【書評:1328冊目】ほめられたいときほど、誰かをほめよう(鳥越恒一)

【仕事=大人の自分磨き!】
店長指導のカリスマ・鳥越恒一氏が、ほめられたいときほど、誰かをほめようと題して、自分らしいマネジメントを確立する方法を指南する一冊。店長の心を励ます50の言葉が、心に沁みる。

■この本の紹介文

仕事でつらいとき。
心の支えになってくれるものがありますか?

 

本書は、5万人の悩める店長を救ってきた著者が、その経験を基にした50の言葉を通して、マネジメントのヒントや実践的な方法を指南する一冊。

 

「自分の能力を信じて、周囲の人を大切に想って、自分のために頑張る」
これを実現するために、多くの人が悩みながら仕事をしています。

 

店長向けの本ですが、店長をそのまま上司と置き換えることができる内容です。
そして、50の言葉は『店長(上司)への応援歌』と言えます。

 

人の上に立つと、孤独感を覚えます。
頼りたくても、どこにも頼ってはいけないと思うようになってしまいます。

 

そんなあなたの心に寄り添いながら、リーダーとしての仕事の楽しさや素晴らしさを説いていきます。
読むほどに、心の中が元気になっていきます。

 

難しい仕事ほど、自分が磨かれていく。
その楽しさを育んでいきましょう!

 

◆仕事は、大人の自分磨き。

■本がわかる!15の要約ポイント

敵は自分がつくっている。
ひとりで頑張る前に、もっとスタッフを頼ってみることだ。
スタッフはみな店長の味方だ。
「誰も協力してくれない」と思い込んで、敵を作っているのは、自分自身なのだ。

 

複数読めば、同じテーマでも視点が異なり、多くの知恵が得られるはずだ。
「わからない」と思い悩む前に勉強するべきだ。
これが一番早い解決法だ。
悩んでいても良いアイデアは降ってこない。

 

「自分なりに調べたが、それでもわからないから相談する」という順番にするべきだ。
事前に自分で調べたり、考えたりするから具体的に相談できる。
相談された側も明確に答えることができるのだ。

 

柔らかさは強いのだ。
誰も傷つけることがないし、自分自身も傷つかない。
世の中には、固いと感じる人が大勢いる。
だが、負けない柔らかさをまとうべきなのだ。

 

回り道がお勧めだ。
遠回りすると、その分インプットが増える。
最短コースはインプットが少ない。
無駄なことをしなければ、真理も見えてこないものだ。

 

成長しないスタッフはいない。
だが、成長させない上司はいるのだ。

 

自分で自分の人生を諦める人は、自分で決めている。
誰かに言われて諦めたのではない。
自分で勝手に「もうダメだ」と決めつけてしまったのだ。

 

将来に対しては、誰もが不安を抱いている。
不安を消してくれるのは、計画と努力だ。
ただ、頑張っているだけでは空回りする。
ある程度、道筋を立てて努力することだ。
まず、ゴールを決めることだ。

 

将来の計画は「どうあるか」を計画する。
自分をどう磨いていくかについて計画を作り、それに向かって進んでいくべきだ。
そうするからこそ、好きな自分・なりたい自分に近づいていけるのだ。

 

ゴールがない人は、色々な人に影響される。
うまい金儲けの話に騙されたり、いろいろな人に影響されて、人の顔色を見たりする。
だから、ストレスも溜まりやすい。

 

感謝の気持ちがあるのなら、それを伝えるべきだ。
絶対にすべき大切な仕事だ。
口頭で伝えにくいなら、カードに一言書いて手渡せばいい。

 

メッセージを書いて渡すなら感謝・称賛・励ましだけを書く。
指摘したいことがあるなら、それは口頭で伝えるべきだ。
それぞれ使い分けることが大事なのだ。

 

仕事は大人の自分磨きだ。
成長するために自分磨きをするなら、仕事を通してやるべきだ。
「大人の自分磨き」で効果的なのは、難しい仕事をすることだ。

 

様々な年代の人と付き合う中で、色々な関係づくりを学ぶことだ。
結果的に、誰からも嫌われず、嫌な思いをさせない優しさが身につく。
仕事は、そんな自分磨きの絶好のチャンスだ。

 

自分の姿を見てスタッフたちは育つのだ。
仕事をして、自分が磨かれていく姿をしっかりと目に焼きつけてもらうべきだ。
そんな気持ちで仕事に臨むべきだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1328-1】人生を諦めないと決める

【1328-2】感謝の気持ちは必ず伝える

【1328-3】いろいろな年代の人と交流をもつ

 

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】ほめられたいときほど、誰かをほめよう
【著者名】鳥越恒一著者情報
出版社プレジデント社
【出版日】2018/10/16
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に明日のリーダー力を磨きたいときに
キーワード指導力人間関係ことばのチカラ
【頁 数】191ページ
【目 次】
第1章 柔らかな強さをまとう
第2章 あきらめない心を磨く
第3章 輝くためにできること
第4章 プラスの影響を与える存在に

 

この本が、あなたを変える!

 

鳥越恒一さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1328冊目】ほめられたいときほど、誰かをほめよう(鳥越恒一)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る