【136冊目】たくらむ技術(加地倫三)

b136

”たくらみは、綿密な仕事により、花開く”「ロンドンハーツ」「アメトーーク」を手掛ける業界注目の名プロデューサーが送る、たくらみの真髄!!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】たくらむ技術
【著者名】加地倫三
【出版社】新潮社
【出版日】2012/12/15
【推薦度】★★★☆☆

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「人気プロデューサーの仕事の流儀」に関する一冊。

著者は、加地倫三さん。
不動の人気番組、「ロンドンハーツ」「アメトーーク!」のプロデューサーさんです。

本書は、その加地氏の仕事に関する考え方や流儀が学べる、
いわゆる、「ヒットメーカーの頭の中拝見」というジャンルの本。

きめ細かい気配り
場の空気を演出するさじ加減の妙

このあたりが、キーワードだと思います。

一般ビジネスパーソンが日々の仕事に応用できるヒントも沢山出てきます。
実際の番組シーンを思い出しながら楽しく学んでみてください!

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
作業をルーティーン化させないで、常にその本質を考えなければならない。

 

あえて「逆に」を考え、視野をげるようにしています。

 

結局「超ド級」「大暴露」とやって、自らハードルを上げても、あまりいいことがない。

 

判断をする上で大切なことの1つは、「違和感を持ったらやめる」という選択肢を持っておくこと。

 

「損する人」を作らない

 

生死や病気というテーマは、それ自体がドラマチックな要素を含んでいるので、ある意味では番組にしやすいという面もあります。でも、だからこそ安易に商売に利用するようなことはしてはいけないのです。

 

まだ悩む段階ではないのに悩んでいる人、悩むタイミングが分かっていない人は仕事が遅くなります。

 

自分の意見を聞いてもらうためには、憎まれないようにすることが大事

 

ホメ上手はポイントを絞る

 

自動的にチャンスが降ってくるような環境にいると、それが当然だと思って、いつの間にか「もらい癖」がついてしまう。

 

常識がないと「面白さ」は作れない。

 

構成力とは、話をどういう順番にすれば面白いかが分かっているということ。
表現力とは、どういうふうに見せれば面白さが伝わるかが分かっているということ。

 

あれが嫌だ、これはNGというようなことを言ってくるよりも、「こういうのに不慣れなので、みなさんぜひよろしくお願いします」というスタンスの人の方が、周囲のやる気も出ますし、その場の空気も良くなります。

 

「俺は、離れて立っているようなディレクターにはなりたくない」

 

==================
■実践ポイント
==================

●自分と関わる中で「損をしている人」がいないか常に意識する

●断定的な「出来ない!」ではなく、「それ~苦手なんです(^^ゞ」のスタンスを持つ

●人の生死や身体的なことを話題にしない

 

==================
■まとめ
==================

あなたが自分の仕事で大切にしている軸はなんですか?

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

ここ数日身体がだる重な日が続いています(・_・;)
本格的に風邪をひかないように充分注意します(;一_一)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る