1,480
Amazon Kindle 楽天

■本がわかる!15の要約ポイント

最短で最大の結果を出す方法を常に考えて行動する。

 

期限まで時間がどれだけあるにせよ「マイ締め切り」を設定する。

 

1日では終わらないと判断したものは、最初に少しだけ手をつけておくことだ。
このひと手間を先延ばしにすると、いざ締め切りが近づいた時に慌てることになりかねない。

 

「5分時間が空いたら何をする」「30分できたら」「1時間できたら」など、すきま時間の長さに応じた「セット」を予め決めておく

 

「メリットの小さいこと」は即刻捨てる。

 

選択と集中を行えば、集中力も上がる。
ストレスなく、明確な目標に専念できる。

 

「勉強仲間」がいれば頑張りが利く。
することは別々でも、同じ時間に行えば、サボれない雰囲気になる。
少々疲れてきても、隣で友人たちが頑張っていれば「もうひと頑張り」という気持ちになる。

 

「1日でできる」と判断した場合は、締め切りギリギリまで後回しにしてOK

 

「今日はここまでできるようにしよう」と決めて「それには、何時何分までにここまで」と、およそ10分刻みで細分化していく。

 

一度の休憩に「軽い運動」と「癒し」をセットにする

 

「何をどうすればゴールにたどり着けるか」を、できるだけ正確に頭に描くべきだ。

 

利点になるならアピールするし、そうでないなら無用な自慢をしない

 

落ち込みたくないなら、起こった出来事を他人に起きたことのように見ればいい。
人から話を聞いているようなイメージを描いたり、映画の画面を見ているような感覚でとらえたりすればいい。

 

メンターの人や、仕事で縁のある人に「無事成功に終わりました」と報告メールを入れると、次の仕事につながりやすい。

 

皆が立ち止まっているタイミングで、自分だけは動く。
これが、次への布石であり「頭ひとつ出る」秘訣なのだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1389-1】期限に関わらず「マイ締め切り」を設定する

【1389-2】5分・10分・30分・1時間のスキマ時間ごとの「セット」を用意する

【1389-3】利点にならないことは無用な自慢をしない

 

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私の「超・独学術」
【著者名】廣津留すみれ著者情報
出版社KADOKAWA
【出版日】2019/2/15
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に学ぶ力を身につけたいとき
キーワード勉強法インプットアウトプット
【頁 数】216ページ
【目 次】
第1章 公立高校からハーバードへ
第二章 したいこと・すべきことができる「時間管理術」
第三章 深く濃く学ぶための「集中術」
第四章 前に進む、辛くても粘る!「モチベーション管理術」
第五章 忘れない・身につく「インプット法」
第六章 人を動かす「アウトプット法」
第七章 グローバル時代の「学び方」

 

この本が、あなたを変える!

ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私の「超・独学術」
廣津留すみれ KADOKAWA 2019-2-15
売上ランキング(公開時):1,480
Amazon Kindle 楽天

 

廣津留すみれさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1389冊目】ハーバード・ジュリアードを首席卒業した私の「超・独学術」(廣津留すみれ)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る