【シェア読書:1118冊目】武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』(佐藤優)

【キングダムに学ぶ処世訓!】
作家・佐藤優氏が、「現実を生き抜く」ための術は、大人気漫画『キングダム』に学べると提起し、弱者の戦略教科書として活用する方法を解説していく一冊。こう読み、こう武器を磨け!

■この本の紹介文

今の生き方。
息苦しさを感じていませんか?

 

本書は、知的武装して自分の”武器”を磨く生き方こそ、これからの時代を生き残っていけると提起し、武器の磨き方を『キングダム』のエピソードを通して解説する一冊。

 

どんな時代であっても、生きる苦しみは感じるものです。
それを打破できるのは、苦しみを乗り越える「武器を磨く」ことしかないのです。

 

戦乱の世を生き抜く術と、文明の発達した現代の世を生き抜く術。
一見、まったく共通点がないように思えますよね?

 

しかし、この本を読んでいくと、驚くほどに通じ合う部分が多いことに驚きます。
通じ合う部分が多いということは、そこに普遍的な要素がつまっているということです。

 

佐藤優×キングダム。
とてもおもしろい試みの一冊です。

 

◆興味のある方は、ぜひ!

■本がわかる!15の要約ポイント

今の自分よりも2割増しの目標を持つこと。
自信過剰に5割増しにするのでもなく、自分を過小評価するのもよくない。
2割増しの目標を達成した絵を描き、そこから逆算して必要な努力をするのが最も効果がある。

 

やれるだけのことをやって、それでもうまくいかないときもある。
そのときに大切なのはもっと頑張ることではなく「頑張りすぎないこと」だ。

 

そこで重要となってくるのが自分が何を目指し、何を大事にしたいのか、何をしないと生き残れないのかという「目的行為」を明確に持ち、そのために行動するという「目的論」的考え方だ。

 

読書によって、自分が経験していないことを追体験することで、作中の情景を心の中で思い描く力や、登場人物を想像することで、「共感力」「想像力」といった、頭で考える認知能力ではなく、自分の心、つまり本能で感じる非認知能力が鍛えられるのだ。

 

一つの時間の流れだけで生きるか、もう一人の自分を持って二つの時間を生きるか。
この違いはとても大きいのである。

 

組織への妙な忠誠心は自分の身も滅ぼし、結果的に組織も混乱させる元だ。

 

一般論的にお金で動こうとすることが「正しい」「正しくない」という考え方をするのではなく、相手の利益になることは何かという考え方を採ればいい。

 

人間は自己中心的な存在である。
交渉でもこちらの主観的には51%しか要求していないと思っていても、相手は70%くらい要求されていると感じる。
だから、そんな要求はとても飲めないと、こちらにもさらに吹っかけてくるのである。

 

与えられたチャンスは全部受けるというのが基本だが、自分から「お願い」はしてはならない。
余計なものがくっついてくるからだ。
向こうからお願いされたことは受けていく、というのが組織で生き残るコツである。

 

何事にも手を抜かない、嘘をつかない、人を見る目も持っているというのは地味ではあるが人生の上ですごく重要な要素である。
10年も経つとそうやって生きてきたことによる能力差はハッキリしてくるのだ。

 

誰かのために労を惜しまない、自分のことを後回しにしても人のために力を尽くす。
本当に困っているときに力を貸す。
そういった人間に人は感化を受ける。

 

人に迷惑をかけないような二面性であれば持っていてもいい。
むしろそのほうが生き残りのための人間の幅を広げてくれる。

 

誰とでも仲良くという価値観で生きていても、現実を生き抜くことはできないからだ。
むしろ、友達の数でいうなら「本当の友達」が5人いればいい。
それ以外の人間関係は適当にかわしておけばいいのだ。

 

本当の友情はとても高価なものだ。
簡単に手に入るようなものではない。

 

大事なときに心の声が聴こえてくるようにするには、内なる自分と向き合う時間をつくることだ。
瞑想でも、自分の好きなクラシック音楽を聴きながら目を閉じて座っているだけでもいい。

 

耐えなければならない逆境に追い込まれたときのコツは、まずその状況を受け入れることだ。
そこで、プライドにしがみついても仕方ない。

 

休日は「休む」という目的だけでなく、これからの自分をどうするかを考えるための大事な日でもあるということだ。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1118-1】現在の自分の2割増しの目標設定を心がける

【1118-2】労力を惜しまずに、他の人の役に立ってみる

【1118-3】逆境のときは、その状況を受け入れるようにする

 

■ひと言まとめ

どんな状況でも、突破口は必ずある!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』
【著者名】佐藤優
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2018/1/6
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード問題解決生き方決断
【頁 数】224ページ
【目 次】
序章 残酷な世界を生き抜く知恵は『キングダム』が教えてくれる
第1章 メンタルタフネス
第2章 やり抜く力
第3章 人脈術
第5章 交渉術
第6章 意思決定力
第7章 資産防衛術
第8章 インテリジェンス

 

この本で、あなたは変わる!

 

佐藤優さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

 

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:1118冊目】武器を磨け 弱者の戦略教科書『キングダム』(佐藤優)
Author Rating
21star1stargraygraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る