【書評:1178冊目】10年後の仕事図鑑(堀江貴文×落合陽一)

【46の仕事は、10年後どうなる?】
実業家・堀江貴文氏と筑波大准教授・落合陽一氏が、46の仕事の10年後を仕事図鑑にまとめた一冊。これから先、自分の生きる場所をどうやって構築するかのヒントを授かる。

■この本の紹介文

10年後の2028年。
あなたは、どんな仕事をしていますか?

 

本書は、既存の社会で理想とされた人生モデルが崩れかけている今、自分の生き方を自分でデザインする力を養うためのヒントをまとめた一冊。

 

未来に対して、漠然とした不安を抱いて萎縮するか。
未来に対して、自由にデザインできる喜びを抱いて疾走するか。

 

どちらを選択して生きるのかを考えさせられる内容。
その上で、自分なりのポジションをとっていくための生き方を模索していくのです。

 

もちろん、未来を予測することは、誰にもできません。
しかし、2つだけ確実なことがあります。

 

まず1つは、自分を信じられるのは自分だけだということ。
もう1つは、自分の進む道を決めるのは自分だということです。

 

このことを頭に入れて、10年後の仕事を覗いてみてください。
その上で、あなたの10年を切り拓いていきましょう!

 

◆2028年の働き方を今デザインしよう!

■本がわかる!15の要約ポイント

仕事とは、社会システムの要請によって生まれるものだ。

 

これからの時代において、「仕事がないから、収入がない」というのは、言い訳に過ぎない。
誰にとっても、仕事は「引き受ける」ものから「作るもの」へと変わっていくのだ。

 

好きなことで価値を生み出すスタイルに転換し、利潤を集めていくことが可能になれば、どこでも活躍の場を見つけることができる。

 

自分でルールを作ることで、ものごとに没頭でき、好きになることができる。

 

個人の能力と社会機能は背反することが多いが、社会の変遷とともに、全員が全能的能力を持っていなくてもよいことに気がつきはじめる。
そう、これが何度も繰り返し述べてきた「最適化」であり、「専門化」である。

 

職業・職能を考える上で、最終的に「ある市場や経済圏の中で、その人しかできない状況をつくる」ことが重要なのだ。

 

何度も繰り返し述べてきたように、好きなことにハマれば、お金なんて稼げるようになる。
「お金のために働く」のではなく「好きなことでお金を得る」ほうが大切だ。

 

代替不可能な価値のつくり方は、すでに繰り返し述べた。
改めて整理すると、大事なポイントは次の2つだ。
・好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす
・好きなことを掛け合わせ、「100万分の1」を目指す

 

お金というのは本来、「価値を交換するための単なるツール」にすぎなかった。
貨幣に価値があるのは、「貨幣に価値があると誰もが信じている」からだ。
つまり逆をいえば、貨幣でなくとも、信用を担保にした新たな経済指標(貨幣に代わるもの)が生まれることも当然である。

 

結局、借りられる人が一番強いのだ。
お金を持っている人に、「僕に任せてくれたら、お金を増やしますよ」と言って、実際に増やしてあげればいい。
「なければ借りる」。
これができる人は一番強い。

 

アジアの最大の到達点はどんな社会なのか。
それは、今の中国のような計画経済プラス資本主義なのかもしれない。
共産主義を謳う中国は、トップダウンで物事が決まる体制だけを維持してきただけで、中身は普通の資本主義になっている。
江戸時代も同じで、幕府が物事を決めるけれど、実質的に経済は自由で、商人が回している。

 

既存の日本の大学は、基本的に「研究機関」であって、「人材養成機関」ではないように思える。
つまり、研究のコミュニティで必要なものは学べるが、社会で求められる能力など、身につかないのである。

 

「ピュアな情熱と社会的な使命感」

 

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

 

本質的に重要なのは、「価値ある仕事に就く」のではなく、「価値ある仕事を創出する」主体性だ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1178-1】自分にとって「価値ある仕事」を考える

【1178-2】簿記を学ぶ

【1178-3】今を生きることに全神経を集中する

 

■ひと言まとめ

「今」を10年間繰り返した先に、10年後がある!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】10年後の仕事図鑑
【著者名】堀江貴文落合陽一
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2018/4/5
オススメ度★★★★☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード働き方社会人生
【頁 数】256ページ
【目 次】
Chap0 激動の時代を生きるあなたへ
Chap1 すべてが逆転するこれからの働き方
Chap2 なくなる仕事・変わる仕事
Chap3 生まれる仕事・伸びる仕事
Chap4 お金の未来
Chap5 日本の幸福と社会について
Chap6 ピュアな情熱に導かれた”自分の人生”を生きよ

 

この本が、あなたを変える!

 

堀江貴文さん、落合陽一さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1178冊目】10年後の仕事図鑑(堀江貴文×落合陽一)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る